ブログトップ

ニュースの現場で考えること

広がる警察の匿名発表

情報流通促進計画さんが、自身のブログで「匿名発表が広がっている」というエントリを書かれている。青森県警が2003年4月から、交通事故について、過失割合の少ない第二当事者(被害者など)について、匿名で発表する方針を打ち出したことなどを例示し、匿名発表が広がることへの懸念を示した内容だ。

青森県警のケースは、まさにその青森で2003年9月に開かれたマスコミ倫理懇談会(新聞、テレビ、雑誌などの記者が参加し、年1回、各地で開催されている。青森の会合は数百人参加した)でも随分と議論になった。会場では、神奈川県などでも匿名発表の傾向が強まっていることが報告され、全体としては、警察の秘密主義に強い懸念を示すまとめになった。

その懸念は当然だと思う。何をどう報道するかの判断は、報道する側が行うのであって、警察当局や行政機構等が行うのではないからだ。

したがって、警察に限らず、行政等の行為は極力、情報開示されなければならない。

行政機構や政治、司法警察当局等がそれぞれに法律に基づく権限を与えられているのは、国民の付託によるものであって、それらを恣意的・裁量的に使ったり、発表内容を自らに都合の良いことに限るなどしてはならない。警察の場合、ジャーナリズム考現学さんが提唱している「逮捕公表の法制化」もない現状では、何を発表するか、どういう内容まで公表するか等は、すべて警察側の判断で行われている。これは決して好ましいことではない(もっとも逮捕がすべて公表された場合、いまのメディア状況、社会風潮の中では、そうした情報は被疑者に関する興味本位的、覗き趣味的に扱われる危険も大きい)。

ここから先は私の推測も混じっているが、おそらく警察は神奈川県警や新潟県警、埼玉県警等々で大掛かりな組織的不祥事が発覚した1990年代末ごろから、メディアに対する情報統制、および選別姿勢をかなりのスピードで強めている。それら不祥事は後に警察刷新会議の提言、それに伴う関連法の改正という形になっていくが、このころから、状況は目に見えて変わったように思う。もちろん、その大きな原因は、事件のたびに「犯人探し」「被害者いじめ」「過剰報道」などを続け、結果として「報道被害」に無策だったメディア側の責任がある。

もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2005-03-30 16:56 | |--逮捕予告は権力監視? | Comments(5)

ジャーナリズム考現学さん(以下、J氏)が「酔っ払い記者との議論、再び」というエントリを立てられました。昨年末ごろ、私がまだブログを開設していないころに、警察取材をめぐって議論しました。その続きです。

J氏のブログ内に関連記事が何本かあります。私の関連エントリは以下の通り。

「きょう逮捕へ」は本当に権力監視か?
だいたい似てるとは思うけれど
「きょう逮捕へ」の記事は権力監視ではない
逮捕の公表法制化は必要か

上記のエントリで私が言っている内容は、「逮捕情報の公表が法制化されるなら、それに越したことは無いが、種々の危険性も生じる」「現在の多くの事件報道は権力監視になっていない。記者の思いはどうであれ、多くは『ペンを持った警察官』的報道になっている」「逮捕の事実を伝えること自体は権力監視ではない」といったところでしょうか。ほかにも、色んなことを書いていますので、まずは、これらの関連エントリを読んでいただけたら、と思います。

で、そのうえでJ氏の新しいエントリに対して。エントリの中で、こういう部分があります(以下引用)。

権力の監視は、本来的には私たち市民全体が担うべきことだ。その際に必要な情報や視点を提供することが報道記者たちに期待される役割だ。しかし、一般的には「ジャーナリストは権力監視するのが役割」と過度の期待がかけられ、ジャーナリストたちもこの無謀な任務を引き受けようとしている。

