人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ブログトップ

ニュースの現場で考えること

経団連の道徳とは?

昨日2月21日に共同通信が配信したニュースですが、日本経団連の奥田碩会長が記者会見で、ニッポン放送株買収に関連し、ライブドアの堀江貴文社長について、こう述べたそうです。(日本経団連のHPの会見要旨には、この細かいニュアンスは出ていません)

「金さえあれば世の中何とでもなるという考えは、日本社会で一番まずい話なので、道徳的におかしいと政財界から非難が出た。堀江さんも甘んじて受けないといけない」
「そもそもどういう動機で買ったのか。純粋な気持ちなのか、金もうけなのか、はっきりさせる必要がある」


しかし、およそ日本の大企業の中で、「金さえあれば世の中何とでもなる」と思わなかった経営者がどこかに居るのでしょうか? 「純粋な気持ちなのか、金もうけなのか」という択一式の問題設定にも仰天です。どんなに化粧を施したって、企業経営者の論理は金儲け第一主義。それを覆い隠したうえで語られる道徳とは、どのようなものでしょうか? 少なくともライブドアの姿勢は、経団連会長が年頭に発表したメッセージと矛盾しているとは思えないけれど。

経団連の道徳とは?_c0010784_17453890.gif
by masayuki_100 | 2005-02-22 23:48 | ■注目ニュース(^^;