「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

ニュースの現場で考えること

まだまだ引越し荷物が片付かず、雑多な作業に追われているうちに、こんなニュース。各紙がこぞって報道していました(下記は共同通信)

実名でのネット活用促す 総務省「悪の温床」化防止

 総務省は27日、自殺サイトなど「有害情報の温床」ともいわれるインターネットを健全に利用するために、ネットが持つ匿名性を排除し、実名でのネット利用を促す取り組みに着手する方針を固めた。匿名性が低いとされるブログ(日記風サイト)やSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サイト)を小中学校の教育で活用するよう求め、文部科学省などと具体策を詰める。
 今週初めに発表する総務省の「情報フロンティア研究会」の最終報告書に盛り込む。
 国内のネット人口は増加する一方だが、匿名性が高いために自殺サイトの増殖や爆弾の作製方法がネットに公開されるなど、犯罪につながる有害情報があふれている。総務省はそうしたマイナス面を排除し、ネットを経済社会の発展につなげていくためには、実名でのネット使用を推進し、信頼性を高めることが不可欠と判断した。


これまでに何度か記したが、どうじてこうも「匿名性の排除」にこだわるのか。爆弾製造方法がネット上に公開されるなどの「有害情報排除」を一義的な目的だと総務省等は言っているらしい。仮にそうした説明に悪意はないにしても、「実名」にこだわれば、自由なネット議論は相当にやりにくくなるのではないか。実名で真に忌憚なき意見交換ができるほど、この社会は成熟していないと思う。そもそも、その人の宗教や思想信条、社会的政治的立場等々だけでなく、「いついつどこの温泉に行った」式の日記に至るまで、なぜ、「実名」である必要があるのか?

匿名にすると、どうしようもない無責任なコメントやトラックバックが来る、との意見をしばしば目にするけれど、その種のことはネットに限った話ではない。現実社会でもしばしば生じることだし、ネットは現実の延長(というか一部)でしかない。だから、匿名のコメント等を受けたくない場合は、それを拒否する形のブログ等を作成すれば済む話ではないか(技術的なことは良く分からないが)。

匿名を選ぶのか、実名を選ぶのか。それはその当人が種々の条件を踏まえて自分で判断すれば良いことであって、そこで流れる情報に対する反応・読み方・真偽の判断等々も、それぞれの個人が見極めれば良い。そうした自由こそが、基本的な条件のように思う。「実名」は必ずしも「信頼性」と一致しないし、逆に匿名でしか発言できない人を排除していく形になりはしないか、と危惧する。

だいたい、そういうことになんで国が出てくるのか、と思う。やっぱり、「規制」「指針」みたいなものを増やして、それに伴って「権限」を増やしたい?


★★★。。。というわけで、札幌での「札幌から」はこれで終了です。「そのとき、記者は逮捕された」等のエントリにずいぶんコメントをもらいましたが、引越し準備等に追われ、きちんと読む時間もありませんでした。東京に行き、落ち着いたらブログは再開する予定です。種々のコメントに対する私の考え等もその後に。。。でも、暑そうだなあ、東京は。
by masayuki_100 | 2005-06-28 15:31 | |--世の中全般 | Comments(7)

捜査用報償費が執行停止となった宮城県警で、県警側は今も、報償費の使途を明らかにすると、「捜査協力者に迷惑がかかる。捜査上の秘密だ」という主張を繰り返しているらしい。宮城の場合も「そうだ」とは断言しないが、この2年近く、北海道、高知、福岡等々で明らかになった「捜査費(国費)」「報償費(都道府県費)」の不正の大きな特徴は、警察が言うところの「捜査協力者」など存在しなかった、という事実である。

報償費や捜査費はいずれも、捜査に協力してくれた市民への謝礼や、市民と会った際の経費(喫茶店代や食事代など)に使う。それが本来の目的であり、支出関連書類には、その協力者の名前を書き、現金を謝礼として渡した場合はその相手の直筆による領収証などが必要とされている。これが、どの都道府県警察でも、共通の会計処理の方法だ。

ところが、この協力者の名前はほとんど全部が架空だった。警察内部で電話帳などから拾った名前を勝手に使い、架空の書類をつくり、領収証を偽造し、カネは外部に支出したと装って、手元に溜め込んでいく。で、正規の会計書類の内容とは全く別の用途に使用していたのだ。簡単に言えば、これが裏金づくりの図式である。

だから、会計書類を精査すると、出てくるのは「架空の捏造した協力者」であり、勝手に名前を使われた市民の氏名である。「協力者に迷惑をかける」ではなく、「勝手に名前を使ったことがバレてしまい、その無関係の市民に迷惑をかける」が正しいのではないか。元釧路方面本部長の原田宏二氏はじめ、今では多くの方々がこのからくりを明らかにしている。国会では警察庁幹部も実名を書かない習慣があると答弁している。

