「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

ニュースの現場で考えること

少し前の記事でも紹介したが、有名・無名の人々の、それこそ声なき声を集めたインタビュー集「希望」が出版になった。版元の旬報社から連絡があって、東京など大都市圏の書店では、早ければきょうあたりから、店頭にこの本が並ぶそうだ。

「希望」にとりかかったのは、昨年の春ごろ、ちょうど東日本大震災の起きる1年前のことだ。震災発生時は最終校正に差し掛かっていたが、急遽、締め切りを延ばし、震災関連のインタビューも追加することになった。本の装丁は、著名な装丁家、桂川潤さんに手がけていただいた。本当にすてきな装丁になったと思う。見本として事物を手に取った方々からは、ありがたいことに、「とても良い内容ですね」との言葉を頂いている。

たとえば、ジャーナリストの高野孟さん → 「大震災の1年前から企画され取材も進んでいた、生きることの希望のありかを探るインタビュー集だが、大震災が起きたので締め切りを延ばしてその関連の5人を追加してそれを第1部に置いたので、インタビュー相手は63人、ページ数は400ページを超える大冊となった。1人1人の語り口は生々しくて重い。じっくりと読むべき本である」(高野孟の遊戯自在録027 7月9日の項)

「希望」は取材者が20人にも上る。現役の新聞記者、元記者、フリー記者、元フリー記者、学生など多士済々で、年齢も20代から60代まで。どんなに優れた記者であっても、しょせん、1人の見方、1人の目線など幅が狭い。たかが知れている。重層的な目線がないと、この複雑な社会を捉えることなどできはしない。ずっとそう考えていたこともあって、「高田以外の眼」を極力集めたいとも考えていた。それが「多様な取材者」の意味合いでもある。

前回の「希望」が出版になります(1)では、「まえがき」を引用した。「希望」はどんな本ですか、をもっと知っていただくために、きょうは「あとがき」を引用しておこうと思う。ただ、「あとがき」の引用は全文ではなく、抜粋・要約である。

以下は「あとがき」から。

■続きを読む
by masayuki_100 | 2011-07-26 14:38 | ■本 | Comments(0)

c0010784_13263376.jpg 「希望」というタイトルの書籍が、7月25日ごろから書店に並ぶことになりました。北海道新聞の退社と偶然重なる結果になり、退社のあいさつを兼ねて出歩く際は、刷り上がったばかりの見本を持ち、あちこちで少しずつ宣伝させてもらっています。

版元の旬報社さんの宣伝文を借りれば、この「希望」は「だれもがどこかに展望をもち、なにかを信じて格闘している。北から南まで、いまを生きる63人の軌跡。希望のありかを探るインタビュー集」です。有名か無名か、成功者か否かには関わりなく、多くの人々(大半は市井の人々である)が取材者と膝を交え、何時間も何時間もインタビューに答えています。語り口調や方言を大事にし、読み手にじっくりと語りかけてくるような内容です。登場人物も様々であるなら、20人に及ぶインタビュアーの年齢、経験も多種多様です。グラビア頁は江平龍宣さんが担当。その写真もすばらしいと思います。

とにかくぜひ一度、手にとっていただきたいと思います。少し長くなるが、「まえがき」です。

More
by masayuki_100 | 2011-07-09 13:44 | ■本 | Comments(0)

  「ニュースの現場で考えること」の書棚 というブログをつくってみた。

私は相当な活字中毒で、カバンには2-3冊本が入っていないと落ち着かない、そんなタイプの人間である。その読書感想文というか、書評というか、まあ読書メモのような内容である。読む本はノンフィクションやジャーナリズム、メディア関係の分野に偏在しているから、新ブログに登場する書籍も偏在するかもしれないが。

新ブログもどうぞよろしく、です。
by masayuki_100 | 2010-12-23 13:39 | ■本 | Comments(0)

