ブログトップ

ニュースの現場で考えること

総務省がネットの実名促進

まだまだ引越し荷物が片付かず、雑多な作業に追われているうちに、こんなニュース。各紙がこぞって報道していました(下記は共同通信)

実名でのネット活用促す 総務省「悪の温床」化防止

 総務省は27日、自殺サイトなど「有害情報の温床」ともいわれるインターネットを健全に利用するために、ネットが持つ匿名性を排除し、実名でのネット利用を促す取り組みに着手する方針を固めた。匿名性が低いとされるブログ(日記風サイト)やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)を小中学校の教育で活用するよう求め、文部科学省などと具体策を詰める。
 今週初めに発表する総務省の「情報フロンティア研究会」の最終報告書に盛り込む。
 国内のネット人口は増加する一方だが、匿名性が高いために自殺サイトの増殖や爆弾の作製方法がネットに公開されるなど、犯罪につながる有害情報があふれている。総務省はそうしたマイナス面を排除し、ネットを経済社会の発展につなげていくためには、実名でのネット使用を推進し、信頼性を高めることが不可欠と判断した。


これまでに何度か記したが、どうじてこうも「匿名性の排除」にこだわるのか。爆弾製造方法がネット上に公開されるなどの「有害情報排除」を一義的な目的だと総務省等は言っているらしい。仮にそうした説明に悪意はないにしても、「実名」にこだわれば、自由なネット議論は相当にやりにくくなるのではないか。実名で真に忌憚なき意見交換ができるほど、この社会は成熟していないと思う。そもそも、その人の宗教や思想信条、社会的政治的立場等々だけでなく、「いついつどこの温泉に行った」式の日記に至るまで、なぜ、「実名」である必要があるのか?

匿名にすると、どうしようもない無責任なコメントやトラックバックが来る、との意見をしばしば目にするけれど、その種のことはネットに限った話ではない。現実社会でもしばしば生じることだし、ネットは現実の延長(というか一部)でしかない。だから、匿名のコメント等を受けたくない場合は、それを拒否する形のブログ等を作成すれば済む話ではないか(技術的なことは良く分からないが)。

匿名を選ぶのか、実名を選ぶのか。それはその当人が種々の条件を踏まえて自分で判断すれば良いことであって、そこで流れる情報に対する反応・読み方・真偽の判断等々も、それぞれの個人が見極めれば良い。そうした自由こそが、基本的な条件のように思う。「実名」は必ずしも「信頼性」と一致しないし、逆に匿名でしか発言できない人を排除していく形になりはしないか、と危惧する。

だいたい、そういうことになんで国が出てくるのか、と思う。やっぱり、「規制」「指針」みたいなものを増やして、それに伴って「権限」を増やしたい?


★★★。。。というわけで、札幌での「札幌から」はこれで終了です。「そのとき、記者は逮捕された」等のエントリにずいぶんコメントをもらいましたが、引越し準備等に追われ、きちんと読む時間もありませんでした。東京に行き、落ち着いたらブログは再開する予定です。種々のコメントに対する私の考え等もその後に。。。でも、暑そうだなあ、東京は。
by masayuki_100 | 2005-06-28 15:31 | |--世の中全般