「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

ニュースの現場で考えること

ここ数日、「報道の基本は何か」ということを考えている。「調査報道とは何か」とも考える。

今さら言うまでもないことだが、取材とは事実の積み重ねである。集めた事実が正しいかどうか、幾重にもクロスチェックをかける。さらに裏取りをする。ぜい肉をどんどん落とし、さらに肉付けし、、、という地味で地道な作業の繰り返しである。

ポイントは「事実のチェック」である。「評価の集積」ではない。「おれはこう思う」という「思う(=評価)」をいくら積み重ねても、「事実のチェック」には直接関係ない。

たとえば、世の中の矛盾や不条理に苦しんでいる人のところへ話を聞きに行ったとしよう。そこで耳にした話は、なるほどひどい。さあ、その話を書こう・・・だけで良いかどうか。「調査報道」という視点から見れば、それでは足りない。まったく足りない。「ひどい話が本当かどうか」を煮詰めるのが、取材である。「取材したとき、相手は確かに『ひどい』と言いました」という論拠だけは、その記事は成立しない。相手の言ったこと「のみ」に依拠していると失敗する。取材のイロハと言えば、イロハである。

「言ったこと」を客観的事実に置き換えていく。その客観的事実を集める作業が取材だ。例えば−。

原発事故の直後、枝野幸男官房長官は「ただちに影響はありません」と繰り返した。そう言ったこと自体は事実である。しかし、それを書くだけでは足りない。枝野発言の根拠は何か、根拠にしたデータの信頼性はどう担保されているのか、「影響はありません」という発言は独断か協議の結果か、協議なら誰と誰が話したのか、、、そういう事柄をずうっと取材していく。それが基本である。マスメディアはそれすらできなかったから批判されたのだが。

取材の向きや立場がどうであれ、こうした「取材の基本」ができていない記事は失格である。「私は正しいことを報道しているんです!」と言っても、それとこれは関係ない。取材者の立ち位置の問題ではなく、スキルの問題だからだ。

理不尽な目に遭った人、不条理に苦しむ人。そういう人々に寄り添い、その声に耳を傾ける作業は大切だ。マスメディアがそうした行為をほとんどしなくなったからこそ、なおさら重要である。しかし、繰り返しになるが、「善意の取材」であるからと言って、取材の詰めの甘さが免責されるわけではない。それを自身に許していたら、自身は取材者でなく、一種のアジテーターになりかねない。

理不尽な目に遭った人や不条理に苦しむ人と、本当に寄り添うことができていれば、権力側からは嫌われても、そうした当人たちからは感謝されるだろう。私は26年前に新聞社の記者になったばかりとき、先輩から何度もこう言われた。記事を書いたら、記事の出たその朝、書かれた人のところへ行け、と。直接、反応を聞きに行け、と。

私はそれが怖かった。私自身は告発型の大スクープを書いたつもりになっていても、当の内部告発者は本当に「良い記事だった」と言ってくれるのか。それとも「こんな記事にしやがって」と言われるのか、「腰砕け」と罵倒されるのか、「裏切ったな」と言われるのか。でも、書いた直後にそこに行かないと、自分記事の本当の影響力は分からない。それはそれで非常に怖いことだが、行かねばならない。

まず行く。「いかがでしたか」と聞きに行く。時間が無ければ電話する。「反響はどうですか」と聞く。仮にそれができないとしたら、取材者はどこかで何かを大きく間違えている。「正義のためだ」と言って振り上げた拳を支える腕、腕を支える胴体、胴体を支える脚。そのどこかに揺らぎがある。その揺らぎにこそ、権力はつけ込もうとする。そこを突破口にして逆襲は始まる。権力の逆襲は本当にすさまじい。筆舌に尽くしがたいほどの反撃である。

「目的が正しいから」で許される話ではない。スキルの問題なのだ。事実をどう積み重ねたのか、どうクロスチェックしたか、の話なのだ。論拠が「相手がそう言いました」だけでは通用しないのだ。相手が言った内容を「ほかの事実」でどう補強できたか、なのだ。「思う」という評論は補強にならない。そこが本当に理解できているかどうか。そこらへんにも、調査報道を自己点検する際の、大きなポイントがある。

そして。

内部告発者の信頼を失うな、である。何があってもそれを失うな、である。彼ら・彼女らこそを最大限に守らなければならない。間違っても、さらし者にしてはいけない。そうせざるを得ない立場に、追い込んでも行いけない。それができないなら、取材者の看板を下ろすしかない。
by masayuki_100 | 2012-02-25 23:06 | Comments(0)

文章は実に難しい。書くことを職業にして25年以上になるが、それでも時々、「文章の書き方」のような書籍を買い込み、目を通し、「なるほど!」と思う。おまけに取材の文章はエッセイや純然たる論文と違って、技というか、根本というか、なかなか表現しにくいけれども、「取材の文章ならではの本質」みたいなものがある(と思う)。