佐藤優氏の著作「国家の罠」(新潮社)を一気読みした。最近では稀な、実に凄みのある一冊。名著だと思う。

佐藤氏は鈴木宗男元衆院議員の側近だった外務省職員であり、鈴木氏のスキャンダルに絡んで刑事被告人となった人物である。私も東京勤務時代に一時外務省を担当し、佐藤氏とも若干の交流がった。(過去のエントリ 「北方領土が遠くなる」 参照)

この本を読むと、1999年から2000年代前半にかけて、日本は大きくカジを切ったことが分かる。「戦後日本の総決算」は中曽根内閣のキャッチフレーズだったが、中曽根氏が志向した日本の枠組みは、中曽根内閣時代には花開かず、ごく最近になって花開いた。また、規制緩和や産業の自由化をひときわ大きな声で叫んだのは、細川内閣だったが、その内容が現実になり始めたのは、森政権末期から小泉内閣になってからだと、私は思っている。

本書の中で、佐藤氏は、こういう時代の変化を「内政にあっては、新自由主義。外政にあっては、排外的ナショナリズムも包含した対米(追従)外交への傾斜」という趣旨で捉えている。この2つが高じたことで、鈴木宗男的な旧来の保守主義は、時代の邪魔者になったのだと。

不思議なことに、佐藤氏と全く立場の異なるはずのジャーナリスト斎藤貴男氏も、これと同様の見方をしている。3月下旬に、札幌で、私は斎藤貴男氏と飲む機会があったが、いまの世の中に対する斎藤氏の分析は、まさに、「内政にあっては、新自由主義。外政にあっては、排外的ナショナリズムも包含した対米(追従)外交への傾斜」である。

同時に、この本を読むと、「愛国主義」とは何か、どういう存在か、をつくづく考えさせられる。おそらく、最近、世の中に広がり始めた空気は、排外的ナショナリズムであって、愛国主義とは違う。。。明示的にこそ表現していないものの、佐藤氏はそう言いたかったはずだ。そして、過去において、悲惨な結末を招くことを繰り返したのは、他者を受け付けず、挑発し、内に向かってばかり高揚する排外主義ではなかったか。

もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2005-04-09 16:25 | ■本 | Comments(7)

宣伝です(^^;

講談社文庫から「日本警察と裏金 底なしの腐敗」が4月15日に発売されます。昨年8月に同じ講談社文庫から出版した「追及・北海道警『裏金』疑惑」のいわば続編ですが、単純な続き物ではありません。

今回は高知県警の捜査費不正問題をはじめ、愛媛県警巡査部長の仙波敏郎さんによる実名告発、さらには兵庫県警自動車警ら隊による組織的な捜査書類捏造問題(裏金ではないが組織不正の根は同じ)などに大きくページを割いています。便宜上、著者名は北海道新聞取材班編、となっていますが、筆者は高知新聞、愛媛新聞、神戸新聞など地方紙のサツ回り記者たちです。

続きを読む・・・
by masayuki_100 | 2005-03-26 18:31 | ■本 | Comments(4)

「黒い陽炎-県闇融資究明の記録」 高知新聞編集局取材班

「同和」に怯え、ずるずると巨額の資金を貸し込んだ高知県庁。いったい、何を恐れたのか? 行政の「裁量」の下で温存された「利権」。。。この本は本当にすごい。高知新聞は警察裏金問題にいち早く取り組んだことで知られているが、その前には、こんなすばらしい仕事をやってのた。タブーだった「同和利権」に、ここまで真正面から切り込んだ新聞があっただろうか。

なかなか手に入りにくいが、ぜひ、読んでもらいたいと思う。

<以下、高知新聞HPの書籍紹介文です>

高知県が特定の協業組合に巨額の公金を闇融資していたという、県政史上かつてない一大汚職事件。この事実を高知新聞が特報、それに基づき県議会が百条委を設置、調査。高知新聞の報道と連動して実体が解明されていく。ついには、高知県警と高知地検が捜査に乗り出し、元県幹部や元副知事、業者らが背任や詐欺容疑で逮捕、起訴され、裁判を受けることとなった。
 高知新聞で三十回にわたって連載された「黒い陽炎(かげろう)―県やみ融資究明の記録―」を基に大幅に加筆し、一冊の本にまとめた本書は、何が「闇」の体質を生み出したのかを問いかけている。
 闇融資問題の調査報道と企画連載「黒い陽炎―県やみ融資究明の記録―」は、日本新聞協会の新聞協会賞を受賞。

もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2005-03-15 02:56 | ■本 | Comments(9)

「噂の真相」25年戦記

c0010784_21241391.jpg「オカドメ・スキャンダリズムのこれでウチドメ。’79年に始まった「噂の眞相」のスキャンダリズムは、’04年の休刊をもって終わった。25年にわたってその陣頭指揮をとった名物編集長・岡留安則による満身創痍の内実を語った時代の風雲録である」という集英社新書の「噂の真相・25年戦記」を読んだ。

ジャーナリズムはどうあるべきか、云々の議論はあまたあるけれど、結局、こういうことだよな、と思う。「噂の真相」の創刊当時はよく知らないが、女性のスカートがめくれ上がっている表紙が象徴的だ。そう、隠そう隠そうとするものを覗きに行くのである。高説や理屈の前に、「ちょっと覗いてやろう」という好奇心。それしかない。
by masayuki_100 | 2005-01-20 21:25 | ■本 | Comments(0)

戦争請負会社

c0010784_1791583.jpg「戦争請負会社」(出版社: 日本放送出版協会) ;シンガー,P.W.著

著者は「1997年プリンストン大学卒業。2001年ハーバード大学で政治学の博士号を取得。現在は米ブルッキングズ研究所国家安全保障問題研究員、同研究所対イスラム世界外交政策研究計画責任者を務める」

邦訳が出版されたと聞いたときから、ずっと読みたいと思っていました。戦争を論じるとき、最近はとくに、「国家」や「国益」「国際貢献」「復興支援」といった大雑把な概念を戦わせる傾向が強いのですが、それがずっと疑問で、もっと冷徹に事実のみを積み重ねて、「戦争の動機」を解きほぐす必要があるのではないかと、ずっと考えています。そういうヨロイ(化粧、と言った方が良いかも)を脱ぎ捨てたものこそが、リアルなのですから。

私自身は自由な取材が許されるなら、国際兵器見本市とか日本商社の武器部門とか、そういう部分を通じて「兵器」「兵器の経済」を取材し、戦争を違う断面から書いてみたいと夢想するんですがねぇ。。。本書はまだ読んでいません。読んだら、感想を書いておきます。
by masayuki_100 | 2005-01-14 17:04 | ■本 | Comments(1)

講談社 [IN・POCKET 2004年8月号]

