ブログトップ

ニュースの現場で考えること

<   2005年 04月 ( 26 )   > この月の画像一覧

3度目になるが、JR西日本の列車事故について、また少し書いておきたい。

以前のエントリ、「ふるさと銀河線、消える」にも書いたが、私の父は国鉄マンだった。最後は、高知県の名もなき駅(駅員3人)で退職した。その父もやはり国鉄の優秀さは自慢だったようで、「日本の国鉄は世界一正確じゃき」とよく語っていた。

今はどこに行ってしまったか、分からないが、当時、父は国鉄の懐中時計を常に持ち歩いていた。文字通りの「手のひらサイズ」で、耳に当てると、チッチッと秒針の小さな音がする。銀色の蓋が付いており、裏側には確か、「JNR」「日本国有鉄道」の2種類の文字が刻印されていたように思う。セイコー製で、それが、世界に正確さを誇った「国鉄」の象徴だった。

だが、尼崎の事故の後で思えば、あの正確さは、なんと言うか、ある種の牧歌的な環境の中でこそ、可能だったのではないかと思えてくる。。。。駅員がホームで懐中時計に目を落とす。乗客はとっくに乗車・降車を済ませている。後続の列車がすぐ真後ろに迫っているわけでもない。列車自体が急加速できるような性能を持っていないし、運転席には2人も乗務している。やがて、発車時刻が近づく。駅員が笛を鳴らす。。。そんな環境だったのだ。

あのころ(昭和50年代後半ごろまで)は、そんな感じだった。四国やその他、田舎だけの風景だったのかもしれない。都会はその当時も、とっくに、今みたいな「過密ダイヤ」だったのかもしれない、とは思う。でも、「210.153.236.31 」さんが、私の前回のエントリ「JR西日本の事故と、いくつかの数字、過去記事」のコメント欄で教えてくれたJR宝塚線(福知山線)の変貌ぶりは、やはりすさまじい。数字を見ていると、息をのむ。

(以下、コメントから引用)

↓平日データイムのJR宝塚線上りにおける並々ならぬ努力の例

a. 列車本数増発
  1987年 毎時03本 平均時隔20分(各停3)
  2005年 毎時10本 平均時隔06分(各停4,快速6 特急は除く)
b. 所要時間短縮
  1987年 宝塚→大阪約30分(各停)営業最高速度110km/h(105?)
  2005年 宝塚→大阪約22分(快速)営業最高速度120km/h
c. 運転系統見直し
  1987年 大阪行のみ
  2005年 ↑+京都線・学研都市線への乗り入れ+快速の設定


乗客が速さと安さを求めた結果か、会社がそのような利便性を売り物にした結果か、それは人によって見方は異なると思う。しかし、このような「結果」は、厳然として、そこにある。そして、JR西日本では、「1秒」単位で運行を管理していた(つまり1秒単位で列車運行にかかわる人間を管理していた)というニュースに、愕然としてしまう。

もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2005-04-28 18:54 | |--世の中全般

JR西日本の列車事故については、いろんなことが気になる。大げさかもしれないが、今の日本がどこに行こうとしているのかも、おぼろげながら見えるような気もする。昨日と同じで、何ら確証はないが、どこかで大きなものが悲鳴を上げているような、、、そんな落ち着かない感覚がある。

近畿運輸局のHP内で「京阪神」の鉄道旅客推移のグラフを見ていたら、平成7年から12年にかけ、年間旅客数は、JRが13・5億人から13・8億人とほぼ同じ数字を維持しているのに対し、民鉄(地下鉄を除く)は26・4億人から23・2億人と、3億人以上も減らしていることに気付いた。

この数字は並々ならぬ努力の結果だろうと思う。JRと阪急等の民鉄との競争。その激しさは想像に難くない。今回の事故後、どこかのメディアでは、宝塚方面の旅客は、ここ10年でJRの比率が2桁以上伸びた、と報じてもいた(確かな数値は失念)。

そして、以下の記事を読む。6年半も前の報道である。

止まらないミス、止まらない JR西日本「オーバーラン」 

1998.11.26 朝日新聞 大阪朝刊 (以下引用。一部略)

 近畿圏を走るJR各線で、電車が停車すべき駅を通過してしまったり、ホームの停止位置を行き過ぎたりしてしまう「運転ミス」が、八月末以降相次いでいる。大半は「うっかり」ミスとされ、JR西日本は運転士の再教育などに努めているが、特効薬がないだけに頭を痛めている。

