ブログトップ

ニュースの現場で考えること

国鉄時代の懐中時計と、JR西日本の事故

3度目になるが、JR西日本の列車事故について、また少し書いておきたい。

以前のエントリ、「ふるさと銀河線、消える」にも書いたが、私の父は国鉄マンだった。最後は、高知県の名もなき駅(駅員3人)で退職した。その父もやはり国鉄の優秀さは自慢だったようで、「日本の国鉄は世界一正確じゃき」とよく語っていた。

今はどこに行ってしまったか、分からないが、当時、父は国鉄の懐中時計を常に持ち歩いていた。文字通りの「手のひらサイズ」で、耳に当てると、チッチッと秒針の小さな音がする。銀色の蓋が付いており、裏側には確か、「JNR」「日本国有鉄道」の2種類の文字が刻印されていたように思う。セイコー製で、それが、世界に正確さを誇った「国鉄」の象徴だった。

だが、尼崎の事故の後で思えば、あの正確さは、なんと言うか、ある種の牧歌的な環境の中でこそ、可能だったのではないかと思えてくる。。。。駅員がホームで懐中時計に目を落とす。乗客はとっくに乗車・降車を済ませている。後続の列車がすぐ真後ろに迫っているわけでもない。列車自体が急加速できるような性能を持っていないし、運転席には2人も乗務している。やがて、発車時刻が近づく。駅員が笛を鳴らす。。。そんな環境だったのだ。

あのころ(昭和50年代後半ごろまで)は、そんな感じだった。四国やその他、田舎だけの風景だったのかもしれない。都会はその当時も、とっくに、今みたいな「過密ダイヤ」だったのかもしれない、とは思う。でも、「210.153.236.31 」さんが、私の前回のエントリ「JR西日本の事故と、いくつかの数字、過去記事」のコメント欄で教えてくれたJR宝塚線(福知山線)の変貌ぶりは、やはりすさまじい。数字を見ていると、息をのむ。

(以下、コメントから引用)

↓平日データイムのJR宝塚線上りにおける並々ならぬ努力の例

a. 列車本数増発
  1987年 毎時03本 平均時隔20分(各停3)
  2005年 毎時10本 平均時隔06分(各停4,快速6 特急は除く)
b. 所要時間短縮
  1987年 宝塚→大阪約30分(各停)営業最高速度110km/h(105?)
  2005年 宝塚→大阪約22分(快速)営業最高速度120km/h
c. 運転系統見直し
  1987年 大阪行のみ
  2005年 ↑+京都線・学研都市線への乗り入れ+快速の設定


乗客が速さと安さを求めた結果か、会社がそのような利便性を売り物にした結果か、それは人によって見方は異なると思う。しかし、このような「結果」は、厳然として、そこにある。そして、JR西日本では、「1秒」単位で運行を管理していた(つまり1秒単位で列車運行にかかわる人間を管理していた)というニュースに、愕然としてしまう。




JR尼崎駅、1秒単位で遅れ報告 「負担過酷」指摘も (朝日新聞。以下引用。一部略) 2005年04月27日08時26分

 JR西日本は、兵庫県尼崎市で起きたJR宝塚線の脱線事故前、1秒単位で電車の遅延状況をつかむ調査を行っていた。
 学校の始業式があった今月8日からの1週間、兵庫県尼崎市の尼崎駅では、朝夕のラッシュ時に発着する列車の運転士が出発時間を1秒単位で自主報告した。
 日常的に遅れが目立つ列車の改善のため、JR西日本が02年から主要駅で始めた取り組みだ。同社は対象列車を「要注意列車」と名付け、年5回程度実施している。
 同駅は宝塚線と東西線、神戸線の乗り継ぎ駅にあたり、1列車の遅れが京阪神全体で万単位の利用者に影響する遅れにつながることもある。三浦英夫・運輸部長は「定時運転に加え、ダイヤの改定に反映させるため。我が社独自の取り組みだ」と狙いを説明する。
 だが、同社のある労組幹部は「このような管理態勢が脱線事故を招いた背景にある」と指摘。「1秒単位で報告させるなんて、運転士に運転をあせらせる無用のプレッシャーをかけるだけだ」と批判する。


