ブログトップ

ニュースの現場で考えること

「火事」で目覚めた朝

今朝は、まだ日も昇らぬうちに、凄まじいサイレンの音で目が覚めた。

大型車の排気音、人が走り回る音、ドタンドタンと何かが閉まったり開いたりする音。大声で誰かが叫び、さらに別のサイレンが近づいてくる。何やら悲鳴のような声も聞こえた。しばらくは、布団の中で夢か現実か、ぼんやりと確かめていたが、どうやら現実である。

ハタと我に返るようにして飛び起き、ベランダに出てみると、わずか数十メートル先の民家が激しい炎を噴き上げていた。そうこうしているうちに、また消防車が到着する。このあたりは、狭い道が入り組んでおり、古い民家も密集している。アパートの3階に住む私が見下ろす先では、消防士の方がマンホールを開け、懸命に消火栓とホースを繋いでいる。その間にも、火勢はさらに強まったように感じた。軒を接した隣の家に燃え移るのではないか。そう思っているうちに、また消防車が到着した・・・。

実際にこの目で火事を見たのは、十数年ぶりだと思う。先日、「駆け出し時代のことなど」で私の初任地のことに触れたが、記者に成り立てのころは、とにかく「現場」に行った。事故も海難も事件もあったが、初任地の小樽で一番印象に残っているのは、「火事」である。

街でサイレンの音を聞くと、小樽市消防本部の指令に電話をかけ、場所を聞き、すぐにそこへ走る。消火活動が始まっていないうちに着くこともあったし、消えかけてから着くこともあった。消火活動中にケガをされた消防士も目の当たりにしたし、住んでいた人が遺体になって運ばれる場面にも遭遇した。とにかく小樽は火災が多かった印象がある。ある年の春、中心部の商店街で昼間に7-8軒が燃える大火事があった。その夜、今度はすぐ近隣で、同じくらいの大火事があった。昼間にさんざん火事の取材をした後だったので、夜に消防車が次から次へと走り始めたとき、「まさか、またあそこで?」と思ったものだ。

そういう現場に立ち会うと、消防士の方はすごいな、と思った。炎に包まれた構造物が落下する中、炎の中に飛び込む。人を救助するため、危険を顧みずに作業を続ける。消防士さんたちの訓練も何度か取材したことがあるけれど、まさに命懸けである。「職業に貴賎は無い」と言う。それはその通りかもしれない。しかし、いわゆる「掛け声」だけの世界ではなく、文字通り、本当に命懸けの仕事はある。

■続きを読む・・・
by masayuki_100 | 2005-11-30 12:22 | ■2005 東京発■ | Comments(1)

「Grip Brog」さんが試みている「新しい報道メディア」設立の動きは、過去にも私のブログで取り上げた。その後の途中経過報告では、弱気になったり、猛進したり、その日の泉さんの動きが丁寧に綴られていて、なかなか面白い。しかし、もっと面白いのは、そのコメント欄に並んだ書き込みである。

何がどう面白いかは、実際にそれを読んでもらうのが一番いい。受け止め方も人それぞれだろうし、私自身が面白いと思った部分を押し付けるつもりもない。それを前提に書けば、最近、一番面白かったのは「金と暴力」という泉さんのエントリに対する書き込みである。

フリージャーナリストの古川利明さんは、<ジャーナリズムも含めて、「表現する」という行為の根底には、「孤独になりきる」というのが、必須条件だと思います。「群れたい」とか「誰かに頼りたい」という甘えを断ち切ることからすべてが始まると、私は考えています。泉さんが始めようとしているビジネスに、私などがとやかく言える資格も義理もないのですが、ブログでだらだらと愚痴を並べ、それにちやほやと甘言を書き込んでいる読者(=アクセス者)の姿を見るにつけ、いつも「?」と思います>と書いている。

なかなか辛辣だが、要は泉さんに対して、「あなた自身は表現者として何をどう書きたい・報じたいのか」という問いかけなのだと思う。いわゆる書き手の「立ち居地」問題である。それが明確でなければ、或いはゼロならば、どんな立派な仕組みを構築しても極端な場合、中身はカラッポということもあるのではないか。。。そういう疑問だとも読み取れる。