 ミスの「集中発生」は八月三十日から始まった。午後九時半ごろ、福知山線猪名寺駅で上り普通電車が、ホームの停止位置から約百七十メートル行き過ぎた。ホームまでバックして約十二分後に運転を再開した。翌三十一日午前八時すぎ、今度は同じ福知山線の中山寺駅で下り普通電車が停車位置から約百三十メートル行き過ぎた。後続電車が迫っていたため、乗降予定者が四十人ほどいたが、そのまま駅を通過して運転を続けた。

 ○20年のベテランも

 四月以降の近畿管内の「オーバーラン」の件数は、今月二十五日現在十七件。実は昨年度同期に比べると一件少ない。異常なのは、夏の福知山線のミス以降、三カ月の間に十三件が立て続けに起きていることだ。十七件を時間帯で見ると、午前五時から十時までが九件、午後五時以降に四件と朝晩に多い。運転士は新人から二十年のベテランまで幅広く、過去にオーバーランを起こした運転士による二回目のミスもある。

 運転士の大半が「一時的に停車駅を忘れた」「一瞬、別の考え事をしていた」と釈明しているが、普通電車なのに「通過駅と勘違いした」という、首をかしげるようなケースも多い。
 中国、北陸などでは、電車本数が少ないこともあるが、四月以降それぞれ三件しか起きていない。首都圏のJR東日本管内でも、短期間でこれほどミスが続くことはなかったという。近畿で、運転士の数が減るといった変化があったわけでもなく、ミスが集中する原因ははっきりしない。

 ○阪神には防止装置

 私鉄はこうしたミスに関して、設備面で対策を早くから講じて効果をあげている。阪神電鉄では、電車が停車駅に近づくと駅前方に設置された「S」字の看板が点滅し、駅の接近を知らせると同時に、速度を自動的に規制する「駅誤通過防止装置」を二十年以上前から整備した。阪神では特急、区間特急、急行、準急など電車の種別が七種類あり、運転士も混乱して一時はオーバーランが相次いだが、この装置を導入した後はほとんどミスは起こらなくなったという。
 首都圏の営団地下鉄銀座線も、五年前から、車両に「定位置停止制御装置」を付けた。停車駅に近づいたことを運転士が気づかない場合、自動的にブレーキがかかる装置だ。

 ○結局は「基本重視」

 JR西日本は、駅に近づくと「停車駅です」という音声が響く「停車駅接近警報装置」取り付けのペースを早めている。各電車区などにベテラン指導員をおき運転台に添乗させたり、停車駅のホームに立つといった対策も講じている。ミスをした運転士には、一定期間乗務させず、マニュアルなどを読み返させる「罰則」もある。それでも人間の注意力に頼る面が大きいことに変わりはない。
 JR西日本安全対策室は「連続発生の原因は特定しにくいが、こうした初歩的ミスが脱線など大事故につながる恐れもある。自動通過防止装置の導入は、システム全体の変更が必要で、費用面から難しい。運転士が緊張感を持って基本動作を徹底すれば防げるはずだ」と話している。


もう一度、JR西日本のコメントを読む。

「連続発生の原因は特定しにくいが、こうした初歩的ミスが脱線など大事故につながる恐れもある。自動通過防止装置の導入は、システム全体の変更が必要で、費用面から難しい。運転士が緊張感を持って基本動作を徹底すれば防げるはずだ」
by masayuki_100 | 2005-04-27 03:07 | |--世の中全般

おぼろげな記憶ですが。

「そんなnewsは犬も食わない」さんが、「ホラ強化システムとしてのマスコミ」というエントリを書かれ、その中で私のエントリを引用されています。「そんなnews」さんのエントリは、コメントが書けないようになっていますので、このエントリを立てました。

北海道新聞の記事についての問い合わせを頂いても、このブログではお答えしないようにしています。このブログ開設間もないころも書いたように思うのですが、ここは会社を代表するブログではありません。私はその立場にはありませんし、会社への質問や公式回答等は、当該セクション(読者センター)を通じてお願いするほかはありません。

そのうえで、旧日本軍の特進制度について、私のおぼろげな記憶で言えば、確か、終戦間際には(ポツダム宣言受諾を決定した8月10日。。。だったかな)、特進制度の改定を行う布告が出て、そののち、多くの兵隊が特進を果たした、という話があったように思います。主には終戦後の恩給をにらんでの措置だったようですが、その布告は結構混乱し、2階級だとか3階級だとか、4階級だとか、いろんなことが、いわば部隊部隊で行われたようです(中国戦線に居た私の父もそんなことを言っていました)。また、終戦前年の暮れ?には、特攻部隊の隊員に対しても、確か、3階級とか4階級があったような。。。