ホームに駅員が立ち、懐中時計に目を落としながら「定時」を確保した光景は、もうどこにも、微塵も残っていない。そもそも、例えば、私が利用するJR北海道のある駅では、駅員がホームにいない。もし、今回のケースでも、事故を起こした列車が直前に、オーバーランした際、そのホームに駅員が居たら、「40メートルのオーバーランを8メートルと虚偽報告した」ような事例も、成り立たなかったのではないか。

ホームに駅員が居ない光景は最早当たり前だ。そして、機械的な安全装置に万全を期した上で、さらに駅員を配置するといった考えは、経営的には妄想に近いのだろう。

過去の主な列車事故を眺めていると、大事故はなんとなく、(1)終戦直後の混乱期 (2)高度成長へ向かって本格的に離陸を始めた1960年代初め (3)国鉄の分割民営化直後 (4)そして今 の4時期に大別できるように思える。そして、社会全体や職場環境が大きく変貌し、現場の技術伝承や安全管理など「人」に頼った部分が、これらの変動についていけなかった結果のようにも思える。

(4)の「そして今」は、将来、どういう単語で表現されるようになるのか、まだ分からない。けれど、例えようのない大変動の中に居ることは(ぼんやりとだが)実感できる。

北海道はこれから本格的な観光シーズンに入るが、実は毎年のように格安ツアーのバス事故がおきる。2泊3日で道東・道央の主要観光地を巡るツアーなどは、日程が「弾丸」並みだ。バスの運転手さんは、どういう感覚でハンドルを握っているのだろう。けさ、届いた声は「バスの運転手は速度違反しないと旅程をこなせない」と訴えていた。

何もかもが、ものすごいスピードで進む。そして、さらなるスピードアップが「望まれている」と「主語抜き」で語られる。そうした中で、「安全」と「スピード」と「定時」と「労務管理」と「人事評価」と「経営」と・・・・そういったものは、それぞれどう折り合いをつけていくのだろう。問題が複雑過ぎて、何の知恵も具体案も持ち合わせていないが、自分自身は取りあえず、「5分や10分がどうしたと言うの?」という鷹揚さは失わないでいたいと思う。
Commented by 海ラジ at 2005-04-28 19:45 x
TBとコメント、ありがとうございました。

 安全性よりも効率・利益を追求するのは、営利企業のある種の宿命であると思います。それを是正できるのは、利用者が安全性にどれだけ関心を払うかであり、メディアが監視の姿勢をどれだけ持つか、ではないでしょうか。安全性が低いとわかっている交通機関は、誰も利用しないわけですから。

 今回の事故だって、ひとたび惨事になると、厳しいダイヤ管理だとか運転士の過酷な実態だとかがボロボロ出て来る。だったら、事故の前にこういう報道がどうしてされなかったんだろう、と思います。(前エントリに引用された、98年の朝日新聞記事は数少ない例外ではないでしょうか)

 さいたま市のドンキホーテで3人が死亡する火災が起きたときにも、同じことを思いました。火災に対する弱さはたくさんの人が気付いていたのに、メディアはどうしてそれを問題にしてこなかったのか、と。
Commented by nori at 2005-04-28 19:58 x
他人の所業を責めるには自分たちの周りを
よく見渡してみましょう。
私も人のことを言う資格はありませんが
いかにも見え透いた批判の文章は道新の
人間らしいかな。。。なんて、。、。、。失礼
Commented by hiroponZ at 2005-04-28 23:21 x
余裕の無いダイヤに1秒単位の管理とは・・・。技術立国日本の象徴なのかもしれませんが、個人(この場合は運転手)にかかる負担がだいぶ大きいような気がします。せめて何らかの形でサポートする環境を整えて運転手の負担を減らす、言い換えればどんな下手糞でも事故を起こさないようにという工夫をするべきだったのではないでしょうか。
Commented by hide at 2005-04-29 00:11 x
はじめまして。
なにか物流業界のお話にも似ていますね。