その後、いろんなコメントが続いた後、「村田」さんがこう記した。<GripBlogさんには沢山のブロガーが元気を貰っている。管理人は、泉あいさんであるが、GripBlog=泉あいさんではない。コメントやトラックバックを含めた「開放系」ではないかと思う。そういう位相に、ネットやブログはあるのでは! 管理人としての立場では、しばしば「孤独」を感じることはあると思います。
しかし、「開放系」を目指そうとしている「GripBlog」(その延長としての報道メディア計画)は、泉さん個人を超えたものを目指しているのでしょう。元気を貰ったブロガーが、「頑張って」「期待しています」「出来る事は応援します」と、元気を返す。それで、いいのではないでしょうか>


泉さんの心情に言及した部分もあるけれど、「村田」さんのコメントの肝要は「開放系」である。従来の新聞や雑誌、テレビには編集長・デスクといった役職の方が居て、ニュースの価値判断に重要な役割を負っていた。この「役割」は、報道内容の視点・切り口・立ち居地といったものばかりでなく、表現方法・言葉遣い・分量等々という表現技法に関するものも含まれているのであって、簡単に言えば、報道の「事務局長」「元締め」みたいなものだったと思う。だから、当たり前の話だが、「元締め」が「OK」と言わないと、ニュースはニュースとして外に流れませんよ、という世界なのだ。これに対し、「村田」さんの言う「開放系」とは、つまるところ、こうした「編集機能」を極力分散させましょう、ということなのだと思う。

■もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2005-11-27 15:48 | ■ネット時代の報道 | Comments(9)

駆け出し時代のことなど

相変わらずパタパタと忙しく、夜はいろんな方と連日のように遅くまで飲む日々が続いている。昨夜は文字通り、北は北海道から南は沖縄までの地方紙、それに通信社の方々(主に営業・広告・メディア部門)が集まる会合が東京・丸の内であり、夜は酒席に流れた。昼間の会合できちんと話すのも大事だし、その延長線でわあわあと飲むのも楽しい。

で、その席で、駆け出し記者時代のことが話題になり、当時のいろんなことを思い出した。私が北海道新聞社に入社したのは1986年4月である。もう20年近くも前の話だ。

20日間ほどの研修を終えて赴任地の小樽に1人到着し、上司の方々に挨拶すると、そのうちの1人が「おめえ、挨拶くらいはできるみたいだな」と言う。本当に「おめえ」というのだ。この人はかなり怖いデスクで、私はその後、心の中でひそかに「おめえのデスク」と呼んでいた。

「でな、君の担当は水族館だから。市役所の記者クラブに席は置いてもらうが、担当は水族館だ」。事件事故の修羅場や深層・潜行取材が明日から始まるものと思い込んでいた私は、かなり拍子抜けした。新聞記者に関する本や映画に事前に触れすぎ、想像が膨らみすぎていたのかもしれない。

当時も今も、「おたる水族館」は北海道随一の、そして全国でも指折りの水族館である。でもなあ、水族館かぁ、取材の相手はトドさんやペンギンさんかぁ・・・半ば戸惑い、その後はヒマさえあれば水族館に通う日々が続いた。私にも意地みたいなものがあって、「水族館担当」と言われた以上、これでもかこれでもか、と思うくらい水族館の記事を書いた。内容はもう明確には記憶していないが、「ペンギンの赤ちゃんが生まれた」「ラッコが大人気」「イルカが芸を特訓中」とか、そんな感じである。何しろ、おたる水族館は道内随一の施設なのだ。1種類ずつ取り上げても、数ヶ月は持ちそうな感じである。