問題とされた記事の筆者とは直接話していませんが、当該の小樽の方は、その当時の記録も残されているそうです(と側聞しました)。

以上、あやふやな話ですみません。(記憶が違っていたら、ごめんなさい。詳しい方が居たら、教えてください)
by masayuki_100 | 2005-04-25 20:01 | |--世の中全般

はっきりとは指摘できないけれど、何か、どこかで、大きく歯車が狂い始めているのではないか。。。本日4月25日に起きたJR西日本の福知山線での列車事故を見ていると、そんな気がしてくる。「根拠は何か?」と問われても、明確なものは示せないのだが。

ただ、例えば少し前に、事故や整備ミス、管制官の指示に従わなかったパイロットなど、日本航空の「安全管理」が大きなニュースになった。そこまでひどくなくても、全日空も同時期、類似のケースが何度かニュースになった。国土交通省のまとめでは、そうした事故等は昨年、2003年の倍近くに達したらしい。

列車も似たような感じがする。少し前は、高知県の土佐くろしお鉄道の宿毛駅で、特急列車が列車止めを突き破って駅の壁に激突した。北海道では、5号館のつぶやきさんが、以前、「事故が多発するJR北海道」「JR北海道:ついに人身事故」というエントリを立てていたように、大きな事故「寸前」の出来事が続いている。

そして、以下のようなニュースがある。

釧路北交も解雇へ タクシー運転手、最低賃金払えず
(北海道新聞HPからの引用。一部略) 2005/04/24 07:06

 釧路市のタクシー会社「釧路北交ハイヤー」(土橋正幸社長)は二十三日、道の地域別最低賃金(一時間六百三十八円)に見合う営業収入を得られない運転手を解雇する考えを、百六人の運転手全員に説明した。二十五日から約半数の運転手と個別に面談した上で解雇者を決める。釧路では同系列の「鈴蘭交通」(同社長)が、最低賃金を払えず二十一日に営業を休止している。
 鈴蘭交通と同様、運転手の給与は、基本的に各自の営業収入の45%という完全歩合制で、一時間に千四百十八円以上稼がないと最低賃金に達しない。(
引用終わり)

おそらく、こうした問題は、根っこが同じなのだと感じる。

もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2005-04-25 13:55 | |--世の中全般

人権擁護法案、大詰め。

人権擁護法案の自民党内での議論が、いよいよ大詰めになったようだ。

(以下、共同通信の配信を引用)

古賀氏に一任と判断 人権擁護法案で与謝野氏

 自民党の与謝野馨政調会長は22日午前、党本部で平沢勝栄法務部会長と会談し、今国会提出をめぐり党内調整が混乱している人権擁護法案の取り扱いについて、古賀誠人権問題等調査会長(元幹事長)が一任を取り付けたとの判断を示した。これにより、同法案は政調審議会と総務会で了承を求める手続きに入ることになり、国会提出に向け前進した。
 同法案については、21日の党法務部会・人権問題等調査会合同会議で、一任を取り付けたとする古賀氏と、平沢氏の見解が対立するという異例の事態になっていた。
 与謝野氏は平沢氏に「会議の座長は古賀氏だ。古賀氏が仕切ったという形にしてほしい」と述べ、平沢氏は「政調会長がそう言うならやむを得ない」と応じた。
(4月22日、13時14分)

過去に何度かこのブログにも書いたが、この法案の根本的な問題は、人々の言論行為に対して、お上が簡単に指弾できる点にある。少なくとも、それに道を開く。しかも、いわば被害者がいなくても、当該発言の指弾が可能なのだ。。。もう細かいことは書かないが、こんな法案、通してはいかんよ!
by masayuki_100 | 2005-04-22 14:35 | |--人権擁護法案

東京・文京区の音羽で起きた幼女殺人事件で、「中づり広告に謝罪告知 幼女殺害記事、文春と遺族が和解」というニュースが流れた。(以下はgooの朝日新聞。後略)

東京都文京区で99年、幼女(当時2)が母親の知人の女に殺害された事件で、幼女の母親が雑誌「週刊文春」の記事で名誉を傷つけられたとして、出版元の文芸春秋に損害賠償と謝罪広告の掲載を求めた訴訟の和解が東京地裁(大門匡裁判長)で成立した。文春が和解金を支払うほか、遺族の手記と謝罪の意を表した「検証記事」を21日発売の同誌4月28日号に掲載する。また、謝罪する旨の告知文を電車の中づり広告にも掲載する異例の和解内容だ。