競争が激しくなるあまり、その業界の人々(特に立場の弱い現場の労働者)を苦しめてしまっているということでしょうか。

JR西ではトップが未だに「プレッシャーのない指導は考えられない」と発言するなど、それが「まずいこと」だという認識すらもてていない様子でした。

ちなみにうちは田舎ローカルなので、列車の発着の際には駅員さんが切符を切り(正確にはハンコを押す)、ホームに出て乗客を見守ってくれます。

意識していませんでしたが、こうした風景のなかに暮らせることは幸せなことなのかもしれませんね。
Commented by as3450 at 2005-04-29 08:39 x
第4の波は私の直観ですが、将来、世界史的には「グローバリゼーション(地球化)期」、日本史的には「日本の国際化期」と呼ばれるようになるのではないでしょうか?

海外のメディアが日本人の効率性希求に驚きの声をあげていますが、何のことはない。欧米人だってウォールストリートに行けば、1分1秒でも他より早く情報を得るため、しのぎを削っているんです。以前NHKの番組で見たのですが「通信端末の動きを見てからでは遅い。うちは売買注文が遅れぬよう証券取引所にマイクをセットしている。大きなどよめきが上がったら即座に反応できるようにしているんだ。」とある証券会社幹部が語っていて、心底、舌を巻きました。ステージこそ違えど、彼らも生き馬の目を抜くような市場で格闘しているのです。

マスコミにしてもそうでしょう。共同通信がイラクで先走ってどんな誤報をおかしてしまったことか。そもそも新聞社全体が「スクープ」を渇望し、「特オチ」をどれだけ恐れているのか。なぜそんなに焦っているのか。
Commented by as3450 at 2005-04-29 08:40 x
この問題は資本主義の問題というよりは、人間そのものが持つ「業」の問題にまで遡らないと解明できないような気がします。(そこを安直な解決法に走って失敗したのが旧来の社会主義、共産主義だったとも言えるかも知れません。その顛末は歴史が教えているとおりです)

たしか北海道という土地は、日本で最後になるまで蒸気機関車の通常運行がされていた土地だったと記憶しています。それでもあの哀愁を帯びた汽笛の音色が、沿線から消えて30年は経ったでしょうか。時代は変わりました。我々は好むと好まざるとに係わらず、何処かに向かっています。

今の流れの中にあって「スローライフ」を唱えることは簡単ですが「スロービジネス」を唱えることは実に難しい。私自身は月並みだけれども、テクノロジーがもたらした歪は、やはりテクノロジーが解決していくしかないだろうと思っています。そしてそこに、このインターネットという落とし子も生まれてきているのかななどと考えたりしています。

新しいテクノロジー(狭義の技術だけではなく経済学や医学も含む)は、多分、そこに「人間」や「自然」といったキーワードに対する知識が欠かせなくなってくるでしょう。
Commented by ノートリアス at 2005-04-29 10:55 x
運転手の「定刻厳守」と、新聞記者の「締め切り」と、似ていますね。
「延着の恐怖」と、「特オチの恐怖」と・・・。
Commented by at 2005-04-29 12:22 x
高田さんがおっしゃられている「ホームに駅員がいない」と書かれているのを見て、数年前に関西のJRで「人身事故」が多発して毎日のようにダイヤが乱れていたときに「駅員おけばいいのに」と漠然と思ったのを思い出しました。

