ブログトップ

ニュースの現場で考えること

2006年 04月 15日 ( 1 )

英国人の「新聞好き」は、聞いていた通りのようだ。宅配で新聞を取る人はあまりいないようだけれど、街角や駅前の店やスーパーでは、「紙」の新聞があふれ返っている。それも、各紙の見出しがきちんと見えるように、置いてあるのだ。日本のキオスクなどでは、1面の見出しが全部見えないように、タテに円筒に近い形で積み上げてあって、見出しは少々見づらいが、こちらはそうではない(ほとんどの新聞の判型がタブロイドだという事情もあるのだろうけれど)。

それに、電車内でも、みんなよく新聞を読んでいる。携帯電話の画面を見つめる人が多い日本とは、その点も違っている。英国経験が豊富な方にとっては、どうってこともない風景だろうけれど、英国が初めての私には、かなり新鮮である。

紙面もかなり個性的だ。最近、私が驚いたのは、4月8日付のインディペンデント紙。イラクのテロのカラー写真を一面でデカデカと扱い(タイムス、フィナンシャルタイムスなどを除き、だいたいがこちらの新聞は一面の写真+見出しの活字がデカイ)、イラク戦争の3年間の現実から、「目をそらすな」と書いた。原文の一部はココにあるが、そのゴシックの部分がいわゆるリード(前文)である。で、この日のインディペンデントの一面は、その写真と前文だけでページを覆い尽くした。

前文は、こうだ。

Iraq three years on: Don't look away.
And don't believe all that our leaders tell us about democracy.
Three years after the toppling of Saddam,
Iraq is a bloody mess.
Yesterday 70 people were killed in an attack on a Baghdad mosque.

イラクの3年間から目をそらすな、そして、われわれの政治指導者が英国民に民主主義を語っても何も信じるな・・・という程度の意味なのだが、日本の新聞では(一部政党機関紙などを除く)、これほどまでに、主義主張を前面に打ち出すことなど、現在では有り得まい。この記事は、Patrick Cockburn さんという記者の署名原稿だけれど、自身の過去のイラク取材などをもとにイラクの現状や米英の介入・責任を真正面から問い、なかなか迫力がある。

■もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2006-04-15 01:04 | ★ ロンドンから ★