ブログトップ

ニュースの現場で考えること

「対案を出せ」と言う前に。

竹中平蔵氏のウエブサイトに、衆院解散を受けての記者会見の様子が収録されている(もちろん内閣府のHP内にもある)。

その中から以下のQ&Aを抜粋してみたい。

(問)大臣は、担当大臣になられまして、2003年の竹中5原則から始まりまして、郵政民営化の有識者会議であるとかタウンミーティングであるとか、手順を踏んできたわけですが、結果としてこのように否決になったということに対する責任について、どのようにお考えなのか。それと、その責任を何らかの形でとるおつもりがあるのか、その辺をお願いします。

(答)責任に関しては、明白であると思います。私たちの主張を滔々と展開して、国民から信任をいただくこと、そしてその信任の上に立って、郵政民営化の法案を将来の国会、次の国会でしっかりと通すこと、それが私の責任であると思っております。
 重要な点は、私たちは郵政の民営化を提案して、詳細な資料を提供して、そして190時間を超える時間にわたって答弁したわけですけれども、反対する側からは何の対案も出されていないということです。この点は大変、この問題を考える上で重要だと思います。
 皆さん、郵政の問題、「このままでいいとは思わない」と言います。「ではどうするのですか」ということになるわけですが、もちろん自民党の中の反対派も対案を出しておりませんし、民主党も何の対案も出しておりません。ただただ、「嫌だ、嫌だ」と言っているだけではないでしょうか。きちっとした対案があって、それで論争で敗れたということであるならば、これは責任のとりようもありますけれども、我々がきちっと案を示しているのに対して「嫌だ、嫌だ」と言うだけで、それではどうするのかと。将来に問題があることを認めながら「嫌だ、嫌だ」と言われても、こちらは責任のとりようもない。私は、今回のこの政策論争について、そういった点もぜひきっちりと国民の皆様には御理解をいただく必要があると思います。
 重ねて申し上げます。対案は、何も出されておりません。そしてこれは、これまでの改革の論争、例えば、経済政策の枠組みをどうするのか。反対する人はたくさんありましたけれども、対案は誰からも出されておりません。不良債権問題をどうするのか。私たちは提案しました。反対はたくさんありましたけれども、対案はどこからも、何も出されておりません。こういう形を続けてよいのでしょうか。私はやはりこれこそが、今問われている問題の一つであると思っております。

(抜粋終わり)

これと同様の発言を、竹中氏はその後の記者会見でもテレビ番組等でも再三行っている。

だが、竹中氏の言うように、本当に対案は何も出されていなかったのか。そもそも、竹中氏の言う「対案」とは、どのようなものを指しているのだろうか。その点を竹中氏は明らかにしていない。少なくとも、最大野党の民主党が郵政民営化について、自らの考え方・立脚点を何も示していないということはない。暇に任せて、国会議事録を読んでいけば、主に「政府vs野党」の論議の中で、種々の問題点があぶりだされていることは良く分かるし、民主党にしても2005年3月30日 民主党の「郵政改革に関する考え方」についてなどの文書において、郵政問題についての考え方は明らかにしてきた事実はある。





ここから先は、野党の体たらくを脇に置いて書く。そして話も少しそれるのだが。

この「対案を出せ」は、実はかなりのクセものではないか、と私はかねがね思っている。「対案」とは文字通り、なにがしかの提案に対して、それに対抗する提案を行うことなのだろうが、そもそも政権は圧倒的な情報量を持ち、それを自在にコントロールできる立場にある。情報を出すタイミングも自在に計ることが可能だし、自らに都合よく取捨選択することも可能だ。巨大な官僚機構に対しても、本気で歯向かわない限りは、ある程度は自らの意のままに動かすことが出来よう。だからこそ、長年、政権に就いている自民党には、野党とは比べ物にならない政策立案能力がある。

そうした立場にある政権が、郵政民営化法案を提示し、それが国民の代表者たる議員たちによって否決されたのだ。「あなたの提案はおかしい」「提案には反対だ」という声が多数になったのである。この厳然たる事実に対し、「対案を出さずに反対する人はおかしい」と切って捨てる姿は、どこか傲慢に感じるのだが。「対案を出さないのはおかしい」という前に、本来なら、なぜ賛同を得られなかったを真摯に考え、表明するのが、所管大臣のあるべき姿勢ではないか。

たぶん、こうした姿勢は郵政問題に限らない。二項対立で語られるような大きな問題、あるいは政府にとって都合の悪い問題などにおいては、しばしば「対案を出せ」という言葉が登場する。警察の裏金問題を取材しているときも、「裏金をつくらずに済むように新聞も対案を出せ」という声が警察側から出たことがある。すべての事実関係や情報が表に出されたならともかく、そうではない状態で、「対案」など示せるわけがない。

