「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

ニュースの現場で考えること

東京・文京区の音羽で起きた幼女殺人事件で、「中づり広告に謝罪告知 幼女殺害記事、文春と遺族が和解」というニュースが流れた。(以下はgooの朝日新聞。後略)

東京都文京区で99年、幼女(当時2)が母親の知人の女に殺害された事件で、幼女の母親が雑誌「週刊文春」の記事で名誉を傷つけられたとして、出版元の文芸春秋に損害賠償と謝罪広告の掲載を求めた訴訟の和解が東京地裁(大門匡裁判長)で成立した。文春が和解金を支払うほか、遺族の手記と謝罪の意を表した「検証記事」を21日発売の同誌4月28日号に掲載する。また、謝罪する旨の告知文を電車の中づり広告にも掲載する異例の和解内容だ。

この事件には、個人的に格別の思いがある。事件のあったころ、私は東京勤務で、事件が起きた「音羽」に住んでいた(住所は大塚)。現場となった護国寺境内は、歩いて1、2分。幼稚園の近辺は、まだ小さかった私の子供たちにとっても、格好の遊び場でほとんど毎日のように足を運んでいた。警察官も自宅に聞き込みに来たし、自宅裏側の護国寺の土手を捜索にも来た。そして私自身は、界隈を歩くたび、何人もの記者に「ご近所の方ですか?」「事件をどう思われますか?」と質問を浴びせられる状態だった。

そのとき、ある週刊誌の若い記者に思わず、「説教」してしまった記憶がある。「この、お受験殺人をどう思いますか」と聞くので、「どうして原因が受験だと分かるの?容疑者が逮捕された直後なのに、そんなところまで本当に調べが進んでいるの? そもそも誰がお受験が原因だと言ったの?」。。。そんな感じだったと思う。その記者は、実のところ、お受験が動機だという根拠は何も持ち合わせていなかったし、私がしつこく逆質問した範囲では、すでに多くのメディアがそう報道しているから、といった回答しか持ち合わせていなかった。

当時、いったい、誰が「お受験が動機」と言い出したのか?

もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2005-04-22 03:58 | ■事件報道のあり方全般 | Comments(10)

岐阜県中津川市で家族ら5人が殺害される痛ましい事件があった。各メディアによれば、無理心中を図った結果らしい。ところで、この事件を報じた朝日新聞のHPには、こうある。

乳児含む家族5人殺害、容疑者は自殺図る 岐阜・中津川

27日午後1時50分ごろ、岐阜県中津川市坂下、会社員藤井孝之さん(39)から「義父に刺された」と、110番通報があった。中津川署員が、藤井さんの妻の父親で同市職員の原平(はら・たいら)容疑者(57)方に駆けつけたところ、家の中で計6人が首を絞められるなどして倒れていた。うち乳幼児2人を含む5人が死亡したほか、原容疑者宅から逃げようとしていた藤井さんも腹を刺されて重傷。原容疑者は、自分が殺したことを認めているが、自分の首を刃物で刺しており、重体。同署は回復を待って殺人容疑で取り調べる。
 同署によると、死亡したのは、原容疑者の長男で整体業の正さん(33)と母親のチヨコさん(85)、長女の藤井こずえさん(30)と、こずえさんの長男の孝平ちゃん(2)、長女彩菜(あやな)ちゃん(生後3週間)。
 調べだと、同日午前11時すぎ、原容疑者が約1キロ離れた藤井さん宅を訪れ・・・


記事はまだ続くのだが、なぜ、この57歳男性は「容疑者」なのか。もちろん、状況から見れば、彼が実行行為者であることは、ほぼ疑う余地はない。しかし、「容疑者(被疑者)」とは通常、裁判所発付の逮捕令状によって、捜査当局が身柄を拘束した人のことを指す。あるいは、書類送検された段階の人を指す。従って、「容疑者」呼称は、その当人の刑事司法手続き上での法律的立場を示すものであって、それを決め得るのは、司法捜査権を持った機関である。目の前で犯行を目撃しても、その行為者が直後に入院するなどして司法当局が回復を待っている場合は、「容疑者」ではない。

少なくとも私はそう理解していたのだが。実際、各新聞のHPを見ると、多くは「原事務長」などの表記を使っている(座りの悪い言葉ではあるが)。

いったい、朝日新聞は何をもって、「容疑者」としたのか? それとも57歳男性は(記事には出て来ないが)逮捕されたのか? 朝刊でも「容疑者」で通しているのか?
c0010784_1748527.gif
by masayuki_100 | 2005-02-28 05:23 | ■事件報道のあり方全般 | Comments(10)

性犯罪をどう表記するか

お気に入りブログの「ある編集者の気になるノート」さんが、昨日の北大生による事件に関連して、「わいせつか、暴行か、強姦か。」という記事を書かれています。性犯罪において、いったいどういう表現・表記が良いのか、実に難しい問題です。このエントリから引用すると、各社の見出しはこうです。(以下引用)

小6女児にわいせつ行為、北大生逮捕・ネットで知り合う(日経新聞)
小6に乱暴、北大生を誘拐容疑で逮捕(読売新聞)
小6女児を誘拐し強姦、容疑の大学生を逮捕 札幌(朝日新聞)

もちろん、3紙とも伝える事実は同じである。
「わいせつ行為」も「乱暴」も「強姦」をさすことは明らかだ。
(引用終わり)

