ブログトップ

ニュースの現場で考えること

「これは犯罪だ」とジーコ監督

サッカーW杯の予選リーグ。昨日の日本・クロアチア戦のあと、ジーコ監督が、試合の開始時間について、怒りをぶつけている。テレビの都合で、あんな酷暑の中で、二試合も連続して試合を行うハメになったと。

日本の主要メディアは、このジーコ発言をほとんど報じていないようだ。ネット上では、「日本敗北の戦犯は電通だ」などとして、すでに随分と話題になっているのだが。

BBCは、Japan boss angry at match timingsというタイトルの下、 Japan coach Zico criticised World Cup organisers after his side played their second consecutive match, against Croatia, in hot weather.  と報じている。それによると、ジーコ監督は "It's a crime that we had to play in this heat again,"と、「犯罪」という言葉までを使って、組織委員会・テレビ関係者を批判している。ビジネスだから仕方がない、と言いつつではあるが。

日本戦の時間変更は、昨年12月下旬に決まった。豪州戦は現地時間午後9時キックオフの予定が午後3時に、クロアチア戦は午後6時の予定が、これもまた午後3時に。いずれも、「テレビ放送のため、当初の予定から各国の時差などを考慮した」結果である。そのため、予選リーグでは、日本など数カ国だけが、あの酷暑の時間帯に2試合も行うハメになったそうだ。

「戦犯は電通だ」という声が起きる素地は、十分にある。
by masayuki_100 | 2006-06-19 18:23 | ★ ロンドンから ★