そんなこんなで、昨年秋に3回ほど日本ジャーナリスト会議(JCJ)主催のジャーナリスト講座で、文章の書き方講座の講師をやらせてもらった。そこでもやはり日々発見がある。マイクを握って偉そうにしゃべってはいたが、「なるほど!」と教わった事柄も少なくない。

このブログでも先般、少し紹介したが、その文章講座の4回目を3月4日、東京・日本橋で開くことになった。

3月4日(日) 13:30〜19:00 東京・日本橋
JCJジャーナリスト講座・文章教室「伝わる記事をどう取材し、書くか」


課題作文(800字)を事前に書いてもらったら、僭越だけれども、私が添削し、お返しする段取りにもなっている。この講座がどんな雰囲気だったのかは、NHK出身のジャーナリストで、現在は大学教授の小俣一平さんが自身のブログに書いて下さっている。それにしても3月4日、午後1時半から夜7時までの長丁場、喋る方もたいへんだが、参加者の皆さんも体力勝負だ(と思う)。その意味では、これからジャーナリズムの世界を目指す人こそ、参加に向いているのかもしれません。

<開催要領>
3月4日(日)午後1時半から7時ごろまで。
場所は、日本橋社会教育会館・第2洋室。
東京都中央区人形町1-1-17  
地下鉄日比谷線・人形町から4分、同半蔵門線・水天宮前から5分

講師は私。事前申し込み制で定員は20人。資料代は1500円。

<申し込み先>日本ジャーナリスト会議事務局
メールの場合 jcj@tky.3web.ne.jp
ファクスは 03・3291・6478
氏名、メルアド、電話番号を明記してください。
すぐに作文送付方法など、メールかファクスでお知らせします。

<問い合わせ先>日本ジャーナリスト会議 電話03・3291・6475
by masayuki_100 | 2012-02-15 21:39 | ■2011年7月~ | Comments(0)

c0010784_10374566.jpg福島原発の事故による影響を懸念して、札幌には福島から大勢の方が避難されています。その数は1500人前後に上るはずです。避難者が集団で住む雇用促進住宅。かつて炭鉱離職者のために造られた、大型の集合住宅は、福島からの避難者が寒さをしのいでいます。

宍戸隆子さんは、その雇用促進住宅に住む避難者たちの自治会長です。たった1時間半でこの1年のことを聞くのは困難でしょう。人前では言えないこともあるでしょう。でも、伝えたいこと、訴えたいこと、それは山のようにあるはずです。

「@Fukushima 私たちの望むものは」(産学社)は福島に住む人々、福島を去った人々、福島に関係する人々のインタビュー集です。宍戸さんも本の中に登場しています。インタビュアーは7人ですが、取材に入る前、こんなことを考えていました。聞き手と話し手がテーブルを挟んで向き合うのではなく、イメージとしては、川岸に座って2人で同じ川面を見ながら「それでどうなったの?」と尋ね、話し手は「そしたらさ」と答える。そんな感じのインタビューを積み重ねたい、と。

もちろん、それはイメージですから、現実に川の近くに行って土手に座るわけではありません。しかし、本当に胸襟を開いて取材相手と接することができれば、それは向き合うのではなく、横に並んで同じ方向を見ながら、という感じが私にはありました。「@Fukushima 私たちの望むものは」と同様の手法で綴った本には「希望」(旬報社)があります。本に登場している人々が、インタビュアーをすっ飛ばして、読み手に直接語りかけているようなインタビュー。聞き手は黒子に徹し、でも、「それでどうなったの?」という読み手の声を代弁しながら、質問を続ける。そんな感じです。

スタッズ・ターケルの真似をしたかったわけですが、この種の「聞き書き」の場合、本当にすごいインタビューというのは、もしかしたら、具体的な質問はないのでは、と思うことがあります。具体的な質問がないインタビュー。それはたぶん、聞き手と話し手が横に並んで、川面に向かって、縁側に座って、カフェで道行く人を眺めながら、インタビュアーは「それで?」「うんうん」とだけ応じているような。そんな感じです。ひたすら相手の話を聞く。相手の言葉を自分の言葉に言い換えて、相手の個性を殺さない。そんなイメージです。

