「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

ニュースの現場で考えること

インターネット新聞「オーマイニュースジャパン」の初代編集長に、鳥越俊太郎氏が就任したとのニュースが、あちこちで話題になっている。ネットでは読めないようだが、先日の朝日新聞には、鳥越氏の投稿も大きく掲載され、ふむふむと思いながら目を通した。

鳥越さんといえば、警察裏金問題を思い出す。忘れもしない2003年11月。鳥越さんがキャスターだったテレビ朝日の報道番組「ザ・スクープ」が、旭川中央警察署の裏金問題を文字通り見事にスクープした。警察当局におもねる姿勢が強い大手メディアには、なかなか真似のできない見事な報道だったと思う。その報道がきっかけになって、いわば後追いする形で、北海道新聞の道警裏金報道は始まった。私もかかわった北海道新聞の道警追及はその後、およそ1年半にわたって続くのだが、それもこれも、すべては、鳥越さんの番組が契機だった。

ところで、オーマイニュースといえば、「市民記者」「市民参加型ジャーナリズム」の代表格だといわれている。それはそうに違いないのだろうけれど、私の考えでは、オーマイニュースの成功は、「記事の書き手としての市民記者」というよりも、市民記者をビジネスの核に据えたところにあるのではないか、と。そう感じることがたびたびある。昨年の秋から冬にかけ、オーマイニュース(韓国)の代表、オ・ヨンホさんと3度会い、晩飯を食うなどしながら、ネット新聞の日本での可能性、将来性などをじっくり議論した。そのときにも、私は、「韓国のオーマイニュースは市民記者の<数>を確保することで成功に至った。そう判断している」という趣旨のことを言った。つまり、こういうことだ。

ネット新聞の収入源は、記事を有料にする方法では失敗する。ネット上の情報・ニュースは、「無料」が圧倒的に多いから、「有料」になると、ユーザーは途端にそっぽを向く。ならば、アクセス数全体を増やし、広告収入の増加を図るしかない。アクセス数の増加、一定程度のアクセスの確保こそ、安定したネット広告収入の基礎だ。で、オーマイニュースは、市民記者及びその近親者・周辺者こそが、安定したアクセスの基礎になっているのだ。

オーマイニュース韓国の市民記者は、現在約4万人だが、たとえば、市民記者Aさんの友人・知人が計10人、毎日、アクセスしたら、それだけで10アクセスだ。1万人なら10万アクセス。「おれの記事が載ったぞ、みんな見てくれ」と宣伝でもすれば、こうしたアクセスはもっと増えるはずだ。それも、安定的に。オーマイニュース韓国では、匿名の市民記者を認めていないと記憶しているが、そのことも、「おい、俺の記事を見てくれ」という宣伝につながりやすい。匿名だと、なかなか、そうはならない。そこもポイントだと思う。

■もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2006-05-30 10:58 | ★ ロンドンから ★ | Comments(5)

商品は床に

先日、紙面のコラムでも、ちょろっと書いたのだけれど、どうしてこうなのかな、と思ってしまう。

スターバックスやその他の外食店では、テーブルのごみをみんな自分で片付けない。すぐそばに、日本と同じように、ゴミ箱はあるのに、ほったらかしにして、涼しい顔で店を出て行く。だから、テーブルはすらっと空いているのに、その席はいずれもゴミだらけ、という事態がしょっちゅうなのだ。店員が片付けるまで、おそらくそれは、1時間に1回あるかないかの頻度だと思うが、店は汚いままである。ある年配の男性は、「昔はこうじゃなかった。90年代に東欧や中東の移民が増えて、ロンドンの若者らが、そいつらの影響を受けてしまって・・・」と言うのだが。

ところで、昨日出かけた近所のショッピングセンターもひどかった。スポーツ用品店をのぞいたところ、Tシャツなどの服、テニスラケット、靴。。。。あらゆる商品が床に落ちていて、だれも拾わない。勢い、客は、雨上がりのぬかるんだ道を歩くときのように、床に散乱した商品を踏まないように抜き足・差し足で、店内を移動するのである。目指す商品が棚で見つからないと、床に散らばった商品の山の中から探している。もちろん、時々は店員が片付けに来るのだが。

「落ちている商品を拾わない」のは、昨日に限った話ではない。高級ブティックは別だろうけれど、日本で言うところのイオンみたいなスーパーに行っても、洋服売り場では、服がハンガーごと床に落ちて放置されている。

なんで、自分が落としたものは、なんで自分で拾って元へ戻さないのか? こういうナゾは本当に深そうだ。  
by masayuki_100 | 2006-05-14 18:59 | ★ ロンドンから ★ | Comments(5)