もちろん、書いた原稿は次々にボツになる。このデスクはとにかく怖く、厳しい人だった。当時は紙の原稿用紙にペンで書いていたのだが、出来た原稿をデスク席に持っていくと、サーっと見ただけで、デスク席脇の大きなごみ箱にポイされる。「あの、どこが悪いんでしょうか?」と聞くと、「そんなことは自分で考えれ!」。何回かそんなことを繰り返したあとで、ようやく、「やっと分かってきたみたいだな」と言ってくれるのである。

1年くらいたったころ、こんなこともあった。

■もっと読んでみる・・・
by masayuki_100 | 2005-11-27 12:13 | ■2005 東京発■ | Comments(7)

少し前の週末、大学時代のゼミのOB会があり、懐かしい面々と久しぶりに歓談した。私はそのゼミの一期生だったが、すでに後輩は数百人。OB会がホテルの立食で行われるようになり、まさに隔世の感があった。1次会、2次会・・・と続き、朝の5時まで飲んでしまったのである。学生時代に戻っての「激論」が8時間以上も続いたのだから、まあ、楽しくないわけがなく、時間を忘れてしまった。

で、そんなこんなでブログを放置していたら、「踊る新聞屋。」さんや「いいげるブログ」さんに、相次いでこんなエントリやあんなエントリが。要は、小泉首相批判を展開するブログが最近、全く更新されておらず、メールを送っても反応がないこと等から、「その主は消されたのではないか」といった憶測が生じている、という話なのだ。私も10日以上放置していたから、「あいつにも何かあったか?」と思われてたらマズイので、そんなことは思ってもいない人ばかりでしょうが、エントリを急遽、立てることにしました。前回も書いたように、時々、叫びたくなったりしますが(笑)、私は無事です♪

今宵、書いておきたいことは、たった一つ。前回のエントリ「結局、個人なのだ。」に対して、as3450さんから長いコメントをもらった。その中に、以下の文章がある。

Commented by as3450 at 2005-10-31 09:26 x
以前、高田さんもおっしゃられていたように、韓国のオーマイニュースのようなメディアの形には、私も限界があると思います。調査報道のようなものをすすめていくためには、やはりプロのジャーナリストの存在が必要不可欠だからです。しかるに、プロがなぜ動けないことがあるかというと、それがまさにプロ(それで生計を立てているという最低限の意味において)だからなのですね。


プロだからこそ、なかなか動けない・動かない。as3450さんのこの指摘は、(内容は脇に置くとして)組織の改革や自浄作用がなかなか働かない根源的な理由を、ものの見事に言い当てている。メディア企業は(もちろんメディア企業に限らない)たぶん、図体がでかくなりすぎて、組織内部の官僚化が進み、それが原因で、なかなか改革に踏み出せないでいる。私はそれが報道が抱える種々の根本にあると思っている。

「上昇気流なごや」の磯野さんが、集英社新書の「ご臨終メディア」を読んだ感想を書かれ、その中で、「旧来からのイメージで批判しているような印象を受けた。これだと、新聞の人間はそれほどこたえないのではないか」と記されている。同書の中には、いくつかの「?」があるけれど、あの本に書かれている内容に対して、メディア企業内では恐らく、皮膚感覚で「そうだ、その通り」と言える人と、「いや違うな」と言える人と、に分かれる。で、双方の溝は、どうしようもないくらいに広がっていて、しかも後者の人は溝の存在自体に気付いていない、或いは過小評価しているのではないか、と思えてならない。

既存のメディア企業の病気は、例えば、記者クラブ改革を行って治癒するようなものではない。情報談合組織の記者クラブは改革しなければならないけれど、それはメディア企業が内包する「官僚化」の病気を前にすれば、大きな問題とは思えなくなってくる。目線が読者ではなく社内に向き、取材部門ですら前例踏襲が蔓延し、改革への決断・責任は放棄され、その日その日を大過なく過ごすことが根付き、そういう漫然たる日々の中で、病気はますます進行していくのだろう、と思う。

今週金曜日のシンポジウムでは、休暇を取ってパネリストの1人として参加するが、前述したような話も含めて、少しでも前向きの話をしたいと考えている。
by masayuki_100 | 2005-11-10 04:10 | ■2005 東京発■ | Comments(16)