「210.153.236.31 」さんには私の感覚的な意見を数値化していただいた形になり、大変ありがたく思っています。このような「変貌」で運転士の負荷が大きくなったとすれば、数々の経験をつんできたベテランの運転士
だから対応できるというところもあるのではないか、と想像します。経験の浅い運転士が乗務するに値するだけの教育・訓練がなされてきたか(スピードアップなどの変化に応じた教育システムがきちんと構築されてきたか)チェックが必要かなと思います。このあたりは「コスト削減」のために派遣社員を多数抱える工場など、他の産業分野でも共通の課題になってくるように思います。
Commented by DEL at 2005-04-29 18:19 x
事故以来、各新聞で電車のオーバーランが記事になるようになってます。
「○○駅で電車が○メートルオーバーラン」
電車が駅に止まらなかったり100m以上通り過ぎてダイヤが大混乱したなら記事になるのもわかります。
しかし記事は15mや10mあげくは2mですよ。こんなの当たり前に日常茶飯事です。
事故が起こったのはオーバーランしたからではありません。その遅れを取り戻そうと速度違反したからです。
大きな問題ではない数メートルのオーバーランをとりあげて記事で責めることで、運転士によけいなプレッシャーをかけ事故を誘発することもわからないのでしょうか。
オーバーランを避けるために不要な急停車でけが人がでてしまうかもしれません。
高田さんの新聞社ではこのような馬鹿な記事を載せないようなチェック体制はとれていますか?
事故防止のための本質に迫ることなく、むしろ事故を祭りにして商売に勤しんでいる新聞社の馬鹿さ加減に腹立たしい思いです。
Commented by 道新配達員ですが。 at 2005-04-29 19:04 x
こんなとこで遊んでないでもっとまともな記事を書いてくださいよ。
私たち新聞配達員は薄っぺらい新聞とそれより重い広告チラシを雨の日も風の日も吹雪の日も月三万円そこそこでの安い給料で運んでいるのですから。
あなたたちの年収は一千万円以上がざらだそうですね。
道新は記事の内容が乏しく読むところがないね。
本州からの転勤族は必ず言います。
主婦は道新は広告チラシがたくさん入ってくるからいい。
年寄りは地元の死亡広告を見なくちゃならない。
これが道新の読まれている主な理由です。
15年も配達していると分かるんですよ。
北海道では独占企業。毎日惰性でだらだら仕事しても
潰れる心配の無い商売はいいね。
頑張って配達しますので、もっとまともな記事書いてくださいよ。
毎朝の発送はいつも遅れるのはどうしてなの。
朝三時から待っているのに。
もっとまじめに頼むよ。。
Commented by at 2005-04-29 21:08 x
匿名掲示板の中傷を並べただけ。芸がなさ過ぎ(笑)
あなた、月3万の給料でどうやって生活してるの?
Commented by 読売配達員 at 2005-04-29 22:33 x
道新配達員さん。くだらないこと書くなよ。文句あるなら販売所の社長か本社の販売に言いなさいよ。
Commented by iroiro at 2005-04-30 09:05 x
不況の波をリストラ(解雇を含む様々なコストカット)で乗り切った日本企業は、そこに今の利益の源があるが故に、今後リストラが進むことがあっても、昔の余裕のある(お金のかかる)体制には戻れないと思います。

何かを減らしたのだったらそれを補う何かが必要なのは当然ですが、今は減らしたコスト分を残った現場の人々が体力に任せて一生懸命補っています(JRだけではないですが)。人間の能力自体はここ100年あまり変わっていないのにも関わらず。

じゃあどうするのか。お金を使えないんだったら、頭を使って考えに考え抜くしかないと思います。何か今の日本の方向を見ていると、かけられるお金も人員も凄く少なくなっているのに、経費をじゃぶじゃぶ使っていた時代と同じ程度の考えで物事が決まっているように感じます。

