ブログトップ

ニュースの現場で考えること

質問、質問、また質問、、、が必要では?

ネットを浮遊中、安倍晋三衆院議員のHPに到着。NHKによる介入問題がどう語られているか、安部議員の記述を追っていたところ、以下の2本が目に止まりました(もちろん、他にも関連の記述はあります)。
最初の記述が1月12日午後5時すぎ、次が1月14日午後11時過ぎにアップされたようです。以下はその引用です。下線の部分(私が線を引きました)が12日と14日では食い違っているように読んでしまうのは、私だけでしょうか?





*************************************

朝日新聞の記事『NHK番組に中川昭・安倍氏「内容偏り」 幹部呼び指摘』に関し
投稿者: webmaster 投稿日時: 2005-1-12 17:04:09 (427 ヒット)

朝日新聞らしい、偏向した記事である。

この模擬裁判は、傍聴希望者は「法廷の趣旨に賛同する」という誓約書に署名しなければならないなど主催者側の意図通りの報道をしようとしているとの心ある関係者からの情報が寄せられたため、事実関係を聴いた。その結果、裁判官役と検事役はいても弁護士証人はいないなど、明確に偏って内容であることが分かり私は、NHKがとりわけ求められている公正中立の立場で報道すべきではないかと指摘した。これは拉致問題に対する鎮静化を図り北朝鮮が被害者としての立場をアピールする工作宣伝活動の一翼も担っていると睨んでいた。告発している人物と朝日新聞とその背景にある体制の薄汚い意図を感じる。

今までも北朝鮮問題への取り組みをはじめとし、誹謗中傷にあってきたが、私は負けない。

安倍晋三

PS
これからも頑張ります。
ご声援・ご鞭撻のほど、よろしくお願いします。


*************************************

NHKの「模擬裁判」を扱う特集番組に関する報道について
投稿者: webmaster 投稿日時: 2005-1-14 23:26:59 (297 ヒット)
平成17年1月13日(発信のもの)

 報道で問題となっているNHKとの面会は、NHK側の「NHK予算の説明に伺いたい」との要望に応じたもので、こちらからNHKを呼んだ事実は全くない。

 また、この面会では、NHK側から予算の説明後、自主的に番組内容に対する説明がなされたものであって、こちらから「偏った内容だ」などと指摘した事実も全くなく、ましてや番組内容を変更するように申し入れたり、注文をつけたりしたという事実もない。そしてこの番組に関してNHKと話したのは、この時ただ一回だけである。

 「NHKを呼びつけた」「番組内容を変更するように圧力をかけた」という報道や発言は全くの誤りである。昨日私が事実誤認を指摘するコメントを発した後も、引き続きそうした報道が行われているのは、誤りというだけでなく悪意に満ちた捏造と言わざるを得ない。

衆議院議員 安倍 晋三


*************************************


 今回の問題は本当にいろんなことを教えてくれるな、と思うのです。朝日の取材の甘さが気になる、とずっと書いてきましたが、そのほかにも「政治におもんぱかるNHK」とか、そもそも「介入」とは何かとか。。。しかし、NHKと朝日のバトルになってしまったため、「当時、本当は何があったのか」という事実関係の検証は、あいまいなまま終わりそうな雲行きです。本来なら、当時の関係者にもっともっと質問を重ねなければならないでしょうに、NHKと朝日はどっちが勝つか、みたいな部分にだけ、焦点が当たるようになってきました。

 私自身が調査報道に多大な関心を持っていることから、これまでのエントリでは「関心があるのは、朝日の取材の内実」「朝日の取材は甘かったのではないか」と言い続けてきました。同業者だからこそ、気になる、というところでしょうか。
 それは今も変わりませんが、しかし、上記のような安部議員の矛盾(私にはそう読めます)を見ると、「永田町の記者たちは、まだまだ当事者に聞くことが山ほどあるじゃないか」と思わずにはいられません。記者である以上、朝日・NHKのバトルに高みの見物を決め込んだり、傍観者的に評論している場合ではないと思うのですが。(想像ですが)担当記者が安部議員の言い分を一方的に拝聴しているだけでは、まずいのではないかと思います。
 記者は「質問する」ことから、すべてが始まるのですから。

 ・・・というところで、このNHK問題は、しばらくお休みにします。ほかのことも、いろいろと書きたいですから(^^; もし、この関連でコメント等がいただけたら、少しまとまった段階で、書いてみたいと思います。

c0010784_17453890.gif
by masayuki_100 | 2005-01-23 23:43 | |--調査報道について