ブログトップ

ニュースの現場で考えること

■北海道新聞社を退社しました

2011年6月末で北海道新聞社を退社しました。1986年の入社以来、25年間勤務したことになります。お世話になった方々には、退社の連絡や挨拶回りを続けていますが、直接それをお伝えできない方も大勢します。この間、本当にお世話になりました。曲がりなりにも記者活動を続けることができたのも、大勢の方々の支えがあったからこそ、です。本当にありがとうございました。

今後はしばらく休養しつつ、引き続き、ジャーナリズム・報道の分野にかかわっていきたいと考えています。フクシマ原発事故の報道が象徴的だったように、昨今の新聞・テレビの報道は大きな問題を抱えています。「どこがどう問題なのか」はこのブログでもさんさん書き連ねてきました。報道現場が抱える多くの問題は「組織と個人」の問題に帰着すると考えていますが、メディア界全体を見渡せば、それで済む話でもありません。

ここ数年、日本の報道界では「紙の新聞vsネット」「既存メディアの記者vsフリー記者」などなどあらゆる分野で問題が露呈しました。しかし、こういった「右か左か」のような発想では物事は前に進まないような気がしています。批判はとても大切ですが、ためにする批判や何かへの怨念のようなものは、ものごとを壊していく力にはなり得ても、何かを構築していくパワーにはなり得ないようにも感じます。

北海道新聞時代は調査報道や連載企画にのめり込み、好きなことをずいぶんとやらせて頂きました。その私も51歳になりました。昨晩も小宴で「まだ若いじゃないか」と言われましたが、自分としては「もう51歳か」が実感です。何かを作り上げていく気力と知力がどの程度残っているかは判然としませんが、少しずつ歩み続けたいと思っています。

ありがとうございした。これからもよろしくお願い致します。

(ブログ内の略歴を更新しました。連絡先メールアドレスはこのブログで公開している通り、従前と変わりません)
by masayuki_100 | 2011-07-09 13:14 | ■筆者&連絡先