「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

ニュースの現場で考えること

まずは、お詫びしないといけない。少し前から始めた「ツイッター」において、私は9月10日朝、こう書いた。

<かつてのリクルート報道以降、日本の「調査報道」は検察権力と一体化するのが常になった。元NHKの社会部記者の小俣一平(=坂上遼)氏は調査報道に関する一年前の論文で「報道の後に検察が捜査に動いたものは『特別調査報道』と位置付けよ」と。こういう発想が問題。 >

これは私の完全なる誤り、誤読だった。小俣氏は元より、これを読んだ大勢の方に迷惑をかけてしまった。

当の論文は小俣氏が「放送研究と調査」(NHK放送文化研究所)の2009年2月号から5回にわたって掲載された<「調査報道」の社会史>である。小俣氏はその論文において、調査報道の定義付けを行っている。その概要は、以下の通りだ。

報道には「発表報道」と「調査報道」があり、そのうち、(1)報道しなければ日の目を見ない事実を、(2)発表ではなく独自に調査し、(3)自社の責任で報道する。これが「調査報道」である。さらに、この調査報道の中において、(4)「権威」「権力」がある者・組織の不正、腐敗、怠慢などを取材対象とし、(5)その報道を各社が追随し、(6)そのことが国民の関心を高め、(7)「権威」「権力」に何らかの影響を与える。この(1)~(3)だけでなく、(4)~(7)の条件を満たすものを、小俣氏は「特別調査報道」と定義した。

小俣氏の論文の中には、調査報道の条件として「捜査当局を動かす」という部分も出てくるが、これは小俣氏が他者の見解を引用した箇所である。小俣氏は、それを批判的に記述しているのであって、自らの見解として特別調査報道の条件だとは書いていない。

私は当該論文を昨年春、ほぼ連載と同時に読んだ。日本では「調査報道」の体験に基づく、いわば経験談を基にしての「調査報道」論はあるが、調査報道を体系的にきちんと論じた書物は(私の知る限り)存在しない。小俣論文は非常に優れており、大いなる刺激を受けた。同時に、論文の何カ所かについて、「ここは議論のあるところだな、いつか筆者と議論したいな」と思った点があった。

そうして時間が経過し、上記のツイッターでの「つぶやき」になった。要は、小俣氏の主張と、その論文での引用について、私の記憶が混在していたのである。出先でひょいひょい書くことがあるとはいえ、引用の場合は、きちんと原典を脇に置き、参照しながら書かねば。こんな当たり前のことを、今更ながらに言い聞かせている。
by masayuki_100 | 2010-09-21 12:27 | |--調査報道について | Comments(0)

「ナカムラ」さんという方からメールをいただきました。

1月23日の記事にコメントさせていただこうと思ったのですが、パスワードが必要なようで失敗してしまいました。なので、メールにてコメントを送らせていただこうと思いました。

パスワードがないとコメントできないのでしょうか?私はいまだに、このエキサイト・ブログの仕組みをきちんと理解できていないところがあって、「ええ、そうなのか?」と思ってしまいました。それはそれとして、以下にナカムラさんからのメールを転載します。本来は1月23日の「質問、質問、また質問、、、が必要では?」という私のエントリに対するコメント部分を想定して書いたものだそうです。以下に引用します(引用部分はゴシック)

もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2005-01-25 00:40 | |--調査報道について | Comments(0)

ネットを浮遊中、安倍晋三衆院議員のHPに到着。NHKによる介入問題がどう語られているか、安部議員の記述を追っていたところ、以下の2本が目に止まりました(もちろん、他にも関連の記述はあります)。
最初の記述が1月12日午後5時すぎ、次が1月14日午後11時過ぎにアップされたようです。以下はその引用です。下線の部分(私が線を引きました)が12日と14日では食い違っているように読んでしまうのは、私だけでしょうか?