「対案を出せ」と為政者なり官僚なりが本気で求めるなら、情報開示を徹底し、野党であろうと誰であろうと、必要な情報には特別の差異無くアクセスできるようにしなければならない。それが「対案を出せ」の前提条件ではないか。
Commented by トリル at 2005-08-15 18:04 x
>「対案を出せ」は、実はかなりのクセものではないか

そりゃそうなんだけど。
多分現職と担当以外誰にでも出せないインサイダーや機密部分もあるでしょうし、シャドウキャビネットだと言ったところでその辺はそう変わらないのは仕方ないと思う。

有権者もその辺は割り引いて同情的に考えてると思うよ。

しかし割り引いたところで実力が付く訳じゃないのは仕方ないにしても、対案の見せかけや内容や概略がアレでは普通は判断の対象にはならないんじゃないか?
Commented by 妙訝 at 2005-08-16 05:38 x
>「対案を出せ」
僅かながら国会を見てきて、この台詞は、例えば年金改革の時にも、しきりに使われました。
私はこの言葉を、与党の想像力欠如。政策立案能力の無さだ…と感じてきました。

野党が良いアイディアを出してきたら、それに手を加えて内閣もしくは与党側から横取り提出する。それを可能に出来る情報量はご指摘のように間違いなくあるけれど。

そして、情報が無いことにつけ込んでいるだけでなく、隠された実体が判らないからこそ良いアイディアに見える野党の法案に、根拠無く確信的に否定できるのも、実体が公表されている状態とかけ離れているからではなかろうか…とも思える。年金も、郵便も不良債権がとても言えない状況になっているのではなかろうか…と。

小泉改革は、あらゆる行政の問題を、国民への情報開示の義務から外すことにある。そう考えれば、いろいろな不可解な対応が、すべて納得できるような気がする。
Commented by トリル at 2005-08-16 17:37 x
>妙訝さま
>野党が良いアイディアを出してきたら、それに手を加えて内閣もしくは与党側から横取り提出する。
>小泉改革は、あらゆる行政の問題を、国民への情報開示の義務から外すことにある。

もっともだけど、小泉憎しで偏向してません?(笑)

>…と感じてきました。…とも思える。ような気がする。

ちゃんと断りは入れてるわけだけど。

>年金も、郵便も不良債権がとても言えない状況

これはそうだろうと確信してるのよ、私は。
私は正当且つ伝統的な浮動票保持者としてですね(笑)状況を判断し論理的に思考を巡らした結果として投票したいわけです。
個々の人が好悪感情やカン働きをするのは別に構わないのだけど、論理展開ねじ曲げてまで感情に訴えられても、そういう事実しか残らないわけですよ。
その結果が意図した方向に働くかと言えば大いに疑問としか言えないわけです。
むしろそういう展開しかできない陣営なのかと思われるのが落ちではないかと考えてしまいます。

と言うわけで、民主にしろ自民にしろ前向きな評価展開や論理的な公論を待ちたいと思ってるんですがどうでしょう?
Commented by 妙訝 at 2005-08-16 19:14 x
トリル様
ジャーナリストではありませんから、当事者への取材の裏打ちも、秘匿情報の入手もしてませんから、感情論だと言われても、何ら反論は出来ませんわ。
小泉の言論に期待はしたし鼓舞はされましたが、総理になる前から、具体的目的が語られないから支持はできない…という姿勢できました。
私の推論は、政府の与党の発言の矛盾を、合理的に辻褄を合わせると…との論理的推論に基づく帰結です。そして多くの可能性の内の一つです。

野党の質問にろくな根拠も国家像も意図的なほど提示しない説明責任を拒否した既得権者をその事実だけでも非難するに十分だと考えますが、感情論と言われてしまうと、返す言葉がありません。論理展開ねじ曲げですか。へー。

さぞかし一般人には入手できない情報を沢山お持ちなんでしょうね。

論理矛盾を具体例を提示して否定するのであれば、理性的な方だな…とも思いますが、感情論のレッテル貼りで全論否定ですか。もしかして、私に近親憎悪でも感じました?
Commented by トリル at 2005-08-16 20:59 x
>妙訝さま

何かお気に触られたのなら謝ります。すみません。

私は頭脳を使わない日雇い労働者なんで、その様なインサイダー情報は持ちあわせません。
日々の生活から思い感じるだけと言えば、妙訝さま以上に感情だけの環境にあります。
妙訝さまのご意見のうち気になった部分は引用して考察を加えましたが、それ以外の部分は浮動票保持者としての一般論とお考えいただけませんか?

