ブログトップ

ニュースの現場で考えること

先日の統一地方選の結果について、
「保守回帰」という評しているメディアがありました。

もう、こういう手軽な言葉に逃げ込むことは、
いい加減に止めないといけないな、と思います。
4年後に民主党が勝てば、「革新回帰」と書くのでしょうか? 
そもそも、現代において「保守」「革新」の区別はどこにあるのでしょう?

自民党のハト派は民主党タカ派よりはるかに「ハト」ですし、
政党を問わず、外交的にはタカ派でも内政面では優れた民主主義者はいくらでもいます。
「政党間」の「ねじれ」といった語句では表現できないほど、世の中は複雑になったのです。

作家の村上龍氏が配信するメールマガジンJMMでは毎回のように、
「私たちは古い言葉しか持っていない。今の急変する世の中を正確に映し、理解し、共通認
識とする新しい言葉を持っていない。それが現代の最大の問題だ」という認識が示されています。

メディアも社会も複雑な社会を的確に表現する語句を持ち合わせて折らず、
言葉がどんどん陳腐になり結果として、報道の中身と現実社会が大きくズレている。

それを実感してしまいます。     
by masayuki_100 | 2003-04-30 17:58 | ■ジャーナリズム一般

私は、「運動」や「組織」には非常に懐疑的です。

少なくとも私は、あるいはこの文章を読まれる方々のうち幾人かは、メディアの現場にいるでしょう。

ならば、日々の執筆やデスク作業の中で、いま何をどう伝えるかを徹底して考え、それを実行に移すべきであって、それが何よりも重要なはずです。ある意味、それは一番シンドイ行為でしょう。わけのわからぬデスクやキャップ、社の方針といったものに縛られ、思うような原稿もなかなか書けない。それが現実です。

しかし、だからと言って、現場での努力を放棄しては何にもなりません。組織内でいかに徹底した議論と、取材執筆ができるか。その際、組織や社風におもねることなく、いかに「記者個人」としての立場を明確にできるか。

問題はすべて、そこに収斂されます。
世の中に「客観報道」などありません。どんな装いを凝らそうとも、記事は記者の主観的な眼を通してのみ生産されます。ならば、自らの立場、ものの見方をしっかりさせ、自らの責任で記事を書くのは当然の所作のはずです。

日々の仕事を安穏と適当に済ませ、一方で、紙面の論調や社の体質を憂えてみせる。時には、外で何か行動してみる。それらは偽善的行為ではないでしょうか? 少なくとも私はそう思います。ふつうの人がなかなか持てないペンやカメラを持っているなら、尚更ではないでしょうか。

日々の現場で戦え!それがいまのところの結論です。デスクやキャップすら説得できない、動かせない人が、世の中に何かを訴え、共感を呼べるような原稿を書けるとも思えません。

続きを読む・・・
by masayuki_100 | 2003-04-28 17:43 | ■ジャーナリズム一般

■イラク問題で欧州はどう対応しているのか。
以下は、最初は元外務省局長(在欧州)からのメールです(一部略)。


(1)つまるところ、米欧の対立の根っこには「サダム独裁」に対する
危機意識の差があるように思われる。アメリカにとって「サダムの独裁
」は、9/11以降、米国の安全保障に対する直接の脅威であり、アメ
リカの体現する価値に対する許し難い挑戦ということになった。少なく
とも、現政権、そのネオコンと言われる指導部はそう認識するに至った
。サダム独裁が国際テロリズム、大量破壊兵器と連結して認識される以
上、アメリカ自身の安全保障に対する脅威を取り除くために、これまで
の国際法では許されない先制攻撃の対象たりうるというのが米国の認識
である。大陸欧州には、「サダム独裁」に対するそこまでの危機意識は
9/11の後にも生じなかった。「サダム独裁」は欧州の安全保障を直
に脅かす危険とはついに大陸欧州では認識されなかった。これが大陸欧
州の反応の根っこにあったと思う。

(2)他方、「サダム独裁」によるイラクの人権抑圧と大量破壊兵器の
保有は許せないということは欧州の概ねのコンセンサスでもあった。し
かし、それでは、99年に、欧州は「ミロシェヴィッチの独裁」をたた
くために、国連決議無しで、セルビアの攻撃に踏み切った。NATOが
動員され攻撃の主役は米国になったが、音頭をとったのは、むしろ英国
を始めとする欧州だった。欧州は「人権擁護」のためにアメリカよりも
極的にセルビアを攻撃したのである。今度は欧州がずっと腰をひいた。
何故だろう。セルビアの人権問題は、欧州内部の問題だった。欧州はこ
れを看過できなかった。イラクの人権問題は、セルビアの人権問題に較
べれば欧州にとって遠かった。ドイツがコソヴォに軍隊を派遣しておき
ながら「攻撃されない限り攻撃すべきでない」と言って対イラク戦争絶
対反対を言っているのは、イラク問題がドイツの安全保障とは無関係と
認識されていることに加え、イラクの人権問題は、従来の国際法の枠を
こえてまで解決すべき問題とは全く認識されていないからだ。(この点
は、実はアメリカにとってもそうなのだが、アメリカにとっては、9・
11以降サダムとの闘いは、「イラクの人権」のための闘いなのではな
く、アメリカの安全保障のための闘いになった以上、先制攻撃は完全に
ゆるされることになったのである。)

More
by masayuki_100 | 2003-04-18 17:38 | ■政治・経済・国際

私のデスク業務も、はや、一カ月を過ぎました。原稿が殺到している時間帯、締め切り間際などは別として、デスクの仕事は基本的に退屈だな、というのが偽らざる心境です。現場から送られてきた原稿を少しでも良くする、事実上の最終関門としてニュースを厳しくチェックする、そういった基本動作はまじめにやっているつもりですが、いかんせん、部屋にこもる時間が圧倒的に多いわけですから、毎回毎回、勤務ダイヤが終了する度に「ふうぅ」と溜め息が出てしまいます。

そんな日々が続いたせいでもないでしょうが、最近、組織ジャーナリズムの限界をぼんやりと感じます。それとは逆に、この数日は「市民メディア」について、ぼんやりと思い巡らせています。

市民メディア、って何でしょうね。インターネットの検索でこの文字を入力すれば、たちまち数千件がヒットするでしょう。以前にも、市民メディアには朧気な関心を抱いていましたが、最近は関連するホームページをいくつか熟読しました。

続きを読む・・・
by masayuki_100 | 2003-04-14 17:07 | ■ジャーナリズム一般