ブログトップ

ニュースの現場で考えること

朝日の元エース記者が語ったこと

読者の信頼失う官庁情報 市民の批判に鈍感な大手新聞経営者

日刊ベリタ配信(2004年07月14日)

私は昨年5月に朝日新聞社を退社するまで社会部記者、社会部デスク、編集委員として過ごした。新聞で半生を過ごした私は、新聞に生き残ってほしいと願っている。こう言わねばならぬほど新聞の危機は深い。手をこまねいて衰退の進行を許せば、多くの読者に見放される時期は遠くないのでないかと危惧している。(元朝日新聞編集委員・落合博実)...

少し古い記事ですが、なかなか読みどころがあります。有料サイトなので、これ以上の文章を読むには課金されてしまいますが(^^; (でも無料のコメント欄を読むだけでも面白いかも)

c0010784_17453890.gif
by masayuki_100 | 2005-01-31 03:46 | ■ジャーナリズム一般