「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

ニュースの現場で考えること

毎日新聞北海道支社、41人の記者全員がブログ開設

「ついに」というか、「とうとう」というか。毎日新聞の北海道支社が記者ブログを、それも北海道で活動する記者全員(カメラマンも含む)を、立ち上げた。毎日新聞の社告を下に、少し、引用する。その中で、「記者ブログは既に多くの新聞社が始めていますが、一つの地域の記者が一斉に取り組むのは国内で初めての試みになります」とうたっている。

<以下引用>
社告:「大盛りほっかいどうブログ」来月2日開設 一地域の記者一斉参加 /北海道
 ◇読者とより密接に--国内新聞社、初の試み

 毎日新聞北海道支社は7月2日「大盛りほっかいどうブログ」を開設します。ブログには道内で活動している記者41人全員が参加し、ニュースのこぼれ話などをつづります。記者ブログは既に多くの新聞社が始めていますが、一つの地域の記者が一斉に取り組むのは国内で初めての試みになります。
 ブログタイトルは北海道支社のニュースサイト「大盛りほっかいどう」にちなんだネーミングです。ニュースや情報がたっぷり詰め込まれているという意味を込めました。また、記者41人は自分のブログにそれぞれタイトルも付けています。
 ブログは直接アクセスすることもできますが、毎日新聞の愛読者サイト「まいまいクラブ」からも5日から読むことができます・・・(後略)
<引用終わり>

一部の内容はチラッと読んだ。これから、果たして、どんな内容が綴られていくのか、興味津々である。毎日新聞には礒野さんもいる。礒野さんには会合で何度かお会いしたことがあって、失礼な表現だが、旧人類に属する年令でありつつ、積極的なネット活用論をいつも展開され、すごいなあと思ったものだ。

毎日新聞北海道支社の記者ブログは、もちろん、執筆内容に関するガイドラインは内部に設けているだろう。けれども、41人もの記者全員が参加するとなると、各人が記す内容を、デスク(毎日新聞の場合は「副部長」)が事前にチェックするのは不可能だろうと思う。

しかも、41人のブログのURLを見ると、yahoo!内のブログコーナーを利用している。毎日新聞の公式サイト内でもブログ開設は可能だったろうに、外部のポータルサイトを使うあたりが、何とも言えぬぞ。yahoo!だと、IDやPASSは個人で管理できるから、「この内容は気に入らん!」と上司が思っても、筆者に断りなしに、内容を変えたり、消したりすることは、一直線にはできなくなる(もちろん、一連のIDとPASSは会社も管理していると思うが)。

親しみをもってもらうため、記者の身辺雑記が中心になるのだろうか。仕事については、どんなことを書くのだろう? 当たり障りのない話だけが続くのだろうか、危なっかしいけれど面白い話も飛び出すのだろうか。コメント欄が荒れてきたら、どんな風な展開になるのか。。。うーむ、である。
Commented by 柴沼均 at 2007-07-03 15:59 x
毎日新聞北海道報道部の柴沼です。さっそく取り上げていただきありがとうございます。前任のデジタルメディア局のときの知識で、全員ブログにチャレンジし、無事スタートを迎えられました。

今後については管理人的立場の私も、どんな風な展開になるのか想像もつきませんが、こうした取り組みも、今の時代ならではの試みと思っております。今後もご意見を頂ければ幸いです。
Commented by masayuki_100 at 2007-07-03 16:45
柴沼均さま

私も北海道で仕事していたのですから、当然と言えば当然ですが、毎日新聞の41人の中には、知っている方が何人もいます。本当に楽しみです。身辺雑記のみにとどまらないことを期待しています。

私のブログへも時々、トラックバックを飛ばして遊んで下さい(笑)。
Commented by shibanu_mainichi at 2007-07-04 10:12
トラックバックありがとうございます。当方も試みましたが、うまくいかなかった(爆)
後編を書いたのでよろしかったら遊びに来てください
Commented by 匿名 at 2007-07-19 14:35 x
北海道新聞はここまでひどいことになっているのですか?

25 o'clock 「慰安婦問題は強制連行の有無ではなく人権犯罪ということの本質が重要なのだ」と仰る北海道新聞に電話してみました#more#more
http://25oclock.blog.shinobi.jp/Entry/172/#more


Commented at 2007-10-12 10:06 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 林  ひろし at 2013-01-24 13:38 x
25.1.23の25麺 札幌・姉妹死亡1年  手探りの孤独死対策  という見出しで始まる記事に接して40代の姉妹が公的サービスを受けずに孤独死しているのが発見された件で、記事を書いている伊藤直孝氏は当時この件について取材しきじを書かれているのに、なぜ3回も白石区生活保護課を申請に訪れているのに申請をさせないで突っ返している実態をのちになって当時の白石区保護課蝶伊藤氏はのちになって認めている、からこそ申請用紙の変更をし且つ申請用紙を目に付くところに置くと本庁の保護課長はのべているのに、1年経って当時この件で何度も記事を書いている伊藤直孝氏は今回「公的な福祉サービスを受けておらず」と書いているのかはなはだ疑問でならない これでは11月末に姉の湖末枝さんのどんなにか無念なお気持ちが踏みにじられたであろうと思われて残念に思う
by masayuki_100 | 2007-07-03 00:49 | ★ ロンドンから ★ | Comments(6)