人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ブログトップ

ニュースの現場で考えること

(少し古い話ですが)岡部騎手引退

考える猫さんが岡部騎手引退を書かれていました。もうそんなに時間がたったんだなあ、と思います。

岡部騎手といえば、やはりシンボリルドルフではないでしょうか。最初の皐月賞を買ったとき、彼はゴール直後の馬上で、腕を伸ばして人差し指を突き出し、「1」をアピールしました。一着の「1」ではなく、一冠の「1」と後で語っていますが、馬も騎手も風格がありました。それからしばらくして、北海道に来たところ、日高の牧場にルドルフを見に行ったりもしました(ついでにオペックホースとか、悲運な?馬たちもたくさん見ましたが)。

以前は競馬の実況中継をすべてビデオに録画して何度も何度も見たり。。。スズパレードとか、あっと驚くギャロップダイナとか。オグリキャップは、中央初戦の高松宮杯のときから興奮したものです。道営出身のドクタースパートが皐月賞を制したのは、何年だったっけ。

コスモバルクが出てきて、最近また馬に目が行くようになりましたが。。。でも、札幌競馬場の大型ビジョンで声を枯らすたび、哀しいやら悔しいやら、余計にかわいくなったり。。。ま、馬は大変です。。。全然関係の無い話ですが、雑誌の世界で一番原稿料が良いのは、JRAの「優駿」だそうです。なんでも、400字1枚で、ン万円だとか。
by masayuki_100 | 2005-03-29 21:59 | ■時計台(日記です)