ブログトップ

ニュースの現場で考えること

TBSのニュースから  (下線は私)

女児不明事件、英大衆紙が一面で謝罪

 イギリス人の4歳の女の子が去年5月にポルトガルで行方不明になった事件で、イギリスの大衆紙は19日、明確な根拠がないまま両親が殺害したことを示唆する報道をしたとして、一面のトップで異例の謝罪記事を掲載しました。

 この事件は、イギリス人一家の長女、マデリン・マッカーンちゃん(4)がポルトガル南部の保養地で去年5月から行方不明になっているものです。

 事件直後から数ヶ月間は、著名人による呼び掛けもあって、イギリスでは両親への同情を含め、大きな注目を集めましたが、去年9月、見方が一転しました。

 捜査を担当するポルトガル警察が、「容疑者」として任意で両親の事情聴取に踏み切ったことから、イギリスメディアは両親の関与を示唆する報道を過熱させました。

 こうした中、100本以上の記事を報じた大衆紙「デイリー・エクスプレス」と「デイリー・スター」は、両親が殺害したことを示唆する記事には根拠がなかったとして、19日、両親への謝罪を一面トップで掲載しました。一面での謝罪記事掲載は極めて異例で、最近20年では例がないということです。

 また、双方を発行する新聞社グループは、55万ポンド=およそ1億900万円を両親側に支払いました。

 「これは氷山の一角で、ほかの新聞も同じ過ちを犯しています。今日は英国ジャーナリズムにとって深刻な日となりました」(メディア専門家、グリーンスレイド氏)

 警察当局からのリークと憶測で報道する危うさ。イギリスでも犯罪報道のあり方が問われています(20日03:11)
by masayuki_100 | 2008-03-20 08:43 | ★ ロンドンから ★