人気ブログランキング |

ブログトップ

ニュースの現場で考えること

「開放系」メディアと立ち居地

「Grip Brog」さんが試みている「新しい報道メディア」設立の動きは、過去にも私のブログで取り上げた。その後の途中経過報告では、弱気になったり、猛進したり、その日の泉さんの動きが丁寧に綴られていて、なかなか面白い。しかし、もっと面白いのは、そのコメント欄に並んだ書き込みである。

何がどう面白いかは、実際にそれを読んでもらうのが一番いい。受け止め方も人それぞれだろうし、私自身が面白いと思った部分を押し付けるつもりもない。それを前提に書けば、最近、一番面白かったのは「金と暴力」という泉さんのエントリに対する書き込みである。

フリージャーナリストの古川利明さんは、<ジャーナリズムも含めて、「表現する」という行為の根底には、「孤独になりきる」というのが、必須条件だと思います。「群れたい」とか「誰かに頼りたい」という甘えを断ち切ることからすべてが始まると、私は考えています。泉さんが始めようとしているビジネスに、私などがとやかく言える資格も義理もないのですが、ブログでだらだらと愚痴を並べ、それにちやほやと甘言を書き込んでいる読者(=アクセス者)の姿を見るにつけ、いつも「?」と思います>と書いている。

なかなか辛辣だが、要は泉さんに対して、「あなた自身は表現者として何をどう書きたい・報じたいのか」という問いかけなのだと思う。いわゆる書き手の「立ち居地」問題である。それが明確でなければ、或いはゼロならば、どんな立派な仕組みを構築しても極端な場合、中身はカラッポということもあるのではないか。。。そういう疑問だとも読み取れる。

その後、いろんなコメントが続いた後、「村田」さんがこう記した。<GripBlogさんには沢山のブロガーが元気を貰っている。管理人は、泉あいさんであるが、GripBlog=泉あいさんではない。コメントやトラックバックを含めた「開放系」ではないかと思う。そういう位相に、ネットやブログはあるのでは! 管理人としての立場では、しばしば「孤独」を感じることはあると思います。
しかし、「開放系」を目指そうとしている「GripBlog」(その延長としての報道メディア計画)は、泉さん個人を超えたものを目指しているのでしょう。元気を貰ったブロガーが、「頑張って」「期待しています」「出来る事は応援します」と、元気を返す。それで、いいのではないでしょうか>


泉さんの心情に言及した部分もあるけれど、「村田」さんのコメントの肝要は「開放系」である。従来の新聞や雑誌、テレビには編集長・デスクといった役職の方が居て、ニュースの価値判断に重要な役割を負っていた。この「役割」は、報道内容の視点・切り口・立ち居地といったものばかりでなく、表現方法・言葉遣い・分量等々という表現技法に関するものも含まれているのであって、簡単に言えば、報道の「事務局長」「元締め」みたいなものだったと思う。だから、当たり前の話だが、「元締め」が「OK」と言わないと、ニュースはニュースとして外に流れませんよ、という世界なのだ。これに対し、「村田」さんの言う「開放系」とは、つまるところ、こうした「編集機能」を極力分散させましょう、ということなのだと思う。




上手く説明できないのだけれど、たぶん、「開放系」が極まると、何の原則も規定もない、いわばただの掲示板のようになっていくのだと感じる。一方、集まってくる記事を一定程度の「眼」を通した後で掲載するとなると、その「眼」自体の有り様が問われてくる。それを突き詰めると、媒体の種類が紙であれ、ネットであれ、ニュースを世の中に送り出す流れそのものは、既存メディアと変わらなくなるだろう。

市民参加がキーワードなのか、即時性がキーワードなのか、双方向性こそが第一なのか。ネットを利用したメディアの肝がどこになるのか、私にはまだ良く分からない。たぶん、一番望ましい姿は、古川さんと村田さんのコメントの中間(真ん中ではない)のどこかにあるのではないかとは感じるが。じゃあ、それはどんな姿ですか、と問われると、よく分からないので、始末が悪いなあと自分でも思う(笑)。

もっとも、ぼんやりとした形は、私は私なりに持っている。もう少し熟成できたら、その「夢想」もここで記したいと思う。
by masayuki_100 | 2005-11-27 15:48 | ■ネット時代の報道