ブログトップ

ニュースの現場で考えること

2月、3月の講演会などのお知らせ

2月18日(土)13:00〜 仙台弁護士会館

仙台弁護士会主催のシンポジウム
「秘密保全法制を考える〜国民の知る権利は守れるのか」
講師としてお話しさせていただきます。
テーマは「取材現場から見る秘密保全法制の危険性」です。


2月27日(月)18:30〜 東京・岩波書店セミナールーム
NPJ主催
「検証・福島原発事故・記者会見」(岩波書店)を上梓されたばかりのNPJ編集長、日隅一雄弁護士との対談です。日隅さんによる「連続対談企画10本勝負」の3回目。テーマは秘密保全法制です。

昨日東京で開かれた日隅さんの出版記念パーティに出席してきました。いろいろな思いを抱えながら、日隅さんは力を振り絞っています。日隅さんの持つ希望と執念に、私も追い付きたいと思います。

3月4日(日) 13:30〜 東京・日本橋
JCJジャーナリスト講座・文章教室「伝わる記事をどう取材し、書くか」
JCJ主催の私の文章講座、これで3回目です。ぜひどうぞ。以下は案内文です。

日本ジャーナリスト会議・新聞部会が主催して、JCJジャーナリスト講座の文章教室を開催します。参加申し込み後、課題作文・800字を出してください。送付方法など、ご連絡します。作文を講師が事前に添削したうえ、講座で批評します。まとまった報道記事、読みものをどう書くか、文章術を磨きたいとお考えの方は、ふるってご参加ください。

3月4日(日)午後1時半から7時ごろまで。
場所は、日本橋社会教育会館・第2洋室。
東京都中央区人形町1-1-17  
地下鉄日比谷線・人形町から4分、同半蔵門線・水天宮前から5分

講師・ジャーナリストの高田昌幸(元北海道新聞記者、近著に『権力VS.調査報道』)
事前申し込み制で定員は20人。資料代は1500円。

申し込みは日本ジャーナリスト会議事務局にメール jcj@tky.3web.ne.jp
あるいはファクスで 03・3291・6478
氏名、メルアド、電話番号を明記してください。
すぐに作文送付方法など、メールかファクスでお知らせします。

問い合わせ・日本ジャーナリスト会議 電話03・3291・6475
by masayuki_100 | 2012-02-09 21:28 | ■2011年7月~ | Comments(0)