で、前置きが長くなりましたが、以前にこのブログでも書いたとおり、2月24日(金)夕方、紀伊國屋書店札幌本店で「@Fkushima 私たちの望むものは」(産学社)の刊行を記念したトークライブを開きます。そのPR用のフライヤーができました、というのが今日の結論です(笑)。冒頭に記した宍戸さんもお見えになります。宍戸さんをインタビューした札幌のジャーナリスト・野口隆史さんも来ます。当日は無料です。ぜひどうぞ起こしください。
by masayuki_100 | 2012-02-14 10:34 | ■2011年7月~ | Comments(0)

c0010784_1813451.jpg 3月3日(土)の午後、東京・神保町で「調査報道セミナー 2012春」が開催されます。開催の趣旨や内容は以下、詳細を貼り付けておきます。「そもそも調査報道は」といった「論」ではなく、「取材の現場」にこだわった話を軸に据え、調査報道をどう実践していくかの手掛かりを掴みたいと思います。「ジャーナリズムが公共財であるなら記事や番組だけでなく、取材手法等々も広く取材者全体、市民と共有できるものがあるのではないあ」という問題意識が、主催者の中にはあります。
 私も実行委員の1人としてお手伝いしています。当日は3・11の1週間直前と言うことで、種々忙しくされている方が多いと思いますが、時間の都合が許す限り、ぜひ起こしください。
 以下は案内文のコピーです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 ご案内 調査報道セミナー 2012春

メディアの信頼回復が急務と言われています。そのカギを握るのが「調査報道」。でも、この課題をどう実践していけばいいのでしょうか。現場経験が豊かな新聞人、テレビ人を招き、その方法論や考え方など「取材現場の話」にじっくりと耳を傾けたいと思います。
 フリー記者、会社員記者、研究者、学生など調査報道に関心を持つ人に集まってもらい、活発な議論も交わしたいと思います。ぜひご参加ください。


●主催:実行委員会
●後援:日本ジャーナリスト会議、アジア記者クラブ、平和・協同ジャーナリスト基金
●期日:2012年3月3日(土曜日)午後1時半〜6時
●場所:岩波セミナールーム(東京都千代田区神田神保町2丁目3−1 地下鉄・神保町駅下車)
●定員:60人(予約不要・当日先着順)、資料代1000円

■13:30〜15:30
【第1セッション:調査報道のテーマをどう見つけるか】

「権力追及型」だけが調査報道ではない。新聞だけが調査報道の主体でもない。日々の風景の中から、どうやってテーマを見つけるか。それをどう掘り下げていくか。テレビ界の2人にその方法論や発想法を聞く。

<曽根英二氏×萩原豊氏> 進行:岩崎貞明氏(メディア総合研究所)

●曽根英二氏(阪南大学教授、元山陽放送記者) 
1949年、兵庫県姫路市生まれ。早稲田大卒。山陽放送では1980年から4年間、カイロ特派員。報道部記者、報道部長、報道制作局長代理などを歴任。「全国最悪の産廃投棄の島」といわれた香川県豊島を90年から約20年間、JNN(TBS系)で継続報道。聾唖者の600円窃盗容疑事件の裁判、特攻の妻の物語、貧困、過疎などテーマに番組制作を続け、「第45回菊池寛賞」や「民放連盟賞最優秀賞」「早稲田ジャーナリズム大賞」などを受賞。著書に「限界集落」ほか。

●萩原豊氏(TBS報道局社会部デスク)
1967年長野県生まれ。1991年TBS入社。95年から「報道特集」でドキュメンタリー制作に携わる。2001年から「筑紫哲也 NEWS23」を担当。2005年に「ヒロシマ~あの時原爆投下は止められた」の取材・総合演出を担当し第60回記念・文化庁芸術祭テレビ部門で大賞受賞。「NEWS23クロス」の編集長・特集キャスター。ロンドン勤務を経て現職。原発事故報道では再三現地入りした。


■16:00〜18:00
【第2セッション:警察権力への迫り方】


日本の事件報道は「当局寄り」の典型である。警察と二人三脚になって犯人捜しに狂奔するメディアは「ペンを持った警察官」とも揶揄される。今の事件報道を変えるには、どうすればいいのか。公判ではなく、捜査段階でなかなか「冤罪」を発見できないのはなぜか。権力の壁を突破する手法を新聞記者2人に聞く。

<梶山天氏 × 石丸整氏・飼手勇介氏> 進行:高田昌幸氏(ジャーナリスト)

●梶山天氏(朝日新聞特別報道部長代理)
1956年長崎県生まれ。1978年朝日新聞入社。西部本社社会部事件キャップ、東京本社社会部警察庁担当、佐世保支局長、西部本社報道センター(旧社会部)次長、鹿児島総局長などを経て現職。2003年に起きた「鹿児島県警による県議選公職選挙法違反事件」、いわゆる志布志事件が冤罪であることを見抜き、取材班を率いて大キャンペーンを張った。一連の報道で2007年11月に石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞を受賞。著書に「『違法』捜査〜志布志事件『でっち上げ』の真実」(角川学芸出版)ほか。


