ブログトップ

ニュースの現場で考えること

ほうき星、1976年春

このところ毎晩、送別会が続いている。一晩に宴会が2つ、という日もあって、お誘いは本当に有難いと思う。で、ブログの更新も連日、こんな時間になる。

「こんな時間」ということで言えば、30年ほど前の「ほうき星」を思い出す。昨晩の夏至の話のときにも書いたのだけれど、私はかつて星が大好きで、本気で天文学者になりたいと思っていた。そんな時期に見たのが、ウエスト彗星という名の大彗星である。あれは、3月だった。郷里の南国・高知もまだまだ寒く、でも、途方も無い大彗星が接近しているという話を星好きの友人たちから聞き、私は興奮して夜もよく眠れなかった記憶がある。

その夜は、興奮して眠れなかったのに、明け方が近づいたとき、つい、うとうとしたのだと思う。目覚ましに気付かず、しかし、突然、ガバッと目覚め、布団から飛び出した。そして、窓に駆け寄る、、、、、たぶん私は、あんな夜明け前の空は、もう二度と目にすることが無いと思う。

空は少しだけ白み始めていた。二階の窓から身を乗り出すと、すぐ近所の蔵の屋根瓦はまだ黒い夜の中にある。その屋根瓦の向こうの空に、明るくサーチライトのような光が立ち上がっているのだ。彗星の、見事な尾である。頭の部分はまだ瓦屋根に隠れているのに、尾だけでも眩しいほどだった。

大急ぎで着替え、私は裏手の山を駆け上った。。。。そのときの様子を何と表現すればいいのだろうか。上で紹介したアストロアーツのページには、当時の様子が見事な写真で残されている。私は大げさでなく身震いした。黒色からブドウ色、白色から朱色へと、グラデーションのように色が変わっていく朝焼けの中に、白色とも金色とも付かぬ彗星が視界いっぱいに広がっていたのだ。裏手の山には写真機材も持って上がったのに、その日は、ほとんどシャッターを切ることも無く、ただただ荘厳な姿に見とれていた。

湖や大きな池のある場所に立ったとしよう。風の無い夜なら、月が水面に映る。暗い場所なら明けの明星や宵の明星も映る。北海道の東部の然別湖北岸は、風の無い新月の夜なら、天の川を湖面に映し出すという。。。ウエスト彗星も、近所の池に大きな姿を見事に映し出していた。空に、地に、彗星は長い尾を曳いていた。

今年の春は、6年ぶりくらいで、実家のある高知に帰省した。私の住んでいた家はそのままだが、二階から身を乗り出したときにウエスト彗星の頭を隠していた蔵は、もう、なくなっていた。確か、前回の帰省の際は、まだ堂々たる白壁があったのだが。あの大きな池も、あろうはずがなかった。

最近は空を見ることも、ほとんどなくなった。ずいぶん、遠くに来たな、と思う。
by masayuki_100 | 2005-06-22 03:49 | ■時計台(日記です) | Comments(0)

夏至の朝

午前3時45分。

太陽こそ昇っていませんが、夏至の朝は、今まさに明けました。

きょうまで、日本のあちこちでは、100万人のキャンドルナイトなどという催しもあります。

こういう朝は、なぜか、伊藤正孝さんの著書「ビアフラ」の冒頭を思い出します。私は名著だと思っていますが、あの本は「クリスマスの短い夜が明けようとしていた」という書き出しで始まるのです・・・・。

私は札幌の西部、小樽市に近いところに住んでいますが、海が近いせいか、けさは、街全体が薄い霧に覆われたような感じです。しかも、札幌の感覚では「田舎」みたいなところで、なんだか啼いている鳥の数もずいぶんと多いようです。私はかつて星が大好きで、一時は天文学者になりたいと思ったくらいですが、残念ながら、鳥のことは全く詳しくありません。いま、耳を澄ませて聞いてみたところ、おそらく10種類以上の声は聞こえています。こういうときに、あ、あれは○○○だ、あっちの声は△△△だ、とか、そうやって言えたら、とても楽しいでしょうね。
by masayuki_100 | 2005-06-21 04:00 | ■時計台(日記です) | Comments(4)