毎週末になると、ロンドンの各紙は、たいへんなことになる。とにかく、紙面が分厚い。ふだんでも、ページ数は多めだけれど、週末になると、別刷りもあわせて各紙とも軽く100ページを超すのではないか。日本の新聞の元旦号みたいなボリュームである。

さらに、ファッションや文化関連の雑誌、ガーデニング本、映画紹介のDVD、スペイン語学習用のソフトなど、いろんなものが「オマケ」についてくる。ほとんどの場合、こうした付録や別刷りがバラバラにならないようビニールで梱包され、街角の売店で平積みされているのだ。とにかく、スゴイ。

新聞をつくる側の立場からすれば、ページ数の多さが一番気になる。平日でも50ページ、60ページは当然だし、週末になると、100ページ以上。もちろん日曜は、同じ新聞でもまったく違うスタッフが作っているところもあるので、一概に日本とは比較できないが、どうして英国の新聞は、こうも分厚いのかと思う。広告も多いが記事も多い。

当地の新聞社の社内事情にまで立ち入って詳しく調べたわけではないが、外から紙面を見るだけでも、英国の新聞の紙面には、日本の一般紙とは違う特徴がいくつも見えてくる。それらをいくつか、ランダムに列挙してみると・・・・

■もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2006-05-14 10:32 | ★ ロンドンから ★ | Comments(2)

どうでもいいことかもしれないが、 Let's go と Shall we の使い分け、「どういう状況だと、どっちを使った方がいいか」みたいな話をしていたときに、突然、「レッツゴー三匹」という漫才トリオのことを思い出した。レッツゴー三匹の1人1人の名前も、なかなか思い出せなくて。

で、ネット検索して驚いたのである。「レッツゴー三匹」とばかり思っていたのに、それは誤りで、正しくは「レツゴー三匹」なのだ。

ネットには「間違いやすい人名」という便利なサイトがあって、その中で、「レッツゴー三匹」は誤字です、と丁寧な説明がされている。開設者が検索エンジンで調べると、以下のような結果だったらしい(以下引用)。

Google  … 「レツゴー三匹」 537件、 「レッツゴー三匹」 1080件
goo    … 「レツゴー三匹」 311件、 「レッツゴー三匹」 665件
infoseek … 「レツゴー三匹」 242件、 「レッツゴー三匹」 475件 (引用終わり)

どうやら、みんな、私と同様、「レッツゴー三匹」だと勘違いしているらしい。

で、3人の名前、言えますか? って、何年も前の漫才トリオだし、普通は言えないよね(^^;
答えは、ココです。
by masayuki_100 | 2006-05-11 22:31 | ★ ロンドンから ★ | Comments(5)

全体で4300議席のうちの「32議席」だから、大した比率ではない。でも、5議席だったものが27も増えて32議席になったのだから、「大躍進」には違いないと思う。5日に開票があった英統一地方選での「英国民党(BNP)」のことである。

英国民党は、いわゆる「極右政党」と言って差し支えないと思う。「EU統合には反対。イギリスはイギリスたれ」とか、「移民はもうたくさんだ!」とか、「イギリス人のカネを外国人や移民のために使うな」とか、簡単に言えばそういう主張を繰り返している。簡単に言えば、「排外主義」だ。で、そのBNPが、低所得者層や先に移民として移り住み、英国に定着している人たち等から最近、熱狂的な支持を受けているのだという。

今回の選挙では、ロンドンのBarking & Dagenham という区で、50議席中11議席を獲得した。ここは元々労働党の牙城だが、「労働党がすっかり中道・右傾化し、働く者の声に耳を傾けてくれなくなった」という不満から、旧来の労働党票がBNPに向かったといわれている。

実は、というか、「実は」と言わなくても自明のことだが、日本の自民党と民主党の政策・政治スタンスに大きな差が無いように、英国でもブレア率いる労働党と、野党の保守党に政策・政治スタンスの差はほとんどない。労働党は、左派をばっさり切り捨てながら政権に就いたのだし、保守党が旧労働的な内容を訴えることもある。双方の政策のポイントを箇条書きにしたうえで、政党名を隠したら、たぶん、ふつうの英国人は見分けがつかないだろうな、などと思ってしまう。

そうなってくると、政権を狙う政党は、党首の見た目とか、言葉の迫力とか、威勢の良さとか、TVでの露出度が高いとか、そんなことでしか「差異」を打ち出しにくくなる。スキャンダルで互いに叩き合う図式もそうだ。で、「移民は出て行け」といった主張は、そういうすき間に入り込み、支持を広げていく。一気に勢力を増やすことは無いにしても。
by masayuki_100 | 2006-05-07 01:02 | ★ ロンドンから ★ | Comments(2)

どうでも良いことが、妙に気にかかり、やがて気になって仕方なくなる。。。そんな経験はありませんか?

