「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

ニュースの現場で考えること

経済的背景によって「人命の価値」は変わる、、、のか??

「署名で書く記者のニュース日記」は共同通信編集委員によるブログである。この手のブログでは古手だと聞いて、閲覧していたら、こんな記述にぶつかった。2004年4月14日の「人質事件のいらだち」。筆者は伊藤圭一氏。少し古いが、「??」と思った後半部分を引用する。(下線をつけたのは私)

 人命は重い。日本には「人命最優先」「人道的見地に立ち」という言葉の前には、どんな議論もはばかられる雰囲気がある。しかし、人命は地域や経済的背景によって「価値」が異なるのも事実だ。世界中の命が平等に扱われているわけではない。事件には「価値の高い日本人」が狙われたという側面も垣間見える。「人の命はどれも大切で平等だ」というぼくらの中の理想と「不平等」な現実とのギャップにもいら立ちの根がある。

世界中で命が平等に扱われているわけではない。それは事実だ。しかし、その前段の・・・しかし、人命は地域や経済的背景によって「価値」が異なるのも事実だとは、どういう意味か。文章は平等か否かを軸につづられているので、この場合の「・・・価値が異なる」は、高い低いの差を指しているようにしか読めないが、そういう発想には、まったく持って、驚いたとしか言いようがない。

30歳の男性で身長も体重も頭脳の程度も同じ人間が仮に2人いたとして、彼らがそれぞれ米国とインドに住んでいたら、どっちの「命の価値」が高いのか? 社長とヒラではどっちの「命の価値」が高いのか? 伊藤さんと私では、どっちの「命の価値」が高いのか?

どんな境遇であっても、人に支えられ、支えて生きているし、だれにもかけがえのない人はいる。「命の価値」とはまさにそういうものではないのか。過失事故などで人が亡くなった場合の逸失利益とか、給与の多寡とか、貧しい国に生まれ育った結果学力が低いとか、そういうものは、その人の「能力」を推し量り評価する尺度のひとつに過ぎないのであって、「命の価値」の軽重とは全然関係ないと思う。それなのに、命の価値が経済的背景や地域によって異なるなどというのは、不遜以外のなにものでもない。これではまるで「社会の役に立たない=経済的戦力になっていない」人間は、命そのものに価値が無い、あるいは低いと言っているのと同じことだ。

こういうことを平気で言える人は、自分は「命の価値を評価する側」「命の価値を算定する側」に位置していると思い込んでいる。そうでなければ、何とかして「評価する側」「算定する側」に就こうとしているのだと思う。「あなたの命の価値は限りなくゼロに近い」などと、誰かから決め付けられる瞬間を想像したことがあるのだろうか。

何度読んでも、そんな風にしか読み取れなかった。
c0010784_17453890.gif
Commented by ゆう at 2005-01-12 11:18 x
「価値」というとあいまいですが、「価格」と見れば高低があります。人命をホフマン方式で算出すればそうなります。一方で「損傷の復帰」方式で算出すると、どちらもイコール無限大になります。なにしろ、命を復活させることは出来ないのですから。

下は拙エントリーです。
http://www.idealbreak.jp/nikkei/2004/06/post.html
Commented by どこでもどあ at 2005-01-12 23:43 x
こんにちは。原文を読んでみましたが、伊藤さんの言いたかったのは、「何億円ものお金を使って救出される日本人の人質がいるかと思えば、わずか数円の下痢止めがないために死んでいくアフリカの子供たちもいる。この2つの事例での登場人物たちの命の『価値』、つまりその人を救うためにかけられるお金の額や人の力の量は明らかに違う。人の命は平等のはずなのに」ということだったのではないでしょうか。アフリカの子供たちは経済的戦力になっていないから生きる価値がないとかそんなことを言いたかったわけではきっとなくて。ポイントは「価値」と括弧が付いているところだと思います。

ちょっと付け加えておくと、私は何も、「日本人人質を救う費用があれば他のもっと多くの人が救えたじゃないか。無駄金を使うな」と主張したいわけではありません。むしろ何が何でも救うべきで、救うという選択肢は間違っていなかったと思います。(それに対して伊藤さんは「救う」ことに疑問を抱いているように文章からは取れ、その点で私とは立場が異なります) 続く
Commented by どこでもどあ at 2005-01-12 23:44 x
(上の続きです)

しかし、そのために使ったお金とマンパワーがあれば多くの子供たちの命を救うことができたのもまた事実。つまり、ある人を救うためにかける費用は、「地域や経済的背景によって」異なる、と。私たちは、「1000円で何十人もの子供たちに伝染病の予防注射を打つことができます」というユニセフのキャンペーンを無視するかと思えば、「海外での手術料金1億円あれば、難病の我が子の命が助かるかもしれない」と訴える夫婦には10000円の募金をしたりする、そういう存在なわけです。

伊藤さんが感じた「『人の命はどれも大切で平等だ』というぼくらの中の理想と『不平等』な現実とのギャップ」とはそういうことで、masayuki_100さんの読み方は、少し「価値」という字面に引きずられているように思いました。もし読み違えていたらご指摘ください。長文すいませんでした。それでは失礼します。
Commented by masayuki_100 at 2005-01-13 00:00
どこでもどあ さま

確かに、私の読み方が浅かったのかもしれません。あとでゆっくり原文を読み直して見ます。
Commented by 通りがかりのものデス。 at 2005-01-13 01:10 x
人命の価値が平等であるという理想論はさておき、
どうやって人命の価値が計られるかがポイントとなる。

誘拐した人らは、人質となった3人に対して政治的に
価値があると見て誘拐したのだろう。

社長令嬢の誘拐は、その娘の経済的価値に注目した
犯人が誘拐したのだろう。

年収1000万の旦那さんが強盗に襲われている無職の奥さんを
助けに行くのは経済的価値でなく、愛情的(?)価値だろう。

人命の価値なんてそれを比べる人によって違ってくるもの。

それをすべて平等なんていうのは、生物学的価値のみで
判断していると思いますが。
いかがなもんでしょうか。
by masayuki_100 | 2005-01-12 02:37 | ■社会 | Comments(5)