●石丸整氏(毎日新聞さいたま支局事件担当デスク)
●飼手勇介氏(同県警担当キャップ)
昨年の統一地方選・埼玉県深谷市議選で20数人を接待したとして、市議らが逮捕された。ところが、接待された側の住民で毎日新聞の取材に応じた20人全員が接待を否定、埼玉県警が取り調べの際、虚偽の証言を強要していたことを明らかにした。一連の報道で取材班は、昨年の新聞労連ジャーナリスト大賞の優秀賞を受賞した。石丸氏は1972年佐賀県生まれ。奈良新聞社勤務、サンデー毎日契約記者を経て2001年毎日新聞入社。社会部警視庁担当、遊軍、国税担当などを経て現職。飼手氏は1980年生まれ。福岡市出身。2007年入社、さいたま支局配属。


 「ジャーナリズムは公共財」と言われてきました。そうであれば、「成果物」の記事や番組だけでなく、取材のノウハウ等も公共財ではないか、と主催者は考えています。取材プロセスの可視化、ノウハウの共有化を進めることは、広く日本全体の取材活動の足腰を強化することにつながるはずです。本セミナーは今後も定期的に継続開催し、取材や報道に関する具体的ノウハウや視点、問題点などを広く報道界全体、市民社会全体に還元したいと考えています。
by masayuki_100 | 2012-02-13 15:24 | ■2011年7月~ | Comments(0)

2月18日(土)13:00〜 仙台弁護士会館

仙台弁護士会主催のシンポジウム
「秘密保全法制を考える〜国民の知る権利は守れるのか」
講師としてお話しさせていただきます。
テーマは「取材現場から見る秘密保全法制の危険性」です。


2月27日(月)18:30〜 東京・岩波書店セミナールーム
NPJ主催
「検証・福島原発事故・記者会見」(岩波書店)を上梓されたばかりのNPJ編集長、日隅一雄弁護士との対談です。日隅さんによる「連続対談企画10本勝負」の3回目。テーマは秘密保全法制です。

昨日東京で開かれた日隅さんの出版記念パーティに出席してきました。いろいろな思いを抱えながら、日隅さんは力を振り絞っています。日隅さんの持つ希望と執念に、私も追い付きたいと思います。

3月4日(日) 13:30〜 東京・日本橋
JCJジャーナリスト講座・文章教室「伝わる記事をどう取材し、書くか」
JCJ主催の私の文章講座、これで3回目です。ぜひどうぞ。以下は案内文です。

日本ジャーナリスト会議・新聞部会が主催して、JCJジャーナリスト講座の文章教室を開催します。参加申し込み後、課題作文・800字を出してください。送付方法など、ご連絡します。作文を講師が事前に添削したうえ、講座で批評します。まとまった報道記事、読みものをどう書くか、文章術を磨きたいとお考えの方は、ふるってご参加ください。

3月4日(日)午後1時半から7時ごろまで。
場所は、日本橋社会教育会館・第2洋室。
東京都中央区人形町1-1-17  
地下鉄日比谷線・人形町から4分、同半蔵門線・水天宮前から5分

講師・ジャーナリストの高田昌幸(元北海道新聞記者、近著に『権力VS.調査報道』)
事前申し込み制で定員は20人。資料代は1500円。

申し込みは日本ジャーナリスト会議事務局にメール jcj@tky.3web.ne.jp
あるいはファクスで 03・3291・6478
氏名、メルアド、電話番号を明記してください。
すぐに作文送付方法など、メールかファクスでお知らせします。

問い合わせ・日本ジャーナリスト会議 電話03・3291・6475
by masayuki_100 | 2012-02-09 21:28 | ■2011年7月~ | Comments(0)

「@Fukushima  私たちが望むものは」刊行記念トークライブ
  ~「1人1人の声」から世の中をみるということ~


 1人1人が「世の中」に押しつぶされそうになっている今だからこそ、「上から」ではなく、普通の人びとの声を世の中にどう伝えるか、そこに傾注する必要性を感じます。
 それについて「@Fukushima 私たちの望むものは」(産学社)の執筆者の一人である野口隆史さん、福島から札幌市に自主避難された宍戸隆子さん、本書の編著者である3人がそれぞれの立場からお話しします。
 平日の夕方ではありますが、ぜひどうぞお越し下さい。

<とき・ところ>
2012年2月24日(金) 18:00~19:30
紀伊國屋書店札幌本店(札幌市中央区北5条西5丁目 sapporo55ビル)
申込不要・当日直接会場へどうぞ。
主催・共催 産学社/What's

<問い合わせ先>
紀伊國屋書店札幌本店
TEL:011-231-2131 FAX:011-241-0526
by masayuki_100 | 2012-02-09 21:01 | ■2011年7月~ | Comments(0)