ブログトップ

ニュースの現場で考えること

日本ジャーナリスト会議の月刊紙に<「新聞報国」の再現こそ「国難」 権力と一体化の危険性>という一文を書いたのは3年前、2014年の1月である。私が時々書いたり話したりする内容であり、どうということはない文章だが、ここに概略を記しておこう。



今の日本の状況下で、仮に「国難」が喧伝されたらどうなるか。


山中恒氏の労作「新聞は戦争を美化せよ!」は、戦前の新聞界がいかにして時の権力、すなわち軍部に協力していったかを豊富な資料を基に詳述している。それによると、太平洋戦争の開戦前、大阪朝日新聞の取締役業務局長は「新聞報国の秋」と題し、社内向けにこう檄を飛ばした。


 「こういう未曽有の大事変下においては(略)一億一心に民心を団結強化するためには真に国策を支持し、国民の向かうべき道を明示する良き新聞を普及することが、適切有効であることは今更論じるまでもありません」


 東京朝日の記者もこう書いている。


 「決戦下の新聞の行き方は、国家の意思、政策、要請など、平たく言えば国の考えていること、行わんとしていること、欲していること等を紙面に反映させ、打てば響くように国民の戦争生活の指針とすることが第一(略)各大臣の演説、偉い武官、文官の談話、法律や規則の報道、解説記事がその一端です」と。 


 「未曽有の大事変」を前に権力側に擦り寄った挙げ句、一体化してしまった報道の罪。「未曽有の大事変」の後に、「破滅と破壊」が控えていることを探知できず、国民をそこへ連れて行った重い歴史。その過程では、権力に疑義を唱えた・唱えようとした名も無き記者があちこちの社内でパージされていったはずである。あるいは、パージされる前に自ら進んで迎合し、その時の自らの地位や待遇を守っただけか。


一体、「未曽有の大事変」とは何か。その萌芽は当時、記者に見えなかったのか。戦争は自然現象ではない。隕石の地球衝突のような「不可避」はあり得ない。


権力は嘘をつく。自らの地位や栄華を守るため、責任回避のためなら、何度でも、どこまでも、だ。




では、権力と真に一体化してしまった報道とは、どのような姿なのだろうか。よく言われるのは、戦況報道を偽った戦前の「大本営発表」とその垂れ流し版の「大本営報道」だ。しかし、あす日曜日は衆院選の投票日でもあるし、投票日の紙面を見てみよう。




More
by masayuki_100 | 2017-10-21 03:49