私の場合、最近のそれは「ロンドン地下鉄の揺れ」である。通勤に使っている地下鉄は、中心部を過ぎると、地上に出る。まあ、それは日本の地下鉄も同じなのだが、問題は地上に出た後の揺れ方なのだ。とにかく揺れる。そして、騒音がうるさい。日本の地下鉄より、何倍もうるさいと思う。

つい先日は、余計に「揺れ」をひどく感じた。街中で少々飲み、終電近くの電車に飛び乗った。そこまでは良かったのだけれど、地上に出た途端、右に左にそして上下に、かなり揺れるのだ。別に酔っ払っていたせいではない。立っている人は手すりにつかまっていないと、つい、足がふらつきそうに(それも大きく)になるし、座席にすわっていると、雑誌や新聞が読めない。雑誌や新聞が読めないような揺れは、それこそしょっちゅうあって、なんだか少し慣れてしまったけれど、それにしても揺れた。

さすがに乗客の何人かは顔を見合わせていた。少々の揺れに慣れ、そしてふだんは、どこでも平静さを保って見せる英国人も、「これは・・・」と思ったのではないか。それに比べると、日本の地下鉄は信じられないほど安定感がある。正直言うと、毎日体験するあの「揺れ」は、少々怖い。

英国では地下鉄は数年前から民間資金がどーんと入ったようだし、英国の国鉄は民営化され、なんと26の会社が列車を運行している。おまけに鉄路所有会社と保線会社は、さらに別々なのだという。最近、「折れたレール イギリス国鉄民営化の失敗」(ウエッジ出版)という本を読んだせいかもしれないが、とにかく「揺れ」が気になる。自由化の先駆者とされた英国において、そのフロントランナーだった鉄道民営化は、相次ぐ事故等によって、「失敗だった」との議論が起きているという。実際、鉄道会社の再国有化も一部では真剣に議論されているらしい。「民営化万能論」が奔流となっている日本とは、少し風向きが違うのかもしれない。
by masayuki_100 | 2006-05-06 23:55 | ★ ロンドンから ★ | Comments(5)

公正取引委員会が新聞の特殊指定見直しを検討している。宅配制度が維持できるか、はたまた崩壊するかの分岐点だとみて、新聞各社は与党・政府などにここぞとばかりの猛アタックを繰り返している。共同通信の特集を見ていると、新聞労連もその輪に加わり、いわば労使一体の運動になったようだ。

規制に守られていた業界にとって、その規制存続は死活問題だ。1960年代の繊維業界から始まって、日本では(もちろん諸外国も一緒)過去、各業種・各企業が「規制を存続させてください運動」「業界を守ってください運動」を繰り広げてきた。誤解を恐れずに言えば、新聞業界が「規制を続けてください、宅配制度を続けさせてください」と言い続けるのは、企業のリクツからすれば、当然のことだ。

むろん、賢い経営者は、「規制で守ってください」と嘆願する一方で、自社の経営体質改善を図り、来るべき自由化時代への備えを着々と進める。で、その備えが整った段階で、「自由化は世の趨勢であります。やむを得ません」と言い出す。そして、蓄えた力を存分に発揮して、弱小企業・体質改善の遅れた企業のマーケットを食い荒らし、自社はますます繁栄していく、、、ものなのだ。まあ、企業社会の歴史というのは、だいたいそうなっていて、新聞業界も例外であるはずがない。

話が少しそれてしまったが、私が言いたかったのは、そんなことではない。すでに多くの人が指摘しているけれど、そのリクツの中に「いくら何でも」と思わせるものが多々潜んでいるからだ。
最たるものは、「新聞販売が自由化されると、宅配制度が維持できなくなり、大企業の寡占がさらに進み、自由な言論が失われる」というものだ。言葉の表現に差異はあるけれど、経営者側も新聞労連側もほぼ同様の主張を繰り返している。しかし、このリクツを聞かされるときほど、情けないものはない。同じ新聞業界に身を置く立場として、ため息しか出て来ない。

日本の今の新聞報道の病気は、簡単に言えば、「当局依存」「発表依存」「調査報道の少なさ」「目線が高い」等々にあると、私は常々語っている。その度合いは、おそらく、1990年代初めごろから次第次第に強まり、2000年ごろから一気に増した。言論の多様化など、どんどんどんどん減ってきた、、、それが実感だ。一方では、事件や事故を過剰なまでにセンセーショナルに扱う傾向が、それこそ画一的におきている。そのへんの「仕組み」みたいな話は過去に何度も書いたので繰り返さない。

■もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2006-05-06 22:59 | ★ ロンドンから ★ | Comments(6)