人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ブログトップ

ニュースの現場で考えること

戦争請負会社

戦争請負会社_c0010784_1791583.jpg「戦争請負会社」(出版社: 日本放送出版協会) ;シンガー,P.W.著

著者は「1997年プリンストン大学卒業。2001年ハーバード大学で政治学の博士号を取得。現在は米ブルッキングズ研究所国家安全保障問題研究員、同研究所対イスラム世界外交政策研究計画責任者を務める」

邦訳が出版されたと聞いたときから、ずっと読みたいと思っていました。戦争を論じるとき、最近はとくに、「国家」や「国益」「国際貢献」「復興支援」といった大雑把な概念を戦わせる傾向が強いのですが、それがずっと疑問で、もっと冷徹に事実のみを積み重ねて、「戦争の動機」を解きほぐす必要があるのではないかと、ずっと考えています。そういうヨロイ(化粧、と言った方が良いかも)を脱ぎ捨てたものこそが、リアルなのですから。

私自身は自由な取材が許されるなら、国際兵器見本市とか日本商社の武器部門とか、そういう部分を通じて「兵器」「兵器の経済」を取材し、戦争を違う断面から書いてみたいと夢想するんですがねぇ。。。本書はまだ読んでいません。読んだら、感想を書いておきます。
by masayuki_100 | 2005-01-14 17:04 | ■本