今のマスコミの現状を冷静に観察した際、いったいどこに「無謀な任務を引き受けようとしている」事実があるのだろうか、と思います。そもそも、「過度の期待」もないでしょう。マスコミの報道内容は、官公庁や警察司法当局、大企業等の広報的な記事が異様に多いのであって、「自らの役割は権力監視」だと思い、それを第一に考えて仕事している記者は、そう多くないような感じがします。それどころか、事件報道に一番顕著ですが、当局による逮捕等を契機として、それまでの沈黙を一斉に破って容疑者側のバッシングを始めるのが通例です。

もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2005-03-30 03:36 | |--逮捕予告は権力監視? | Comments(1)

ジャーナリスト考現学氏から逮捕の公表制度(法制化)についてどう考えるか、という提起がありました。(原文は同氏の「警察発表を法制化せよ」)。

現在、警察は匿名発表の比率をどんどん増やしています。被害者からの要請があった場合は、被害者の氏名を公表しません。その間の経緯は、警察庁も何かの審議会(資料が行方不明になったので探しています)で何度か公言しています。簡単に言えば、警察庁がそういう指導をしているということです。

また、「警察発表を法制化せよ」では、こう言っています。

こうした動きを後押ししているのが、何とも悲しいことに一部の記者たちである。いわゆる「匿名報道」を推進する人たちだ。 匿名報道そのものは、大変意義あることだと思う。不必要に実名を報道することで、報道された人たちを傷つけることがある。しかし、匿名報道が広がるなか、警察はそれに乗じて公表範囲を狭めているというのが現状だ。

まず事実認識として、「匿名報道が広がる中、警察はそれに乗じて公表範囲を狭めているというのが現状だ」というのは、違うと思います。警察が乗じているのは、匿名報道の広がりなどではなくて(実際、匿名報道が広がっているとは思いません)、メディアが、犯罪被害者のプライバシーなどを不必要にあばきたて、お祭りのような集中豪雨的報道を繰り返し、それによって被害者が「もうたまらぬ」との思いをさらに強くしている、その動きに乗じているのです。これは「桶川ストーカー事件」の際の初期報道を振り返れば、よく分かると思います。

実際、今は、現場記者の意図はどうあれ、結果として、センセーショナルな事件報道があふれているじゃないですか? で、そのつど、「そっとしておいてください」という被害者家族のコメントが出て、それでもマスコミは押しかけ、、、という図式です。警察庁側の種々の発言も、そうした流れになっています。

以上は被害者の匿名についての話です。以下は被疑者の話。

続きを読む・・・
by masayuki_100 | 2005-01-08 10:39 | |--逮捕予告は権力監視? | Comments(2)

まだこのブログを立ち上げる前、私は「酔っ払い記者」の仮名で、ジャーナリズム考現学氏が書かれた「『きょう逮捕へ』という記事は必要か」という文章に対し、「きょう逮捕へ」は権力監視にはならない、という反論をさせていただきました。その後、若干のやり取りがありながら議論が止まっていました。

私の言いたかったことを整理すると、こうなります。


(1)すでに逮捕権は十分に濫用されている。そのことに目を向けず、警察の捜査をほぼ無条件に是認したうえで「きょう逮捕へ」の記事を乱発しているのがメディアの現状である。これは単なる業界内での「スクープ合戦」に過ぎず、権力監視とは無縁。それが現状である。

(2)「きょう逮捕へ」の後に続く事件報道は、捜査当局から情報をリークしてもらい、事件の手口や容疑者の供述等を連続的に報じるケースがほとんどである。しかも、報道側はこの段階で被疑者側の言い分を取材することはできない(当番弁護士等からの取材は可能だが、起訴前の被疑者が全員弁護士をつけているわけではない)。したがって、起訴前の段階で得られた捜査側のリーク情報を、捜査当局の組織外部から検証することは相当に難しい。

続きを読む・・・
by masayuki_100 | 2005-01-08 03:15 | |--逮捕予告は権力監視? | Comments(0)