忙しかったり、久々にまとめて休暇を取ったり、いろんなことが重なってしばらく更新を怠っていました。エントリは4月28日が最後でしたので、更新は2週間ぶりになります。

この間、多くの方にトラックバックやコメントを頂きました。ありがとうございました。TBなどは少しずつ返していくつもりですが、漏れが生じるかもしれません。その際はどうぞ御容赦を。

札幌はようやく暖かくなり、今になって桜も満開です。観測史上一番開花が遅かったのは、21年前の5月12日だったそうですから、「最も遅い記録」は逃れたようです。いま、座っている席からは、青空がいっぱいに広がり、目の前のビルの屋上では、日の丸が気分良く風にたなびいています。さっき、大通公園を散歩していたら、花壇の花も美しく咲きそろっていました。

20年くらい前に北海道に来たときは、「なんでこんな寒いところに」と思いもしましたが、こういう気分の良い春を迎えると、北海道はつくづく美しいところだなと思います。
by masayuki_100 | 2005-05-12 16:59 | ■時計台(日記です) | Comments(2)

ガ島通信さんへの手紙

札幌はきのうまで、めちゃくちゃに風の強い日が数日続き、しかも雨混じりで、「今度の連休中に本当に函館あたりに桜前線は上陸するのだろうか」とか、そんなことを思わせる寒さが続いていました。きょうも薄曇で青空はありませんが、あと少しで、梅も桜もチューリップも何もかもが一斉に花開く。。。そんな感じです。

少し忙しい日が続き、自分のブログを更新していませんでした。ただ、この間、ガ島通信さん のエントリ「ライブドア&フジテレビに隠れたニュース」にコメントを付けました。その内容を再掲すると、こんな感じです。


(再掲)
お久しぶりです。。。。防衛庁のイラク取材ツアー中止の件。これは種々の問題を孕んでいる重要な出来事だと思います。そもそもサマワ取材は最初から大いなる矛盾を抱え込んだままですから。ですが、、、

>防衛庁のお墨付きがなければ取材できないのでしょうか?それに、そもそもサマワは「非戦闘地域」であるはず。どこにいても「不測の事態」など起きるわけで… 「ネットには一次情報がない」とか「便所の落書きだ」と批判しながら、ジャーナリズムの重要性を声高に主張していた組織ジャーナリストの皆さん。読者のために、サマワから一次情報を発信してください。

こういう言説は、あまり関心しません。その理由は、賢明なガ島さんなら、お分かりだと思います。ガ島さんが最近書かれるものは、急速に切れ味が落ちて来ているように思いますが、その理由も根は同じなのではないかと感じています。
(再掲終わり)

もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2005-04-21 13:18 | ■時計台(日記です) | Comments(11)

考える猫さんが岡部騎手引退を書かれていました。もうそんなに時間がたったんだなあ、と思います。

岡部騎手といえば、やはりシンボリルドルフではないでしょうか。最初の皐月賞を買ったとき、彼はゴール直後の馬上で、腕を伸ばして人差し指を突き出し、「1」をアピールしました。一着の「1」ではなく、一冠の「1」と後で語っていますが、馬も騎手も風格がありました。それからしばらくして、北海道に来たところ、日高の牧場にルドルフを見に行ったりもしました(ついでにオペックホースとか、悲運な?馬たちもたくさん見ましたが)。

以前は競馬の実況中継をすべてビデオに録画して何度も何度も見たり。。。スズパレードとか、あっと驚くギャロップダイナとか。オグリキャップは、中央初戦の高松宮杯のときから興奮したものです。道営出身のドクタースパートが皐月賞を制したのは、何年だったっけ。

コスモバルクが出てきて、最近また馬に目が行くようになりましたが。。。でも、札幌競馬場の大型ビジョンで声を枯らすたび、哀しいやら悔しいやら、余計にかわいくなったり。。。ま、馬は大変です。。。全然関係の無い話ですが、雑誌の世界で一番原稿料が良いのは、JRAの「優駿」だそうです。なんでも、400字1枚で、ン万円だとか。
by masayuki_100 | 2005-03-29 21:59 | ■時計台(日記です) | Comments(6)

