人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ブログトップ

ニュースの現場で考えること

「希望」が出版になります(2)

少し前の記事でも紹介したが、有名・無名の人々の、それこそ声なき声を集めたインタビュー集「希望」が出版になった。版元の旬報社から連絡があって、東京など大都市圏の書店では、早ければきょうあたりから、店頭にこの本が並ぶそうだ。

「希望」にとりかかったのは、昨年の春ごろ、ちょうど東日本大震災の起きる1年前のことだ。震災発生時は最終校正に差し掛かっていたが、急遽、締め切りを延ばし、震災関連のインタビューも追加することになった。本の装丁は、著名な装丁家、桂川潤さんに手がけていただいた。本当にすてきな装丁になったと思う。見本として事物を手に取った方々からは、ありがたいことに、「とても良い内容ですね」との言葉を頂いている。

たとえば、ジャーナリストの高野孟さん → 「大震災の1年前から企画され取材も進んでいた、生きることの希望のありかを探るインタビュー集だが、大震災が起きたので締め切りを延ばしてその関連の5人を追加してそれを第1部に置いたので、インタビュー相手は63人、ページ数は400ページを超える大冊となった。1人1人の語り口は生々しくて重い。じっくりと読むべき本である」(高野孟の遊戯自在録027 7月9日の項)

「希望」は取材者が20人にも上る。現役の新聞記者、元記者、フリー記者、元フリー記者、学生など多士済々で、年齢も20代から60代まで。どんなに優れた記者であっても、しょせん、1人の見方、1人の目線など幅が狭い。たかが知れている。重層的な目線がないと、この複雑な社会を捉えることなどできはしない。ずっとそう考えていたこともあって、「高田以外の眼」を極力集めたいとも考えていた。それが「多様な取材者」の意味合いでもある。

前回の「希望」が出版になります(1)では、「まえがき」を引用した。「希望」はどんな本ですか、をもっと知っていただくために、きょうは「あとがき」を引用しておこうと思う。ただ、「あとがき」の引用は全文ではなく、抜粋・要約である。

以下は「あとがき」から。




・・・・「希望」に関する本をつくりたいと思ったのは、二〇一〇年の春ごろである。東日本大震災が起きる、ちょうど一年ほど前のことだ。私は自分の思いを数枚のペーパーにまとめ、知人に送り、知人はさらに知人に送り、それが繰り返される中でインタビュアーの顔ぶれがそろっていった。

私自身は、新聞記者の仕事を二〇年以上も続けていた。相も変わらず日々のニュースを追いかけながら、しかし、ここ数年は「なにか違う」という思いを払拭できずにいた。当たり前の話だが、世の中は新聞やテレビのニュースが伝えるような、「日本政府は」「日本経済は」「○○事件は」といった大文字の世界で動いているわけではない。都会は都会で、地方は地方で、田舎は田舎で、つまりは自分たちの目がなかなか行き届かない場所で、地べたに足をつけて、踏ん張って、そして希望を持ちながら明日への道を切り開いている人びとが大勢いる。有名かどうか、成功者かどうか。そんなことにはかかわりなく、何かを信じて、信じようとして、どこかに展望を持って、日々格闘している。そういった人びとこそが、世界の中心であるはず--。

そんな思いが消えなかったのである。

スタッズ・ターケルという稀代のインタビュアーが米国にいた。二〇〇八年一一月に九六歳で死去するまで、『よい戦争』『仕事!』『アメリカの分裂』といった名著を数多く残している。ターケルは録音機を駆使し、テープを回しながら、いつも市井の人びとの声に耳を傾け、言葉を引き出した。数々の著作を読むと、彼の死去に際して英国のBBCが “Studs Terkel was the spokesman for millions of Americans”と報じたのも道理だと思えてくる。だから、この本をつくるにあたっては、そのターケルの手法により添って、人びとが語る言葉にひたすら耳を傾けたいと考えていた。同時に、本書の趣旨が人から人へと伝わるなかでインタビュアーが集まったように、ばらばらだったものを「つなぐ」ことを、何より大切にしたいとも考えていた。

東日本大震災が発生した後、本書は締め切りを延ばし、震災関連で五人の方を追加した。それぞれの人びとの言葉を、それぞれが語る「希望」をどう読み取るかは、読者の方々にお任せするしかない。大川小学校児童の母親が言った「自分の中の時間はあの日で止まっている」という言葉の前では、「希望」もかすむかもしれない。

でも、編者として本書に登場する人びとの言葉の記録を熟読した私には、ぼんやりと、でも確かに思うことがある。どんなにささやかであっても、どんなに泥にまみれていても、そして目の前から消え去ったように感じても、そう簡単に「希望」はなくならないのではないか、と。

むろん、「希望」は、キャッチフレーズのように、漢字二文字だけで語られるべきものではない。この単語を繰り返したところで、何も伝わりはしない。なぜなら、「希望」は、それぞれの人が積み重ねてきた長い長い時間とそれを語る言葉のなかに、あるいは、今後積み重ねる未来の時間とそれを語る言葉のなかに、目立たないかたちで潜んでいるに違いないからだ。

「まえがき」で記した福島の友人には、震災後、長期の無沙汰を詫びつつ、現地の様子をうかがうメールを送った。その返事がなかなか来ない。じれったくなって、五月のある月曜日の午前中、彼の会社に電話してみた。従業員の「はい、代わります」という声のあと、懐かしい、本物の「肉声」が受話器から聞こえてきた。

「お、どうした? この前のメール? 読んでるよ。ちゃんと読んでるって。きちんと返事書こうと思っているうちに遅くなっただけださ。なんとかやってる。元気に決まってる。当たり前だろ、そんなの。それよりさ、週初めのこの時間帯、忙しいんだよな」

おまえの相手なんかしている暇はないんだよ、といわんばかりの早口。遠慮のないその声が、このうえなく、うれしかった。
by masayuki_100 | 2011-07-26 14:38 | ■本