ブログトップ

ニュースの現場で考えること

9月、10月のイベント参加予定など。

9−10月、対外的ないくつかの催しに出席します。イベントそのものだけではなく、みなさんと歓談できる時間があれば、と願っています。日程が確定している催しは下記の通りです。詳細は主催者にお尋ねください。


月刊「創」主催 原発シンポジウム第3弾!
日時:2011年9月15日(木) 開場18時20分 開会18時45分 閉会21時30分
会場:文京シビック小ホール

第1部 原発報道の検証――いまメディアに何が問われているのか
18時45分~20時10分
出演:上杉隆(ジャーナリスト)/森達也(作家・監督)/高田昌幸(ジャーナリスト・元北海道新聞報道本部次長)/司会:篠田博之(月刊『創』編集長)

※上杉さんはこの間、既存の記者クラブメディアを徹底批判した急先鋒のジャーナリスト。先頃出版した『報道災害【原発編】』が評判だ。森達也さんはオウム真理教を描いた『A3』で講談社ノンフィクション賞を受賞。創出版から『極私的メディア論』を出版するなどメディア論でも知られる。高田さんは、北海道警裏金追及キャンペーンを道新デスクとして主導しながら、道新に対する道警の巻き返しともいえる訴訟攻撃を受けてきた(『創』2011年1月号の高田さんの署名記事参照)。結局、この6月道新を退社。この高田さんをめぐる経緯そのものがマスメディアの問題を浮き彫りにしているといえる。現役記者の時代から記者クラブ制度批判を続けてきた高田さんに、今のマスメディアのどこがどう問題なのか語っていただく。

第2部 原発と市民運動 20時20分~21時20分
出演:雨宮処凛(作家)/鎌仲ひとみ(映画監督)/鈴木邦男(一水会顧問)/司会・篠田博之

※鎌仲ひとみさんは映画「ミツバチの羽音と地球の回転」の上映運動を全国で展開している監督。『創』最新号(9・10月合併号)でその映画の上映と原発問題について語っている。
雨宮さんと鈴木さんは、この間、原発反対運動に積極的に関わっており、先頃、創出版からそれぞれ『ドキュメント雨宮☆革命』『新・言論の覚悟』を出版。今注目されている論客だ。

入場料:1000円(当日会場受付でお支払いください)
主催:月刊『創』編集部  申し込みフォーム・詳細はここをクリックしてください。



『希望』(旬報社)刊行記念トークショー
新聞記者という仕事


高田昌幸(ジャーナリスト)×青木理(ジャーナリスト)
■2011年9月17日(土)18:30~20:30(開場18:00)
◇会場 ジュンク堂書店新宿店 8階カフェにて
◇定員 40名
◇入場料 1,000円(1ドリンク付き)
◇参加ご希望のお客様は7Fカウンターにてお申し付けください。
電話でのご予約も承ります。
お問合わせ先:ジュンク堂書店新宿店 電話:03-5363-1300

このトークショーの詳細はこちら



日本ジャーナリスト会議主催 
JCJジャーナリスト講座 第1期




★高田が出席するのは10月15日のみです。以下は主催者からの案内です。

☆10月8日土曜からスタート 4回連続
☆第一線の記者・デスクが現場の今を伝える
☆課題作文の添削を含めた徹底的な文章指導も
☆報道写真の撮り方も熟練フォトジャーナリストが伝授

〈JCJジャーナリスト講座の日程〉
◆10月8日(土)午後1時半から5時 東京・神保町の岩波セミナールームで
講座①「海外取材のABC」(元米国特派員) 講座②「特報部の仕事」(現場デスク)

◆10月15日(土)午後1時半から5時 東京・神保町の岩波セミナールームで 
北海道新聞の元記者・高田昌幸さんの集中講義 事前に10月5日までに手書きで800字の課題作文をPDFファイルにしてメールで提出。その講評と添削指導を含む。
講座③「取材とは何か。体験的取材報道論」
講座④「報道の文章とは。書くことのプロであれ」

◆10月22日(土)午後1時半から5時 会場は未定(後日、連絡します)
講座⑤「戦争と平和の問題を追う」
講座⑥「原発震災報道を考える」(元NHK解説委員)

◆10月29日(土)午後1時半から5時 会場は未定(同上)
講座⑦「報道写真のためのカメラ術・撮り方のポイント伝授」(元朝日新聞写真部記者)
テーマを決めて撮った写真と簡単な説明文を事前にメールで提出。(詳細は後日連絡)
講座⑧「テレビの仕事・放送記者とは」(在京テレビ局ジャーナリスト)
会費制で簡単な終了パーティーを予定

定員40人。受講者資料代として1回1000円(4回まとめると3200円(支払いは会場で)

申し込みはメールかファクスで。①氏名②年齢③住所④電話番号⑤メールアドレス⑥参加希望日
を明記のうえ日本ジャーナリスト会議事務局へ。9月1日から受け付け開始
メール jcj@tky.3web.ne.jp
ファクス  03・3291・6478
主催・JCJ新聞部会  問い合わせ・JCJ事務局(電話03・3291・6475)

日本ジャーナリスト会議(JCJ)のホームページはこちら。
by masayuki_100 | 2011-09-04 12:23 | ■2011年7月~ | Comments(0)