私の勤務先の北海道新聞HPは「北大生、小6に乱暴 ネットで誘い出し自宅へ 札幌中央署逮捕」という見出しです。

私の勤務先では事件報道において、特段の理由が無い限り、「強姦容疑」「強姦罪」「強姦」の用語は使っておらず、いずれも「女性暴行」という用語に言い換えています。言い換えを始めた最初の理由は判然としませんが、読んだ人が強い不快感を覚える、当事者やその家族等が辛い思いを倍加させてしまう、というところではないかと思います。この言い換えは、刑法に新設された「集団強姦罪」「集団強姦致死傷罪」でも同様です。

もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2005-02-24 18:19 | ■事件報道のあり方全般 | Comments(19)

昨日のエントリ「親は出なくていいよ」に対して、「ある編集者の気になるノート」さんからトラックバックをもらいました。私のエントリは以下の内容でした。

歌舞伎俳優の中村七之助容疑者を逮捕 警官殴った疑いで
 
七之助容疑者(21)が逮捕され、それが報道された。そこまでは良い。でも、なぜ、父親が出てきて会見して、謝罪するのか? 未成年でもないし、全くの別人格。もう、こういった「親が出て来い」「親の顔が見たい」式の会見を求めたり、開いたりするのは、やめた方がいいと思うけど。


これに関して、「ある編集者の・・・」さんは、親の顔が、見たいんだ。というエントリを立てています。要約すれば、「そう言っても親の顔を見たい、という欲望は誰にでもある。だからメディアは東奔西走するのだ」といった趣旨になっています。

ひとことで感想を言えば、私自身はすごく違和感を感じました。第1に「親の顔を見に行き、マイクを突きつける」ような取材は、たいていが「逮捕」の段階で行われるのですが、「逮捕」はあくまでも「容疑」でしかありません。どんな犯罪であれ、日本が法治国家であり、刑事訴訟法が厳然とある以上、「有罪」が裁判で確定するまでは、どんな容疑者も推定無罪です。本人が容疑を認めていようがいまいが、法律上は有罪でも何でもありません。それが法治国家というものです。

もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2005-02-01 10:31 | ■事件報道のあり方全般 | Comments(2)

かなり古い本(1986年)ですが、毎日新聞社発行の「戦後の重大事件早見表」という1冊があります。私はかなり気に入っていて、しばらくはよく、この本を眺めていました。たとえば、バラバラ殺人事件の欄には、各地のバラバラ殺人事件が、これでもかこれでもかと載っている、そんな本です。そういったページを眺めていると、昔の方が凶悪事件も猟奇的犯罪も多かったなあ、と感じます。

最近は、新聞は1面で、テレビはトップニュースでこうした犯罪を報じることが多くなりました。でも、毎日の年表を見たり、その他の古い記事を読んだりしていると、どうしても昔の方がひどかったと思えてなりません。実際、警察の統計を丹念に読んでいると、「凶悪事件が増えている」というアナウンスには、「ほんまかいな?」と言葉を返したくなります。ならば、なにが変わったのか? それは全国区のメディアが登場し、そうした犯罪を全国ニュースとして報じるようになった、ということではないでしょうか。昭和30年代の九州の一家5人殺しを北海道新聞で探しても、実は掲載されていない、、、こんな例はいくらでもあります。

もっと読む・・・
by masayuki_100 | 2005-01-17 01:12 | ■事件報道のあり方全般 | Comments(3)

ガ島通信さんが、2004年11月に どうして「タレント」なのか? と題して、島田紳助の呼称問題を取り上げています。

この「島田紳助タレント」は、弊社内でも大きな話題を呼びました(記事はそのまま共同原稿が使用されました)。

事件の被疑者にどんな呼称をつけるか。

それを考える際に忘れられているように思うのは、「容疑者(被疑者)」は、一連の刑事手続きの中においての、当人の法的立場を示す用語でしかない」ということです。したがって、私なりの解釈では、実名で報じるのなら、逮捕であっても書類送検であっても、呼称は「容疑者」です。これは公人であろうと民間人であろうと、実名報道なら、当然です。

ただし、書類送検の場合は、小さな事件が多いので、本来的には、個人名を記すことなく、「会社役員」「司会者」などと肩書きのみを記すべきでしょう。書類送検事案において、個人名を出して報じる場合は、名前自体がニュースである場合、および知名度は低いが肩書き自体にバリューがある場合、の2つに限られるべきだと思います。

日本で不幸なのは、「容疑者」という呼称をつけても、事実上、被疑者は「犯人」だとして報じられてしまうことが多いことにあります。集中豪雨的な犯罪報道によって、容疑者=犯人というイメージが出来上がってしまう。「容疑者は法的立場を示す言葉」という共通認識が希薄なことが最大の問題なのです。かつて、容疑者が呼び捨てだった時代と、犯罪報道の構造と心情はなんら変わっていないのです。容疑者を血祭りに上げ、被害者のプライバシーを興味本位で暴き立てる。挙句、判決の際は判決理由で「報道により社会的制裁を受けている」などと言われてしまう。報道は社会的制裁(=私的制裁、つまりリンチ)機関なのか?

島田紳助さんが書類送検されたなら、ちゃんと島田紳助容疑者と書けばいいと思うのですが。

c0010784_17453890.gif
by masayuki_100 | 2005-01-08 04:01 | ■事件報道のあり方全般 | Comments(1)