でも、そろそろ誤魔化しがきかない所に来ているような感じが最近凄くしています。
Commented by delta at 2005-04-30 12:21 x
http://d.hatena.ne.jp/swan_slab/20050429#p2
blog「駝鳥」より、記事”JRの安全管理(日勤教育)”

http://d.hatena.ne.jp/amai_oyatsu/20050428
blog「甘いおやつ」より、記事”丸2日以上「身元不明」も”

http://d.hatena.ne.jp/gachapinfan/20050428#p1
blog「gachapinfan」より、記事”43年前の列車事故”

http://blog.goo.ne.jp/asaikuniomi_graffiti/e/e5a8a6fa62cab6c5768eb883a951ccf1
blog「浅井久仁臣 グラフィティ」より、記事”報道の自由は生きる権利を上回るのか”

http://blog.goo.ne.jp/i-demo/e/a668cf2f5fbb25f2b85cda2ac0a94a59
blog「インターネット民主主義実験室」より、記事”国鉄民営化はすべきでなかった”

http://amrita.s14.xrea.com/d/?date=20050429#p01
blog「圏外からのひとこと」より、記事”のたうつ龍神のような車体”

http://io5.no-blog.jp/iolog/2005/04/post_60b2.html
blog「iolog」より、記事”福知山線事故生還から二夜あけて。《脱線事故全記録》”
Commented by とと at 2005-04-30 17:28 x
TBさせていただきました。

私は秒単位の報告を求めるのは、運行状況を定量的に把握するためには、必要なことかなって思ってます。(ただJR西の独自の取り組みということは、もともとダイヤがきつすぎることの裏返しなのでしょう)またそのデータ収集は、JR西の言うように、懲罰のためにやっているというよりは、ダイヤ改正のためなんじゃないかとも思うんですけど。毎日同じ時間だけ遅れるのは、乗降客が多いせいだし、そのことが数字に出てくれば、改善もできるでしょ?労組もこのデータをネガティブに捉えるだけじゃなくて、もっと利用して運転士の負担を軽減する努力をすべきだと思いますが。
(・・・・今、こんなこと書いたら、非難の的になっちゃいそうで怖いですが・・・・)
でも、列車の安全な運行の責任はJR西にあると、わたしも思ってますから。念のため・・・
Commented by ピンクの唇 at 2005-04-30 21:40 x
高田昌幸様
はじめまして。ピンクの唇です。
高田さんのお父様は国鉄マンだったそうですね。
牧歌的な環境の中での時間の正確さ、興味深く読ませていただきました。昔は定刻を待つくらいの時間があったのですね。でも今はゆっくり時計を眺める時間もないのでしょうね。JR西日本の運転士は時間に追いかけられている感じです。一秒単位で管理されている運転士の精神状態を思うと、彼らも犠牲者と思わずにいられません。大勢の乗客の安全を預かる運転士の心が常に遅延による「罰則」の怖さに満ちているなど、精神衛生上よいわけがないですよね。
今日の東京新聞に、車掌さんによるコメントがありました。カーブに入る前にすでに脱線しそうだ、と思ったと。直線の状態でも脱線の予感があったということですよね。脱線した理由がまたわからなくなりました。
※「社会の窓・理解の窓」にリンクを貼らせていただきました。
Commented by 一針坊たけのすけ at 2005-05-01 13:57 x
列車事故は経済優先社会が最大の原因
http://www.heiwatou.jp/shinbub38.html
http://www.heiwatou.jp

Commented by あかね@産業看護職 at 2005-05-01 21:30 x
えっとこんにちわm(_ ”_)m
>「安全」と「スピード」と「定時」と「労務管理」と「人事評価」と「経営」と・・・・「メンタルヘルスと健康管理」もいれてあげてくださいm(_ _)m
「労働者の安全衛生管理義務」と「業務遂行の縁の下の力持ち」地味ですが、せいいっぱい働かなきゃいけないなと感じます。牧歌的な風景、思い浮かんでしょうがないですが、(北海道に帰りたい病(苦笑))ここで、「現代はそういうもんなんだ」とあきらめちゃいけないなあとあらためて思いました(´`)ゞ
Commented by delta at 2005-05-04 20:16 x
http://d.hatena.ne.jp/swan_slab/20050502#p1
blog「駝鳥」より、記事”脱線事故関連のヘンな報道をいくつか”

