人気ブログランキング |

ブログトップ

ニュースの現場で考えること

■札幌から■ 「井の中の蛙」 2003年3月31日

デスク職に就いてしまうと、自分で動いて書くという作業が、なかなかで
きません。そうしたい場合はそうできるだろうし(実際、私の名刺は「北海
道新聞記者・報道本部次長」とあって、「記者」が先に来ています)、後は
本人の心がけ次第なのですが、まあ、実態として机に向かっている時間が圧
倒的に多いわけですから、この悶々とした思いは如何ともし難いものがあり
ます。

一言で表現すれば「かごの鳥」といったところでしょうか。

「井の中の蛙 大海を知らず」という有名な句があります。この句は「さ
れどその深さと井戸の青さを知る」と続くのですが、後段のように言えるた
めには、自分が「井の中の蛙」であることをしっかりと認識しないとダメな
のでしょう。誰もが井の中の蛙になりたくはないと思うけれど、いくらそう
思ったところで世界は広すぎる、奧深過ぎる、ならば「井の中」を認知する
ことこそが、「井の中」から脱出する唯一の方法かもしれません。

留萌在住の歌人の方と電話で話していたら、似たような句として

「わたくしの ほかなる生を 知らざれば 壺の内より 見る大銀河」

という句を教えてもらいました。

自分以外の多くの生命への感動と共感。それがあればこそ、というか、
そうであったとしても、自分は1人でしっかり生きていくほかはないという思い。
狭い壺に1人佇むような孤独を感じたとしても、その底からは
きっと大銀河が見えるのです。私はそう信じていたいと思います。
by masayuki_100 | 2003-03-31 17:02 | ■時計台(日記です)