この事件には、個人的に格別の思いがある。事件のあったころ、私は東京勤務で、事件が起きた「音羽」に住んでいた(住所は大塚)。現場となった護国寺境内は、歩いて1、2分。幼稚園の近辺は、まだ小さかった私の子供たちにとっても、格好の遊び場でほとんど毎日のように足を運んでいた。警察官も自宅に聞き込みに来たし、自宅裏側の護国寺の土手を捜索にも来た。そして私自身は、界隈を歩くたび、何人もの記者に「ご近所の方ですか?」「事件をどう思われますか?」と質問を浴びせられる状態だった。

そのとき、ある週刊誌の若い記者に思わず、「説教」してしまった記憶がある。「この、お受験殺人をどう思いますか」と聞くので、「どうして原因が受験だと分かるの?容疑者が逮捕された直後なのに、そんなところまで本当に調べが進んでいるの? そもそも誰がお受験が原因だと言ったの?」。。。そんな感じだったと思う。その記者は、実のところ、お受験が動機だという根拠は何も持ち合わせていなかったし、私がしつこく逆質問した範囲では、すでに多くのメディアがそう報道しているから、といった回答しか持ち合わせていなかった。

当時、いったい、誰が「お受験が動機」と言い出したのか?

もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2005-04-22 03:58 | ■事件報道のあり方全般

「監視」と「安全」

数日前から北海道新聞の社会面で、「あなた見られてます 監視と安全のはざまで」というタイトルの連載を始めました。北海道の方なら、どこかで紙面をご覧になった方もいらっしゃるかもしれません。今回は第1部と位置づけ、「カメラ」を軸に記述しています。取材チームは4人で、私は担当デスク、という役回りです。

街頭や公共施設、コンビに、駅、商業施設など、今ではあらゆる場所に「監視カメラ」「防犯カメラ」があります。先日は(一部は記事にしましたが)、ふらりと出掛けた札幌近郊の公営温泉の脱衣場にもカメラがありました。しかも4、5台。オトコの脱衣風景まで、しっかり記録されているわけで、、、(私は浴場に向かう前に、しっかりカメラの前に立ち止まって仁王立ちしてきましたが)。

まあ、それほどまでに、カメラは日常風景になったし、カメラを目にしたところで、そんなに違和感も抱かなくなってしまいました。しかし、そうしたカメラがどうやって使われているか、誰が見ているか、録画はどうなっているのか、、、そういう部分はほとんど明らかになっていません。そもそもカメラに犯罪抑止効果はあるのか、どれだけの数を備えれば安全は担保されるのか。。。そんな問題意識が根底にあります。

警察庁や警視庁のデータ等では、カメラを設置して犯罪が減った、という明確なものは何も無いようです。「路上に死角無し」と言われるようになった新宿歌舞伎町でも、カメラを付けたら犯罪が減った、というものはないようですし、警視庁は私たちの取材に「カメラを付けたから犯罪が減るというものではない」と言っています。その他、種々の防犯活動のツールの一つ、ということなのかもしれません。すでに「顔認証」システムは実用化されており、街を歩く映像を瞬時にデータベースで検索しただけで、警察はどこの誰だか、分かるのでしょう。顔写真は運転免許証で「提供済み」ですから。

もちろん、昨年の長崎の事件のように、商店街のカメラに映った画像が捜査の決め手になった、という事実はあります。ただ、そういう誰が見てもプラスの効用ばかりではないかもしれない。。。「カメラは悪」という単純な図式では考えていませんが、現状はカメラが野放しであり、肖像権やプライバシーなどとの兼ね合いも、事実上、ホッタラカシにされているように思います。

連載はまだ続いていますので、終わったころに、また種々の視点を交えて、この場所にも少し、書き記しておきたいと考えています。
by masayuki_100 | 2005-04-22 03:43 | |--世の中全般

ガ島通信さんへの手紙

札幌はきのうまで、めちゃくちゃに風の強い日が数日続き、しかも雨混じりで、「今度の連休中に本当に函館あたりに桜前線は上陸するのだろうか」とか、そんなことを思わせる寒さが続いていました。きょうも薄曇で青空はありませんが、あと少しで、梅も桜もチューリップも何もかもが一斉に花開く。。。そんな感じです。