http://dainagon-end.at.webry.info/200505/article_2.html
blog「nagoyan」より、記事”尼崎事故について、まだ考えている”
Commented by 寝癖 at 2005-05-06 18:24 x
脱線事故報道について、どうやらまた某ネットで「自分の事は棚に上げて正義面している」、と報道批判が盛り上がってるようですね。

でもそれを「道新配達員ですが」さんのように、高田さん個人にぶつけるのはお門違いでしょう。
高田さんはこの構造を変えようとしている側なわけですから。
Commented by k at 2005-05-06 19:59 x
最近、道新の月曜朝刊はパチンコ屋のチラシが異常に多いのだが、
今日あんまり多いから数えてみたら24枚もあった。
パチンコ情報書いてよ。
Commented by ネグセ at 2005-05-06 20:07 x
>道新職員の一部が加盟している
ある労働組合の資料では平均賃金が年収1000万円以上。

明日の朝刊できちんと公表してね。
正義の味方さん。
Commented by DEL at 2005-05-07 01:16 x
福知山線脱線事故報道の異常さは不快を通り越して怒りを感じます。
どうやら記者様というのは断罪権をもったお偉い存在なんですね。
記者様に批判的なコメントを書いてしまい申し訳ありません。
Commented by もん at 2005-05-08 08:08 x
もし、その福知山線の変貌ぶりに着目したなら、鉄道に縁がある方であれば、なぜそのような急膨張が必要になったかを考えていただきたいです。
旧国鉄は、首都圏には潤沢な投資を行いましたが、関西についてはほとんど放置状態でした(それが、都市圏輸送とはとても思えない1987年の状態です)。そして、膨大な債務を残して分割民営化。JR西は、その債務を引き受け、そして、旧国鉄の強力な収益源であった首都圏輸送(JR東)も東海道新幹線(JR東海)も失い、収益基盤の確保すらままならない状態で、その基盤を作るために、関西圏における私鉄との競争に乗り出していかなくてはならなかったのです。そして、すでに沿線開発を高度に進め、安価に列車を頻発していた私鉄に対抗する手段が、「高速化」と「ネットワーク化」でした。そうした背景が、「神業ダイヤ」とも言われる余裕のないダイヤにつながっていったのです。
Commented by delta at 2005-05-08 14:28 x
http://www.ken1.tv/message/message050502.html
blog「下村健一 公式Webサイト」より、記事”"怒り"のオーバーラン、していませんか?”

ちなみに、この方は 日本の男性で、はじめて育児休暇をとったという人物だそうです。
Commented by あさひ素材 at 2005-05-10 08:11 x
こんにちは。
TB を貼らせてもらいました。

私の記事ではマスコミ批判が続いてしまいましたが、良い記者だってたくさんいる事はわかっていますので、お気を悪くなさらぬように~。
Commented by ヒロコ at 2005-05-12 10:51 x
2004年度新聞協会賞 受賞おめでとうございます
横浜で講演されるそうですね。

第2部「“道警ぐるみの不正”を認めさせるまで」北海道新聞・高田昌幸報道本部次長

の記事をみつけました。ブログが更新されないので、気になっていました。今後もご活躍お祈りいたしております
Commented by masayuki_100 at 2005-05-17 01:55
あさひ素材さま。 コメント&TB、ありがとうございました。

>お気を悪くなさらぬように~。

種々の批判はとても大切なことだと思っています。批判されたこと自体で気を悪くすることなどはありませんし、真摯に耳を傾けなければならないと思っています。これからもよろしくお願いします。
by masayuki_100 | 2005-04-28 18:54 | |--世の中全般 | Comments(28)