More
by masayuki_100 | 2005-01-23 23:43 | |--調査報道について | Comments(14)

前回の「調査報道について」、その後の「同 その2」について、ccoeさんからコメントをいただきました。その後、ccoeさんが「朝日vsNHK論争 勝ったつもりで自爆」というエントリを御自身のブログに記されています。非常に丁寧な論考で大いに参考になりました。

その中で、私のエントリに即した御意見も書かれています。ただ、私の言いたかったことがうまく伝わっていない感じがしましたので、少しだけ記しておきたいと思います。(以下はccoeさんのエントリの引用です。そのうち下線部分が私の前回のエントリ部分です=それをccoeさんが引用されています、、、ややこしくてごめんなさい)

More
by masayuki_100 | 2005-01-23 15:44 | |--調査報道について | Comments(0)

前回のエントリ「調査報道について」の補足です。

少し誤解を招きそうなので、追加しておきますと、私自身は「自民党とNHK」(あるいは「政治と報道機関」)が築いてしまった癒着の関係、報道側が政治におもねる今の関係、といった部分に焦点を当て、そのおかしさを暴き出そうとする姿勢自体は、なにもおかしい部分はないと思っています。権力を監視することは、間違いなく報道の大きな柱の一つです。それは変わりありません。

今回の件でも、「なぜ番組内容が改変されたか」(番組内容を放送直前に変えたこと自体はNHK側も認めています)については、まだまだ検証が足りない。少なくとも、たとえば、当該の「戦争と女性への暴力」日本ネットワーク(VAWW-NETジャパン)が1月21日付けで出したNHK海老沢会長あての「公開質問状」があります。この問題の取材にかかわっている記者の方々(当然朝日新聞の方も)は、少なくともこうした疑問点はNHK側にぶつけていく必要があると思います。万が一、「VAWW-NETのやっていることはおかしいから」とか何とか言って、それを理由にこの種の質問をしない記者がいたら、それこそ偏見です。安部、中川両氏に対しても細かな事実関係について種々の齟齬が残っているわけですから、それを次々と聞いていく必要がある。当然のことです。

続きを読む・・・
by masayuki_100 | 2005-01-22 14:25 | |--調査報道について | Comments(10)

調査報道について

 NHK番組への「介入」問題はその後、NHKと朝日新聞の抗議合戦となってきた。「報道への「介入」とは何か」(1月16日深夜のエントリ)のコメント欄で記した通り、現時点で今回の問題についての考えを言うと、「朝日の取材が甘いのではないか」ということです。私の第一の関心はそこ、つまり今回の朝日の取材そのものにあります」「…朝日が具体的事実をどんな風に積み重ねたのかなと思います」という部分は、今も大きく変わらない。

 今回は「NHK・朝日・政治家」が絡んだ個別の問題を離れ、「調査報道」のありようを考えてみた。

 官庁や大企業等の発表、あるいは議会や政治の動きをウオッチングして報道する記事。それらと区別して、自社の責任において取材を行い、その事実を積み上げて報道することを一般には「調査報道」と呼ぶ。
通常、調査報道は、政治家や行政機構の幹部、大企業幹部など、あるいは行政や大企業などの組織全体を対象にする。従って、例えばかつての「ロス疑惑」のように、民間の一私人を対象にした報道は、私の基準では調査報道に含まれない。官僚や政府要人等は法律の定めるところに従い、きちんと仕事をしているか(いないか)をチェックする。それが「調査報道」だと理解している。誤解を恐れずに言えば、今回の朝日新聞の報道も、癒着がしばしば取り沙汰される「NHKと政治」を対象にしたという意味では、調査報道の狙い目としては間違っていないと思う(もちろん今回の報道の「内容」自体が正確で正しかったと言っているのではない)。
 そういった調査報道に取り組む際、実際に報道するか否か、適切な報道になるかどうかの判断は、どこにあるのだろうか。自分の経験に照らして、いつも下記の3点を考える。

もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2005-01-22 03:37 | |--調査報道について | Comments(5)