ブログトップ

ニュースの現場で考えること

英国では、まったく見事なほどに、何でもかんでも、のんびりしている。「時間の流れが違うよ」とか、「サービスの概念が日本とは雲泥の差なんだ」とか、出国前に友人・知人から、よくそういう話を聞かされたのだけれど、実際その通りなのだ。

自宅に入居した早々、玄関のカギが外側からロックできなくなる、という「事件」があった。で、そのカギが簡単に直らない。別に特殊なカギでも何でもなく、どっちかと言えば、防犯上は「?」が付きそうなカギだけれど、結局、修理に3日ほどかかり、その間は外に出るに出られず、いわば「軟禁状態」になってしまった。すぐ近所のピザ屋に出前を頼むと、約1時間半。「電話で催促したら『いま出ました』とか言うのかな、日本の蕎麦屋みたいだな」などと考えているところに、ようやく到着した。

ロンドンでは地下鉄の子供料金(11歳以下)が4月2日から無料になった。ところが、その案内が、開始日に最寄駅のどこにも掲示されていなかったのである。「子供無料」のポスターやリーフレットが置かれ始めたのは、4月15日過ぎだったように思う。その間は、たぶん、多くの人が子供用のきっぷを買って乗っていたんじゃないだろうか。

英国では、日本の感覚からすれば、「ううむ」と思うようなことが結構起きているらしい。私自身の体験ではないけれど、トップニュース級は「預金残高がいつの間にか減ってしまっている事件」。おそらく、どこかで口座番号や暗証番号が盗まれてのことらしい。数万円単位の預金減は、ほんとうにしばしばあるらしく、「私もやられた」という話は随分聞いた。英国の知人に「どういうわけだ?」と聞くと、「でも銀行に言えば、だいたい戻ってくるよ。おれの父は数千ポンドやられたことがあるけどね」と。彼に言わせれば、銀行口座よりクレジットカードが問題らしく、「車を買われてないか、時々チェックした方がいいよ」などと言うのだ。真顔で。

コンビニの棚が一列、何の商品も並んでいないことも珍しくないし、地下鉄はしょっちゅう止まる。先週は2日連続で、帰宅で載っていた地下鉄が途中駅で行き先が変わってしまった。インターネットをつなぐのに三カ月かかった人もいる。

「この国で日本の宅急便みたいなサービスを組織できたら、大金持ちだな」とか、「その日のうちに修理に行きます、を家電やパソコン、自動車販売に導入したら大成功間違いなし」とか。そんなことをつらつら考えるのも、なかなか楽しいけれど。
by masayuki_100 | 2006-04-24 06:17 | ★ ロンドンから ★

英国人の「新聞好き」は、聞いていた通りのようだ。宅配で新聞を取る人はあまりいないようだけれど、街角や駅前の店やスーパーでは、「紙」の新聞があふれ返っている。それも、各紙の見出しがきちんと見えるように、置いてあるのだ。日本のキオスクなどでは、1面の見出しが全部見えないように、タテに円筒に近い形で積み上げてあって、見出しは少々見づらいが、こちらはそうではない(ほとんどの新聞の判型がタブロイドだという事情もあるのだろうけれど)。

それに、電車内でも、みんなよく新聞を読んでいる。携帯電話の画面を見つめる人が多い日本とは、その点も違っている。英国経験が豊富な方にとっては、どうってこともない風景だろうけれど、英国が初めての私には、かなり新鮮である。

紙面もかなり個性的だ。最近、私が驚いたのは、4月8日付のインディペンデント紙。イラクのテロのカラー写真を一面でデカデカと扱い(タイムス、フィナンシャルタイムスなどを除き、だいたいがこちらの新聞は一面の写真+見出しの活字がデカイ)、イラク戦争の3年間の現実から、「目をそらすな」と書いた。原文の一部はココにあるが、そのゴシックの部分がいわゆるリード(前文)である。で、この日のインディペンデントの一面は、その写真と前文だけでページを覆い尽くした。

前文は、こうだ。

Iraq three years on: Don't look away.
And don't believe all that our leaders tell us about democracy.
Three years after the toppling of Saddam,
Iraq is a bloody mess.
Yesterday 70 people were killed in an attack on a Baghdad mosque.

イラクの3年間から目をそらすな、そして、われわれの政治指導者が英国民に民主主義を語っても何も信じるな・・・という程度の意味なのだが、日本の新聞では(一部政党機関紙などを除く)、これほどまでに、主義主張を前面に打ち出すことなど、現在では有り得まい。この記事は、Patrick Cockburn さんという記者の署名原稿だけれど、自身の過去のイラク取材などをもとにイラクの現状や米英の介入・責任を真正面から問い、なかなか迫力がある。

■もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2006-04-15 01:04 | ★ ロンドンから ★

北海道新聞ロンドン支局は、ロンドン中心部のMayfair(メイフェア)地区にある。英国はあす14日金曜日から17日月曜日まで、イースター休暇。ふだんの休み前は、遅くまで人が通りを歩いているが、さすがに今日は静かだった。明日からの「民族大移動」に備えて、たぶん、みんな早くに自宅に帰ったのだろう。

ロンドンに到着して、間もなく二ヶ月。ここでは全てがゆっくり進むので、日常の暮らしがなかなかスタートできなかった。でも、日本から船便で送った生活道具、仕事関係の書類なども、つい先週ようやく自宅に届き、やっと、日常が始まろうとしている。

というわけで、このブログもそろそろ、かつてのペースに徐々に戻し、更新頻度も上げていこうと思っています。
by masayuki_100 | 2006-04-14 06:58 | ★ ロンドンから ★