少し忙しい日が続き、自分のブログを更新していませんでした。ただ、この間、ガ島通信さん のエントリ「ライブドア&フジテレビに隠れたニュース」にコメントを付けました。その内容を再掲すると、こんな感じです。


(再掲)
お久しぶりです。。。。防衛庁のイラク取材ツアー中止の件。これは種々の問題を孕んでいる重要な出来事だと思います。そもそもサマワ取材は最初から大いなる矛盾を抱え込んだままですから。ですが、、、

>防衛庁のお墨付きがなければ取材できないのでしょうか?それに、そもそもサマワは「非戦闘地域」であるはず。どこにいても「不測の事態」など起きるわけで… 「ネットには一次情報がない」とか「便所の落書きだ」と批判しながら、ジャーナリズムの重要性を声高に主張していた組織ジャーナリストの皆さん。読者のために、サマワから一次情報を発信してください。

こういう言説は、あまり関心しません。その理由は、賢明なガ島さんなら、お分かりだと思います。ガ島さんが最近書かれるものは、急速に切れ味が落ちて来ているように思いますが、その理由も根は同じなのではないかと感じています。
(再掲終わり)

もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2005-04-21 13:18 | ■時計台(日記です)

東京の中国大使公邸にスプレー、というニュースが流れています。各社ほとんど内容は同じですが、共同通信はこれ。 以下は引用です。

東京の中国大使公邸にスプレー 日中関係の悪化に便乗か

 東京都港区元麻布の駐日中国大使公邸で15日夜、スプレーが吹き掛けられているのが見つかった。警視庁は日中関係の悪化に便乗した悪質ないたずらとみて調べている。調べでは、同日午後9時ごろ、公邸の門にある郵便受けや表札に赤色のスプレーがまかれていた。政治的なメッセージはなかった。
 警視庁警備部によると、同公邸は24時間警備の対象にはなっておらず、機動隊や所轄署の警察官が、定期的に巡回していたといい、警視庁がさらに詳しい状況を調べている。現場は中国大使館の敷地内にある。
(引用、終わり)

容疑者が逮捕されないと、確定的なことは言えませんが、これが仮に、中国における「反日デモ」の裏返し的行為なら、もう何をかいわんや、です。これは、ただの器物損壊行為、単なる犯罪です。主義主張がどうであったって、この下手人には、そんなのを語る資格など全くありません。北京で日本大使館にモノを投げ付けるレベルと同じじゃないか。

本当に、必ず、こういう手合いが出てきます。(何かの「謀略」だったら別ですが)何と言うか、ほんと、情けない。
by masayuki_100 | 2005-04-16 03:53 | ■政治・経済・国際

愛読しているブログ猫手企画@新聞屋さんのエントリ「カナロコTB&コメント解禁:猫手企画が1gets!」によると、猫手さんが神奈川新聞に初トラックバックを行ったそうです。おめでとうございます~。

その神奈川新聞が、毎日新聞に登場。「地方紙とネット 「カナロコ」の挑戦」と題する記事で、担当の局長さんがインタビューに答えています。それを読みながら思ったのは、いやはや、メンテナンスも含めてなのでしょうが、保守管理がたいへんそうだなあ、と。それに、やはり、新聞社によるニュースのブログ化には、ある種の制約がどうしても付きまとうなと。。。それはそれで致し方ないのかもしれない、という思いが募ります。

私は以前のエントリ(2月28日)「神奈川新聞のブログについて」で、新聞社によるニュースのブログ化には、いくつかの関門があるとの考えを記しました。それを整理すれば、主な2点は以下の通りでした。

(1)TBやコメント欄を無秩序に放置できない
 :選挙の際に特定候補に利用される危険、犯罪報道等で被害者等のプライバシーが暴かれ る可能性、特定宗教の布教に利用される可能性等々があるため。報道機関としての社会的責任がある以上、そうしたTBや書き込みは放置できないのは自明。かといって削除を始めると、その基準及び削除妥当性の問題が生じるほか、ブログの最大長所である双方向性を減殺してしまう。

(2)マンパワーの問題
 :上記のような事態を防ぐには、担当者を常時張り付け、いわば画面を「監視」する必要が生じる。そこまで人を配置して、果たして収益とのバランスはどうなるか。また、コメント等に取材記者が対応する場合にも問題が生じる。つまりTBやコメントが殺到するようなニュースは、おそらく取材記者もめちゃくちゃ忙しいのであり、TB等への対応に追われると、肝心の取材の足が止まる可能性がある。

もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2005-04-15 11:04 | ■ジャーナリズム一般