「日々、真面目に」の落とし穴」

c0010784_14542578.gif 

 旧北海道拓殖銀行が経営破綻してから数年後、元中堅幹部と東京で会ったことがある。彼は1997年11月の破綻前に銀行を去り、その後、東京の名もなき不動産会社に再就職していた。
「真面目に真面目に仕事してたんだよ、拓銀時代は。組織全体がおかしくなっていく感覚は確かにあった。でも、目の前にある日々の仕事の内容が劇的に変わるわけじゃない。そしてね、あーって気付いたら、もうどうしようもなかった。破綻寸前に逃げ出せて、幸せだったとは思うけどね」
 彼は、そんなことを語った。
 内部にいる者にとって、自分の所属する組織の「異常性」はなかなか自覚できないのだ。大組織であればあるほど、職務は細分化されているから、自分の仕事を真面目にこなしていれば、それなりに時間は過ぎていく。
 一連の裏金疑惑で針のむしろに座っている北海道警察も、たぶん、一人一人の中堅幹部はそんな感覚を抱いているのではないかと思う。矢面に立たされているのは、本部長や総務部長、警務部長ら上層部だけ。その上層部が北海道議会や報道を前に右往左往する姿を見て、道警本部に机を構える多くの中堅幹部は何を思ったのだろう。
 組織はトップが動かすが、各部署で陣頭指揮をとる中堅幹部が「日々、真面目に」だけを念頭に過ごしていたら、その組織は緩慢な死に向かうだけである。
 拓銀は私企業だったし、道警は捜査機関だ。おぼっちゃん体質が抜けきらなかった拓銀、上意下達が絶対の階級組織である道警。双方は何から何まで違う。それでも、いまの道警をみていると、破綻前の拓銀に似ているように感じるのは、気のせいだろうか。
 一連の疑惑追及の最中、読者から「真面目に働いていたということで、すべては許されるのだろうか。例えば、あの雪印だって、社員一人一人は真面目に働いていたに決まっている」という便りをいただいた。
 北海道新聞取材班による講談社文庫は、『解明・拓銀を潰した「戦犯」』、『検証・「雪印」崩壊――その時、何がおこったか』についで3冊目になる。
 自分が勤務する新聞社はどうか――。そんなことも頭に浮かべながら、本書では「組織」のありようも問うたつもりである。


高田昌幸(北海道新聞社 編集局 報道本部次長)


<以上は、『追及・北海道警「裏金」疑惑』 北海道新聞取材班著 の紹介ページから引用>
by masayuki_100 | 2004-08-10 03:27 | ■本

「警察幹部を逮捕せよ! 泥沼の裏金作り」 旬報社

 c0010784_14494725.jpg                       大谷昭宏+宮崎 学+高田昌幸+佐藤 一 編著


【著者(大谷昭宏氏)からのメッセージ】

 あんまり縁起のいい話ではないが、もし、あなたの家に泥棒が入った。あるいは出かけた先で交通事故にあった。大事な身内が殺人事件の被害者になってしまった。そんなとき、どなたに限らず、まっ先にすることは110番をするなりして警察に連絡することではないか。

 その場合、東京都民なら警視庁、大阪府民なら大阪府警がかけつけてくる。私は警視庁を信用していないから別の組織にお願いしよう、大阪府警は不祥事が続いているから別のところに頼みたい。そう思ったとしても、そんなわけにはいかない。東京には警視庁以外の警察組織はないし、大阪だって同じだ。

 そこが銀行や、一般の企業と違うところだ。銀行なら不良債権が焦げついて、自己資本比率が下がり、預けているお金が危なくなりそうだと聞いたら、預金者は当然のことながら大事なお金をその銀行から引き出して、別の銀行に移し替える。

 雪印や三菱ふそうのように、その会社の製品が信用ならないとなれば、消費者は何も好きこのんで、それらの会社の牛乳や車を買うことはしない。別にいくらでも乳製品や自動車のメーカーはあるんだから、よほどの変わり者でない限り、危険を承知でわざわざその会社を選んでやるお人よしはいない。

 結果として、その会社は社会の中で立ち行かなくなるか、あるいは会社そのものが潰れてしまう。当然のことである。

 だけど警察はそうは行かない。市民がどんなにその警察を忌み嫌っていても、あるいはここ数年、まともに殺人事件を解決したこともないほど、捜査の力がない警察でも市民はそこに頼るしかない。

 その一方で警察にしてみれば、市民をどんなに泣かせようが苦しめようが、あるいは捜査なんかまともにできなくたって潰れる心配はない。何しろ、完全な独占組織、競争相手がいないのだから、ほかの組織に仕事を持って行かれる心配は露ほどもない。左ウチワであぐらをかいていたらいいのである。

 こんな唯我独尊のような組織がいま土台から腐っている。この組織にかかわる人があろうことかこぞって犯罪に手を染めているということになったら、どうなるか。この国の「安全と安心」なんてどこかに吹っ飛んでしまう。いや、とっくの昔に吹き飛んでしまっているのかも知れない。

続きを読む・・・
by masayuki_100 | 2004-06-10 14:39 | ■本