人気ブログランキング |

ブログトップ

ニュースの現場で考えること

2011年 07月 26日 ( 1 )

少し前の記事でも紹介したが、有名・無名の人々の、それこそ声なき声を集めたインタビュー集「希望」が出版になった。版元の旬報社から連絡があって、東京など大都市圏の書店では、早ければきょうあたりから、店頭にこの本が並ぶそうだ。

「希望」にとりかかったのは、昨年の春ごろ、ちょうど東日本大震災の起きる1年前のことだ。震災発生時は最終校正に差し掛かっていたが、急遽、締め切りを延ばし、震災関連のインタビューも追加することになった。本の装丁は、著名な装丁家、桂川潤さんに手がけていただいた。本当にすてきな装丁になったと思う。見本として事物を手に取った方々からは、ありがたいことに、「とても良い内容ですね」との言葉を頂いている。

たとえば、ジャーナリストの高野孟さん → 「大震災の1年前から企画され取材も進んでいた、生きることの希望のありかを探るインタビュー集だが、大震災が起きたので締め切りを延ばしてその関連の5人を追加してそれを第1部に置いたので、インタビュー相手は63人、ページ数は400ページを超える大冊となった。1人1人の語り口は生々しくて重い。じっくりと読むべき本である」(高野孟の遊戯自在録027 7月9日の項)

「希望」は取材者が20人にも上る。現役の新聞記者、元記者、フリー記者、元フリー記者、学生など多士済々で、年齢も20代から60代まで。どんなに優れた記者であっても、しょせん、1人の見方、1人の目線など幅が狭い。たかが知れている。重層的な目線がないと、この複雑な社会を捉えることなどできはしない。ずっとそう考えていたこともあって、「高田以外の眼」を極力集めたいとも考えていた。それが「多様な取材者」の意味合いでもある。

前回の「希望」が出版になります(1)では、「まえがき」を引用した。「希望」はどんな本ですか、をもっと知っていただくために、きょうは「あとがき」を引用しておこうと思う。ただ、「あとがき」の引用は全文ではなく、抜粋・要約である。

以下は「あとがき」から。

■続きを読む
by masayuki_100 | 2011-07-26 14:38 | ■本