ブログトップ

ニュースの現場で考えること

12月のイベント出席予定など

12月もいくつか公開・準公開のトークセッション、シンポジウムなどに出席します。決定しているものは以下の通りです。

12月1日午後6時〜同7時半(これは本日)
 立命館大学産業社会学部 ジャーナリズム研究科特別講義
   「技、粘り、逆襲、そして希望 〜 調査報道の現場に生きて」


 同大学 洋々館960教室
 奥村先生とトークする形で進行する予定です
 ニコニコ動画のニコニコ生放送があります → URLはこちら


12月3日午後1時半〜
 シンポジウム「調査報道をどう進めるか」

 上智大学2号館508教室

 私は基調報告。メーンのシンポジウムでは、「プロメテウスの罠」などを連載の朝日新聞特別報道部長の依光隆明さん、検察問題に詳しい元NHKの敏腕記者で現在は東京都市大学教授の小俣一平さん、共同通信編集委員で日米核密約に詳しい太田昌克さん、上智大学文学部新聞学科教授の田島泰彦さん・橋場義之さんが登壇します。
 資料代として500円。予約等は必要ありません。
 イベント概要はこちら → 私のブログの過去のエントリ 小俣さんのブログ


12月9日午後8時〜
 ニコニコ動画 ニコニコ論壇の生中継

 「沖縄」を考える〜「レイプ」発言、メディア、日米問題

 出席は沖縄国際大学教授の前泊博盛さん(元琉球新報論説委員長)、元外務省国際情報局長、元防衛大学教授で日米問題に厳しい警鐘を鳴らし続ける孫崎享さん、それに高田。
 防衛省の沖縄防衛局長が問題発言で更迭されました。依然として歪んだままの日米関係、沖縄の基地問題。なぜこんなことが続くのか。こうした問題に旧態依然とした既存メディアはどう関わっているのか。調査報道の名手として知られ、日米の機密を次々と暴いた前泊さんの経験、鋭い視点を保持し続ける孫崎さんにたっぷり語っていただく予定です。
 中継のチャンネルはこちら → ここを押せば生放送用のページへ飛びます


12月15日午後6時〜同7時半
 ジュンク堂書店 札幌店のトークセッション
 「権力の壁を打ち破れ! 道警裏金問題のその後を交えて」


 出席は、北海道警察の元釧路方面本部長で現在は市民のフォーラム北海道代表の原田宏二さん、それと高田。司会はフリージャーナリストの浅利圭一郎さん
 北海道警察の裏金問題が世上を騒がせてから、すでに8年ほどが経過しました。しかし、問題は本当に解決したのでしょうか。最近では稲葉圭昭・元道警刑事が、「道警は覚せい剤130キロ、大麻2トンの密輸に関わり、それを闇から闇へと葬っている」と近著「恥さらし」(講談社)で核発しました。この問題と裏金問題は密接に関わってもいます。
 原田さんは「朝まで生テレビ」にも出演するなど警察問題を語らせれば、当代の第1人者です。また「道警の覚せい剤密輸事件」に絡めて道民の皆さんの前で直接話をされるのは、今回が初めての機会となるはずです。
 定員25人、ドリンク代400円。事前の予約が必要です。
 詳細はこちらのページでご覧になることができます。→ こちらをクリックして下さい
by masayuki_100 | 2011-12-01 12:15 | ■2011年7月~ | Comments(0)