東京にて、後輩と。

きのう19日から東京滞在中です。早速、いろんな方に会い、夜はメディア関係の仕事に就いている大学の後輩たちと、しばし歓談。

私は東京勤務だった2000年前後の数年間、母校の自主マスコミ講座で講師をしていました。受ける側の気持ちはともかく、私自身は「××なやつはこの業界に来るな」とか、「記者に大事なのは志と自省力、そしてひたすら勉強を続けること」とか、およそ記者になるためのノウハウとは無縁なことをしゃべり続けていました(そもそもそんなノウハウなど無いし、あったとしても私が語れるわけはありません)。で、なんと驚いたことに、訪問先のブログ「元全国紙記者のニートな日々」の開設者が、当時の教え子だったとこが発覚。いやはや、世の中は狭い。彼は某全国紙の支局で記者をしてましたが、上司と度々ぶつかり、そして上司たち(主に事件事故報道の分野)の価値観に嫌気が差し、会社を辞めたそうです。話を聞いていると、彼の気持ちも分かりました。

昼間に会ったフリーランスのジャーナリストと話をしていたときも感じたのですが、新聞社の年配記者は若い記者や読者と真摯に向き合う力を失っているのではないでしょうか。その力が「能力」なのか、「気力」なのかは良く分かりません。でも、百歩譲って、それは仕方ないことだと許容しても、いかにもまずいのは、そういう年代の方々が、若い世代や外部の読者と向き合わない代わりに(少なくとも社内の部下に対しては)、「おれの言うことが聞けないの?」式の考えを押し付けていくことにあります。それも体育会系的な方法で。

もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2005-03-20 12:00 | ■時計台(日記です) | Comments(2)

ようやく春らしく

本当に今年は雪が多かった。私と同じ札幌在住の「5号館のつぶやき」さんは2月24日のエントリで「また大雪」と記されていました。本当に連日、あの写真のような状況でした。

ただ、2日くらい前から、札幌もようやく春です。道路わきに積み上げられた雪の嵩が日に日に低くなっています。雑木林に少し入っていくと、樹木の周辺の積雪が、ほかよりも窪んでいるのが分かります。たぶん、樹木の熱で、その周囲は他よりも速く雪が解けているんでしょうね。

「雪が解けたら何になる?」という問い。多くの大人は「水」と答えたのに、子供は「春」と応じた、という有名な話があります。

というわけで、このブログもひと足早く、春に模様替えしました。
by masayuki_100 | 2005-03-17 02:00 | ■時計台(日記です) | Comments(1)

徐々に復活です(^^;

仕事に忙殺されていただけでなく、この間、ひどい熱も出すなど、なんだか2月に入ってからは、さんざんな日が続いていました。ただ、体調も戻ってきましたし、日程も少し緩やかになってきましたので、ブログも復活です。

まずは、この間にいただいていたコメント等に少しずつ、お返事を返したいと思います。
by masayuki_100 | 2005-02-17 03:59 | ■時計台(日記です) | Comments(0)

もうしばらく休息です

札幌では、雪まつりも始まり、観光客が国内外からたくさん訪れています。

そんな中、私は本業の忙しさから抜けきれず、まだブログは休憩中です。先日、休息中ですと書いた後も、コメントやトラックバックをいただいています。本当に申し訳ありません。あと少しで、この状態からは脱することができると思いますので、時間ができたら、コメントなりトラックバックなどを返させていただきたいと思います。
by masayuki_100 | 2005-02-11 22:28 | ■時計台(日記です) | Comments(2)

休息中です

少なくとも今週いっぱい、仕事がかなり忙しく、ブログはお休み中です。コメントやトラックバックをたくさんいただいてますが、時間ができたら、まとめて返させていただきます。しばし、ご容赦を。
by masayuki_100 | 2005-02-03 21:38 | ■時計台(日記です) | Comments(4)