ブログトップ

ニュースの現場で考えること

9月下旬は、英労働党大会の取材でしばらくマンチェスターに滞在し、その後も休暇でロンドンを離れていた。きょうはもう、10月5日。ロンドンは朝から雨模様で、今も雨粒が落ちている。

前回のエントリ(記事)で、オーマイニュースのことに触れた。もうオーマイニュースについては書かないつもりだと言ったけれども、前回のエントリに対し、当のオーマイニュース編集委員・佐々木氏から反論を頂いたので、再び触れておこうと思う。

佐々木氏の反論「オーマイニュースの記事への批判に答えて」は、オーマイニュースとは違う媒体に書かれている。何度か繰り返し読んだのだけれど、私の言いたいことは、どうも十分に伝わっていなかったようだ。たぶん、私の拙い文章のせいでもあり、その点は申し訳なく思う。

オーマイニュースに対し、私が一番言いたかったことは、実は少し前のエントリ、「豆腐屋の四季」と市民型ジャーナリズム に書いてある。それを読んでもらうのが、一番手っ取り早いと思う。そこでは、日々の生活に根ざした実感、それに基づく視線、それに沿った記事こそが、
新たなものを生み出すのではないか、少なくともその可能性があるという趣旨を書いた。人々が日々働く、その現場で起きているあらゆる事象・出来事、そして心情をもっと大切にすべきなのではないかと。そういうことを言ったつもりである。

佐々木氏も私も、ジャーナリズムの世界においてはプロである。しかも、佐々木氏は(制度の詳細は承知していないが)オーマイニュースの編集委員である以上、その媒体の内輪の人間だと思う。そういう立場にある人が、いきなり、「なんでもかんでも政権批判に結び付ける記事が多すぎる、レベルが低すぎる」旨の発言をすることは、私には理解できないのである。

内輪にいるのであれば、高みから「説得力がない」と一刀両断にするのではなくて、まずは、市民記者の原稿と向き合い、或いはオーマイニュースの他の編集者と向き合い、編集作業のどこをどう改善すべきか、を地道に話し合うべきであろうと私は思う。

<オーマイニュースの記事を丹念に読んでもらえればわかると思うのだけれど、そういう根拠のない「小泉改革賛同」の記事は、オーマイニュースにはほとんど見つからない>と、佐々木氏は書かれているが、どの立場から書かれた記事であれ、私に言わせれば、オーマイニュースには説得力のない記事は数多ある。それをそのまま、何のデスク作業も経ずに、単純に載せるだけならば、単なるブログの寄せ集めだ。そこに何らかの編集作業が加えるからこそ、オーマイニュースは媒体として名乗りを上げたはずだ。そして、オーマイニュースをはじめ、ネットメディアが期待されている部分は、そういうデスク作業も、技術的に、ある程度はオープンにすることが可能な点にあるのではないか。従来はブラックボックスだった「加工作業」をオープンに出来る。そこが、ポイントなのだと思う。だから、「政権批判は説得力がない」という前に、純粋にデスク作業の技術的問題として、どういうことを行っているか・いないかを自己検証しなければならない。それが先決だ。

佐々木氏はまた、こうも書いている。

More
by masayuki_100 | 2006-10-06 03:16 | ★ ロンドンから ★