この記事は「ジャーナリスト考現学」氏の「事実の報道がないと論評はできない 」に対し、私が「酔っ払い記者」の名で書き込んだものです。

*************************************


■「きょう逮捕へ」は最低条件、の中にこんな一文があります。

<言葉を返すようだが、Y記者(私のことです)さんの認識の方が「スーパー甘い」と思う。
権力濫用の事例として挙げられたいくつかの事件は、マスコミで報じられたものばかりだ。公表されただけましだと考えた方がいい。公表されたからこそ「権力濫用だ」と批判することもできる。公表されなければ、批判すらできないのだ。マスコミにも報じられず、警察が秘かに処理している事案は膨大なものだろう。そのことの方がもっと怖い>

★なんと言うか、私の例示はたまたま思いついたものを書いただけであり、言いたかったことは別の部分にあるのです。もし、「きょう逮捕へ」が権力監視の一環であり、警察の不当性を監視することに大いに寄与すると仮定するならば、逮捕前の取材で強制捜査の不当性が分かっているのでしょうから、「きょう不当逮捕へ」と書くべきでしょう。そこまで本腰を入れることができるなら、「きょう逮捕へ」が監視の意味を有することも有り得るでしょう。

★<公表されたからこそ「権力濫用だ」と批判することもできる>という部分も、少し感覚が違うな、と。例示が悪かったのかもしれませんが、例えばパキスタン人の男性がアルカイダの一味とされた事件の報道は、発表を鵜呑みにし、公安当局の言うがままに、それを大々的に報じただけなのです。読売や朝日は一面トップ、NHKも7時のニュースでトップでした(記憶違いがあったらごめんなさい)。その後、アルカイダと無関係と分かっても、それをきちんと報じ、警察の捜査を真っ向から批判・検証した報道は、私の知る限りありません。そうした取材活動すらできないメディアの状況下で、きょう逮捕へ」が権力監視につながると言われても、空しさが募るだけです。結局、あのアルカイダの一味か?という報道は、「日本も危ない」「テロが迫っている」みたいな世論づくりに大いに寄与したことでしょう。あるいは、警察予算増額の後押しに役立ったかもしれません。

★「きょう逮捕へ」よりも重要なことがあるのです。それは「検証」です。現実問題としても十分に可能です。強制捜査が適切だったかどうかをきちんと取材し、その是非を報じることではないでしょうか。これを本気で始めると、警察当局と相当な軋轢を生むでしょう。しかし、それこそが「監視」なのです。

★実際、いまの警察は違法捜査や不当捜査、法律違背の捜査が公判等で指摘されても、「適切だった」といったコメントを出して終わるだけです。どこでどう違背したのか、メディアはそれに気付いたのかどうか、気付いたならなぜ報じなかったのか、そこが問題です。従って、大きく扱うべきは「逮捕へ」「逮捕した」よりも、逮捕容疑と起訴事実は変遷していないか、調書は適法に巻かれたか、不当な強制捜査ならばその令状を発付した裁判官は何を考えていたのか等々、現実にスグやれることは山のようにあるのです。それをしないで、「きょう逮捕へ」を権力監視の作業にするといった抽象論を繰り返しても、メディアの現況は改善されないと思います。

★ただ誤解しないで欲しいのですが、大枠では<■「きょう逮捕へ」は最低条件>に書かれた内容は全く否定していません。匿名発表が多くなっている現在、逮捕を発表させる努力は必要です(確かに簡単には実現するはずありませんが)。ただ、警察はメディアの思考をよく研究していて、匿名で発表しては「ほほぉ、実名を知りたいの?じゃあ、教えてやっか。でもその代わり、いつも忠犬で居ろよな」という感じで絡めとってくるわけです。ここを突破するたった一つの方法は、当たり前ですが、警察内部に上から下まで情報源の網の目を張り巡らせるしかありません。