本当の「捜査協力者」は、現場警察官が汗水たらして発掘・確保し、たいていは自腹を切って繋ぎとめてきた。そして、本来はそういう現場警察官こそが使うべき捜査費や報償費は、幹部が本来の目的を離れ(=議会が決めた使途を無視して)自在に使途を決めてきた。だから、現場警察官はギリギリのやり繰りをせざるを得無かったし、そこに浅野知事も「疑問」を感じたのだと思う。だから、会計書類をひっくり返しても、真の意味での協力者に迷惑がかかることなど、まず、有り得ないだろう。困るのは、そういう虚偽の説明を続けてきた警察の幹部ではないか。
by masayuki_100 | 2005-06-24 17:14 | ■警察裏金問題全般 | Comments(9)

度肝抜かれました!

7月から報償費執行停止 宮城県知事、県警通知  (共同通信) - 6月24日11時33分(以下ゴシックは引用)

 宮城県警の捜査報償費問題で、同県の浅野史郎知事は24日、「適正な支出が確認できない」として、2005年度の報償費(県費)予算のうち7月からの配当分などの執行を停止することを文書で県警に通知した。
 北海道警など全国で警察の裏金問題が相次ぐ中、報償費予算執行停止は初めて。「不適正な支出はない」との立場の県警側と「不正経理の疑いが強い」とする知事との対立は決定的となった。
 同県の05年度当初予算では、県警が要求した3000万円から700万円減額された2300万円を計上。4半期ごとに配当され、浅野知事は7月以降に配当される予定だった940万円の執行を止めるとともに、4月に配当した1360万円のうち未使用分の支出停止を命じた。
 予算の執行は知事の権限で、議会の議決などは必要ない。



執行停止! なんと凄まじき決断でしょうか? 知事の権限は絶大だ、ということを思い知らされます。そして、警察と全面対決する「勇気」がまだすごい。
by masayuki_100 | 2005-06-24 14:45 | ■警察裏金問題全般 | Comments(2)

前回の「そのとき、記者は逮捕された」の続きです。

この前のエントリで、事実関係を思い切りボカして書いたのは、「ソースとの信義の問題」があるからだ、と説明しました。それは今も変わりません。ただ、もう少しだけ補足しますと、以下のようなことあったようです。ただし(4)は判然としない部分もあります。


(1)当該記者が取材しようとしたのは、政府高官に金品を贈ったとされる人物だった。

(2)記者がインタホンを押した際、その人物も含め誰も居なかった。その人物はすでに警察の聴取を連日のように受けており、警察に囲われる形でずっと別の場所に居たらしい。住居侵入の被害届けは、警察からの要請によって実現した可能性がある

(3)当該記者が「警察担当から外す」といわれたのは、「逮捕」の翌日で、その後、数週間、本人は半ば強制的に休暇を取らされ、その間に社内で「処分」されたらしい。処分を決めるに際し、社内で弁明の機会は無かったらしい。

(4)警察記者クラブに当該記者が出てこなくなった際、そのクラブでは記者が担当を外れた理由について、全く別の、事実無根の「ウワサ」が流された。


ということで、もうこれ以上、私がオープンな場で付け加えることはありません。いくら私が具体的に事実関係を承知しているつもりでも、どこかに齟齬がある可能性もゼロではありませんし、詳しく書くと匿名にする意味がありませんので。。。結局、あとは、当該記者本人、およびこの会社の編集幹部がどう説明するかだと思います。
by masayuki_100 | 2005-06-24 14:22 | ■社会 | Comments(29)

昨日6月21日、政府税調が個人所得課税のあり方を報告書にまとめた。あちこちで大きなニュースになっているので、ご覧になった方も多いと思う。そして、その内容は予想通り「サラリーマンの増税は避けられない」が基調となっている。

この手のニュースを耳にするたびに「政治の責任はどうなったのか」と思う。そもそも現在の気の遠くなるような政府長期債務残高は、バブル崩壊後に、与党自民党が中心になって、次々と打ち出した景気対策が根底にある。一九九一年度末に百七十一兆円だった国債発行残高は、2000年度末までの十年間で倍以上に膨らみ、その年度の末には三百八十九兆円に達した。

ちょうどそのころ、私は東京で財政担当の記者で、政治家や官僚に「これはそもそも景気対策の失敗のツケではないか。ばらまき型の減税や公共事業を繰り返した結果であり、社会保障や地方交付税といった種々の制度の欠陥・疲労が直接的に赤字を増大させたわけではない。失政の責任をうやむやにして、同じ与党が『構造改革』を叫ぶのはおかしいのではないか」と何度も問うたことがある。膨大な財政赤字をつくった90年代の経済財政政策は、間違いなく、自民党が推進したのであり、いまの小泉首相や有力閣僚、有力議員たちも、景気対策をこれでもかこれでもかと盛り込んだ各年度の補正予算案等には、間違いなく「賛成」していたのだ。

もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2005-06-22 18:53 | ■政治・経済・国際 | Comments(3)

ほうき星、1976年春

このところ毎晩、送別会が続いている。一晩に宴会が2つ、という日もあって、お誘いは本当に有難いと思う。で、ブログの更新も連日、こんな時間になる。

「こんな時間」ということで言えば、30年ほど前の「ほうき星」を思い出す。昨晩の夏至の話のときにも書いたのだけれど、私はかつて星が大好きで、本気で天文学者になりたいと思っていた。そんな時期に見たのが、ウエスト彗星という名の大彗星である。あれは、3月だった。郷里の南国・高知もまだまだ寒く、でも、途方も無い大彗星が接近しているという話を星好きの友人たちから聞き、私は興奮して夜もよく眠れなかった記憶がある。

その夜は、興奮して眠れなかったのに、明け方が近づいたとき、つい、うとうとしたのだと思う。目覚ましに気付かず、しかし、突然、ガバッと目覚め、布団から飛び出した。そして、窓に駆け寄る、、、、、たぶん私は、あんな夜明け前の空は、もう二度と目にすることが無いと思う。

空は少しだけ白み始めていた。二階の窓から身を乗り出すと、すぐ近所の蔵の屋根瓦はまだ黒い夜の中にある。その屋根瓦の向こうの空に、明るくサーチライトのような光が立ち上がっているのだ。彗星の、見事な尾である。頭の部分はまだ瓦屋根に隠れているのに、尾だけでも眩しいほどだった。

大急ぎで着替え、私は裏手の山を駆け上った。。。。そのときの様子を何と表現すればいいのだろうか。上で紹介したアストロアーツのページには、当時の様子が見事な写真で残されている。私は大げさでなく身震いした。黒色からブドウ色、白色から朱色へと、グラデーションのように色が変わっていく朝焼けの中に、白色とも金色とも付かぬ彗星が視界いっぱいに広がっていたのだ。裏手の山には写真機材も持って上がったのに、その日は、ほとんどシャッターを切ることも無く、ただただ荘厳な姿に見とれていた。

湖や大きな池のある場所に立ったとしよう。風の無い夜なら、月が水面に映る。暗い場所なら明けの明星や宵の明星も映る。北海道の東部の然別湖北岸は、風の無い新月の夜なら、天の川を湖面に映し出すという。。。ウエスト彗星も、近所の池に大きな姿を見事に映し出していた。空に、地に、彗星は長い尾を曳いていた。

今年の春は、6年ぶりくらいで、実家のある高知に帰省した。私の住んでいた家はそのままだが、二階から身を乗り出したときにウエスト彗星の頭を隠していた蔵は、もう、なくなっていた。確か、前回の帰省の際は、まだ堂々たる白壁があったのだが。あの大きな池も、あろうはずがなかった。

最近は空を見ることも、ほとんどなくなった。ずいぶん、遠くに来たな、と思う。
by masayuki_100 | 2005-06-22 03:49 | ■時計台(日記です) | Comments(0)

(以下は実話である。もちろん、肝心の要素はいくつかボカシている。ここに記すかどうかということ自体で、ずいぶんと悩んだ。しかし、こうした「事件」を闇から闇へと追いやることは、決して得策ではないし、日本のメディア全体の問題なのだ)

昨年秋のことだ。

道外のある警察記者クラブに所属する30代の記者が、ある夜、事件関係者の自宅に取材に出掛けた。警察による立件が間近に迫っていた時期だ。

時刻は午後7時半ごろ。記者が玄関のインタホンを押したが、返事がない。そこで、しばらくインタホンを押したり、少し中を伺うようにしていたという。そのとき、どこからか民間警備員がやってきた。何をしているのかと聞かれたものの、それを説明すればその家が事件関係者だと分かってしまう。すると、警備員があらかじめ呼んでいたのか、ほどなくしてパトカーが2台到着した。バラバラと警察官が降りてくる。

その記者は警察担当であり、いわば「仲間意識」で警察官に事情を話し、記者証(通行証)も提示した。ところが、警察官は「ちょっと、来るだけ来てもらえないか」と言う。そして記者は、警察署にパトカーで同行した。たぶん、それが夜8時過ぎだった。署内で記者は時折、談笑もしたと言い、険悪な雰囲気は何も感じなかったらしい。