Commented by トリル at 2005-08-16 21:00 x
確かに小泉さんの「自衛隊の居ない所が非戦闘地域です」答弁なんぞは憤慨ものなんですが、元々何を言っても曲解して受け付けようともしないように見えた野党が、論理的でまともの質疑を行おうとしてるようには見えなかったので、ナンセンスな展開の先鞭を付けたのは野党かなと考えています。
が、この件に関しては自民党も結局同じレベルで答弁してしまったので、どちらも代議員として資質に問題有ると思いました。

数年前、鳩山さんが未だ民主党首だった時に小泉首相に財政改革などで代表質問していて、小泉の「私が改革する応援して欲しい」と言われて実質的に答えに窮していたのが懐かしいです。
あの時は鳩山民主党が甘いなとも思いましたが同時に信用できるとも思ってたんです。
小泉が躓くか自民内で困窮するまで待てなかったのかと残念です。
Commented by おすぎ at 2005-08-17 00:04 x
横レス失礼。

>トリルさん

>>論理的でまともの質疑を行おうとしてるようには見えなかった
そうでしょうか?
国会会議録検索システムで該当の議論を見てみましたが、
岡田代表は至って冷静に議論してるように思えましたが。
むしろ小泉首相は、論点を摩り替えようとしていたりする点が、
その他の発言でも見られました。。
どこを見て、そう思ったのか明示していただかないと、わかりません。

まあ、あまり人様のブログで議論するのもどうかと思いますけど・・・。
Commented by トリル at 2005-08-17 00:59 x
>おすぎさん
>どこを見て、そう思ったのか明示していただかないと

あ、すみませんこれで最後にします。
岡田さんは結構評価してます。
それは管さんだった時の記憶です。
Commented by misaki304 at 2005-08-17 02:08 x
 対案を出せ!には 実務家の一人として高田さんと同じ違和感を持ちました。竹中氏の話しぶりでは、「代替法案」を出さなければ議論にならないというふうに傲慢に聞こえます。
 そもそも代議士は法案を判断する人であり、法案を作る事務職員ではないはずです。指針 方向性を判断指示すればよく、それを法案につくるのが事務職員(行政職員)の仕事です。
 したがって、事務方が用意した法案を国会の馬で審理し、もんで修正指示して事務方に返し、より良き法律に仕上げて行くというのがこの国の現実の姿だと思います。
 事務方を独占している政党が、反対者が対案(法案)を出さないからと批判するのは基本的なルール違反であり、それに乗るような形反対はを批判するTVなどは、仕事の基本構造がわかっていないと思わざる得ません。
Commented by 妙訝 at 2005-08-17 03:38 x
そもそも、年金改革が欠陥だと認めた後、なんら一元化案を出さず、未だ出さず、委員会で「そもそも論」をして時間潰ししているのは、自民党です。

一番の違和感は、ここに集約される。


私が最も理解に苦しむのは、小泉支持者(信者?)が、なぜこれら自己矛盾というか二枚舌というかアンビバレントな言動と行動を許容しているのか。
その思考回路をどう理解したらよいのか。もはや謎です。
(政治家諸氏は裏事情を知っているだろうから、小泉支持者の思考が支離滅裂だとは考える必要はないけれど…)
Commented by 妙訝 at 2005-08-17 05:46 x
訂正。
最初の書き込みにある与党側の台詞は、「対案を出せ」ではなく「数値を出せ」でしたね。用法が似ているので思い違いしてました。

法案に基づく改革後の具体的な数値を出せとの要求で、最後まで対話を拒否した与党でしたが、試算に必要なデータを厚生省が出し渋っていた。政官タッグで討論拒否。時間潰しで法律を通してきた。
その頃、与党は「もっと良い案があるなら出してくれればいいのに」というようなコトも、しきりに言っていたように記憶しているけれど。
Commented by masayuki_100 at 2005-08-17 10:27
おすぎさんは「まあ、あまり人様のブログで議論するのもどうかと思いますけど・・・」と書いておられますが、そんなことは、全然気になさらぬように。妙訝さん、トリルさん、おすぎさん、misaki304さん、それぞれのコメントを見ながら、私も勉強してますので。

私の言いたかったことは、例えば、妙訝さんの「年金改革が欠陥だと認めた後、なんら一元化案を出さず、未だ出さず、委員会で「そもそも論」をして時間潰ししているのは、自民党」「法案に基づく改革後の具体的な数値を出せとの要求で、最後まで対話を拒否した与党でしたが、試算に必要なデータを厚生省が出し渋っていた。政官タッグで討論拒否。時間潰しで法律を通してきた」、および、misaki304さんのコメントが代弁してくれているように感じています。
Commented by トリル at 2005-08-20 04:40 x
うーん、やっぱり、ちょっと可笑しいですよ。

全く与党になる気がないのなら単に粗を探して文句を言ってれば良いんですが、少なくとも明日の政権を担おうと考えるならば政府側が出した案件の粗に対して修正素案なり、案件そのものの違うアプローチは用意すべきでしょう。
もちろん政府側が対案を出せと言うのはTPO違反だと思いますが、それで野党が出した対案の良いところを使って成立したら、それは議会の成果であって与党とか野党だけの成果というのじゃないと思います。
そのようにアッピールすべきでしょう?
コメンター含めて全体的にちょっと野党に対して甘過ぎやしませんか?
Commented by at 2006-09-03 11:39 x
暇人の政治好きとはこの事だな。
by masayuki_100 | 2005-08-14 15:33 | ■2005 東京発■ | Comments(14)