★番犬のつもりが、いつの間にか忠犬になり、そして座敷犬、果てはバター犬になっている。そういった現状を自覚しつつも「いや私はいつしか番犬としてカミング・アウトするのです」と繰り返し、そしていつの間にか時間だけが過ぎていく。。。今の警察取材の現状はそんな感じだと思いますが、いかがでしょうか。

★また有意義なお話ができればと思います。
c0010784_17453890.gif
by masayuki_100 | 2005-01-06 02:46 | |--逮捕予告は権力監視? | Comments(0)

この記事は私が「酔っ払い記者」の名で、ジャーナリスト考現学氏のブログにコメントとして書き込んだものです。したがって、先に、同氏の「記事きょう逮捕へは必要か」を先にお読みください。


■「こうした公表制度がないために、記者たちが当局に公表を迫らなければならない。どういう人物をどういう被疑事実で逮捕しようとしているのかという捜査当局の動きを把握し、逮捕状の請求という行政手続きに入れば、それをマスコミで公表することで当局に発表を迫るのだ。記者がこの努力を怠れば、当局が逮捕権を乱用する暗黒の国家になる可能性が高い」と書かれている部分について。

★この認識はかなり甘いように思います。すでに逮捕権は十分に濫用されているのであり、そのことに目を向けず、警察の捜査をほぼ無条件に是認したうえで「きょう逮捕へ」の記事を乱発しているのがメディアの現状です。

★「逮捕権の乱用」監視がメディアの役割だというならば、手書きのビラを配っただけで住居侵入に問われた東京・立川の事件、同じくビラ配りだけで国家公務員法違反で逮捕された事件、パキスタン人のヒムさんがアルカイダの一味だとして逮捕された事件、そして今まで何の問題もなかったのに在日外国人を突然入管難民法違反で逮捕する各地の事例、、、そういった出来事に警鐘を鳴らしつづけるべきでしょう。

★「きょう逮捕へ」の後に続く報道はほとんどの場合、容疑者がいかにヒドイ人間だったかをこれでもかこれでもかと報じます。警察権力と一緒になって容疑者の非を並べている場合が大半でしょう?そもそも逮捕記事とは、「捜査当局の我々はこう見ているんだよ」というものでしかありません。しかも逮捕後はメディアが容疑者に直接接することもできません。そうした環境の中で、警察からもらった情報で「容疑者は、、、」と書き続ける。密室の中でのやり取りを一方的に聞いただけで、どうして「捜査本部の調べで分かった」と確定的事実であるかのように報道できるのでしょうか?

■「社会が警察に逮捕権を認めているのは、社会の秩序を維持するためである。その目的を踏み越えないよう、警察担当記者は見張っていなければならない」について。

★警察担当記者は(他の多くの担当記者も同じ)相手との付き合いを深めるにつれ、相手と一体化し、相手に文句を言われない範囲での「スクープ合戦」に埋没していきます。「きょう逮捕へ」はその典型じゃないですか。
★「きょう逮捕へ」が権力監視などと言っている場合ではないと思います。本当に監視するなら、当番弁護士制度があることを積極的に報道し、その弁護士から取材し、公判にも必ず出かけ、捜査段階で違法性がなかったかどうか、容疑者段階での記事に虚偽がなかったかどうか(つまり警察に騙されていなかったどうか)等の取材を徹底すべきなのです。その結果、誤った情報を流した捜査幹部がいれば(警察は事件捜査を有利に運ぶためにメディアを積極利用しますよね?)その幹部に問いただすべきです。

★もちろん、警察内部に深く取材網を張ることを否定しているわけではありません。逮捕を積極的に公表させることも必要です。警察取材の重要性も否定しません。しかし、それは「きょう逮捕へ」をスクープすることが大事という発想とは、別の部分にあるのです。

★民主主義の番人なら、それぐらいして当然です。民主主義の番人なら、例えば、予算審議の議会主義を否定する警察の裏金問題を徹底追及してみせるべきです。
酔っ払い記者
by masayuki_100 | 2004-12-03 02:30 | |--逮捕予告は権力監視? | Comments(2)