ところが、その後、警察官は調書を取り始めた。そのうち、「住居侵入で被害届けが出た」と知らされた。完全に「被疑者」としての扱いである。「帰ろうと思えば帰れたと思う」と記者は振り返るが、一方で「それを言い出せる雰囲気ではなかった」とも言う。何回か調書を取り直し、これでいい、という段階になったのは、午前3時過ぎだったと記者は記憶している。部屋(取調室?)から出て行くと、署のロビーにデスク(上司)が居た。特段の抗議もしなかったらしい。「きょうはこんな時間になったから、出社は午後でいいよ」と言われ、記者は帰途についた。

もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2005-06-21 08:28 | ■社会 | Comments(68)

週2、3回しか登庁しない石原都知事については、読売新聞の土曜茶論でも特集が組まれていました。なかなか面白く読んだのですが、以下はこの件に関する石原知事の会見録の抜粋です。

石原知事定例記者会見録 平成17(2005)年6月3日(金) 15:00~15:38 <以下は抜粋>

【記者】昨日の都議会で、知事は週2~3回しか登庁しないという批判に対して、そのほかは庁外で仕事をしているとおっしゃられたんですが、とはいえ、まだ誤解は解けていないと思うんですが、もう少し詳しく言って下さい。

【知事】君らだって、毎日毎日この記者クラブに来て取材ができるのか。毎日毎日同じ机に座っているのが能じゃないだろう、やっぱり。都庁にいてできない仕事はたくさんあるよ。余り馬鹿なこと言わない方がいいよ、本当に。新入社員じゃあるまいし。


その後、記者からは切り返しの質問はなかったようです。「君らだって、毎日毎日この記者クラブに来て取材ができるのか。毎日毎日同じ机に座っているのが能じゃないだろう」という部分については、知事の完勝ですね(^^;
by masayuki_100 | 2005-06-21 05:49 | ■注目ニュース(^^; | Comments(0)

夏至の朝

午前3時45分。

太陽こそ昇っていませんが、夏至の朝は、今まさに明けました。

きょうまで、日本のあちこちでは、100万人のキャンドルナイトなどという催しもあります。

こういう朝は、なぜか、伊藤正孝さんの著書「ビアフラ」の冒頭を思い出します。私は名著だと思っていますが、あの本は「クリスマスの短い夜が明けようとしていた」という書き出しで始まるのです・・・・。

私は札幌の西部、小樽市に近いところに住んでいますが、海が近いせいか、けさは、街全体が薄い霧に覆われたような感じです。しかも、札幌の感覚では「田舎」みたいなところで、なんだか啼いている鳥の数もずいぶんと多いようです。私はかつて星が大好きで、一時は天文学者になりたいと思ったくらいですが、残念ながら、鳥のことは全く詳しくありません。いま、耳を澄ませて聞いてみたところ、おそらく10種類以上の声は聞こえています。こういうときに、あ、あれは○○○だ、あっちの声は△△△だ、とか、そうやって言えたら、とても楽しいでしょうね。
by masayuki_100 | 2005-06-21 04:00 | ■時計台(日記です) | Comments(4)

その筋では有名な論談同友会のホームページ。そこの「目安箱」の6月15日付記事(と言っても「差出人不明」らしい)によると、今度の7月1日付人事異動で、私は東京に「左遷」だとか(^^;  この記事が出た後、何人かの知人にそれを教えてもらい、本人は少し落ち込みました(笑)。

どの組織でも、当たり前の話ですが、転勤・人事異動は付き物です。それは定期的にやってくるし、私も「異動適齢期」でしたし。仮に、ある社会事象を血眼になって追いかけている最中だとしても、それは前任者から後任者へ、後任者からさらにその後任者へとバトンタッチされていくのです。当たり前ですが、それが組織というものだし、新聞社も例外ではありません。

「追及・北海道警『裏金』疑惑」「日本警察と裏金」(いずれも講談社文庫)の「あとがき」等でも記したように、今のメディアの最大の問題は、権力との親和性が強くなりすぎて、事実で持って権力の行動に疑義を唱える報道がめっきり少なくなり、反対に「広報記事」「官依存取材」「発表ジャーナリズム」等の色彩がいっそう強まってきたことにあると、私は考えています。権力を持っている人たちは、いつも都合の悪い情報は隠し、都合よく情報を流し、自らの統治や利益を永続させようとします。組織や機構とは、そういうものなのでしょうし、そこに腐敗の根と芽はあります。

だから、私は「ここで自分たちが掘り出して来ないと永遠に埋もれてしまうもの」、そういったものを引っ張り出してきて、テーブルの上にぶちまける、それが本来の報道のあり方だと思っています。そうやって考えると、どこに居ても、どの部署に居ても、取材すべきことは山のようにあるのです。目の前に。
by masayuki_100 | 2005-06-21 03:41 | ■このブログについて | Comments(0)