ブログトップ

ニュースの現場で考えること

ニセ札捜査の陰で裏金づくり?

今井亮一氏のHP、「焼糞日記 2月24日」にこういう記述があります。

…途中、書店で『週刊現代』3月5日号の<<衝撃スクープ 多発する偽造通貨事件のウラで大不祥事が発覚 警察が「ニセ札」で裏金作りを告発>>という寺澤有さんの記事をちら読み…したところ内容のすごさについ買ってしまう。349円。  ニセ札が多いというがその情報の発信源はすべて警察庁。「警察庁が事実と異なる情報を流していたとしても、誰にも気づかれる恐れはないのである」と記事は始まる。で、「偽造通貨届出協力謝金」なるものがあり、開示されたその「支給調書」の「住所」部分に「塗り忘れ」を発見。調べてみたらなんと…。捜査費・捜査報償費などと同じように、払ったとウソの書類をつくって裏ガネ化してる!? という話。衝撃!! …

週刊現代のこの記事、私も読みました。警察ではあらゆる経費が裏金になっている、等と事あるたびに言って来ましたが、「偽造通貨届出協力謝金」という費目は、不勉強にも全く知りませんでした。いま現在も偽札問題が世間を騒がせていますが、その捜査でも裏金が?つくられているかもしれない??

週刊誌の力、取材者の寺澤氏の力は、ほんとにすごいなと思います。
                        c0010784_1748527.gif
by masayuki_100 | 2005-02-24 23:07 | ■警察裏金問題全般