ブログトップ

ニュースの現場で考えること

JR福知山線の事故と、リストラ社会

はっきりとは指摘できないけれど、何か、どこかで、大きく歯車が狂い始めているのではないか。。。本日4月25日に起きたJR西日本の福知山線での列車事故を見ていると、そんな気がしてくる。「根拠は何か?」と問われても、明確なものは示せないのだが。

ただ、例えば少し前に、事故や整備ミス、管制官の指示に従わなかったパイロットなど、日本航空の「安全管理」が大きなニュースになった。そこまでひどくなくても、全日空も同時期、類似のケースが何度かニュースになった。国土交通省のまとめでは、そうした事故等は昨年、2003年の倍近くに達したらしい。

列車も似たような感じがする。少し前は、高知県の土佐くろしお鉄道の宿毛駅で、特急列車が列車止めを突き破って駅の壁に激突した。北海道では、5号館のつぶやきさんが、以前、「事故が多発するJR北海道」「JR北海道:ついに人身事故」というエントリを立てていたように、大きな事故「寸前」の出来事が続いている。

そして、以下のようなニュースがある。

釧路北交も解雇へ タクシー運転手、最低賃金払えず
(北海道新聞HPからの引用。一部略) 2005/04/24 07:06

 釧路市のタクシー会社「釧路北交ハイヤー」(土橋正幸社長)は二十三日、道の地域別最低賃金(一時間六百三十八円)に見合う営業収入を得られない運転手を解雇する考えを、百六人の運転手全員に説明した。二十五日から約半数の運転手と個別に面談した上で解雇者を決める。釧路では同系列の「鈴蘭交通」(同社長)が、最低賃金を払えず二十一日に営業を休止している。
 鈴蘭交通と同様、運転手の給与は、基本的に各自の営業収入の45%という完全歩合制で、一時間に千四百十八円以上稼がないと最低賃金に達しない。(
引用終わり)

おそらく、こうした問題は、根っこが同じなのだと感じる。



4月中旬、北海道新聞で「走っても稼げない 陸運業界と規制緩和」という連載ものを掲載した。。。。タクシーもトラックも、いわば規制緩和の象徴だが、「自由化」によって、トラックもタクシーもやたらと台数が増え、現場は過当競争がいよいよ激しくなっている。その中で、どうしても「安全面」の手抜きにつながりかねないような人員削減や法律違反が横行している。事故に遭わないのは、それぞれの運転手にとっては僥倖でしかないのかもしれない。運賃が下がって利用者はその面だけを見ればプラスかもしれないが、運転手の生活を破壊するような競争とはいったい何なのか。。。そういった趣旨だった。

私はかつて、10年ほど前、内橋克人氏の「規制緩和という悪夢」を読んだことがあって、10年後の日本はきっとこうなるのだろうと思ったことがある。まさに、今の感覚がそうなのだ。

「リストラ」という名の人員削減・解雇がどんどん進み、それは「安全」分野でも進み、そのぎりぎりの状態で、運転士やパイロット、整備士たちはたぶん、「定時運行」という激しいプレッシャーにさらされているのではないか。少しでも遅れると、管理職から強い叱責があり、場合によっては何らかのペナルティーもあり、、、そういう環境なのだと思う。

「自由化」「規制緩和」は、金融の世界がそうだったように、いわゆる事前の認可ではなく、一定のルールの下で競争が公平・自由に行われ、官はルール逸脱が無いかどうかを「事後的にチェックする」仕組みだと言われた。しかし、金融検査官も運輸局の担当官も、十分に目配せできるほど人は配置されてはいないし、驚くほどの少なさだ。例えば、北海道ではバスやトラック、タクシー等の計約5000社に対し、運輸局の担当官はたった30数人だそうだ。

福知山線の事故は、原因が解明されていないし、軽々しいことは言えない。ただ、全国を覆うかのような「ミスの連鎖」を目の当たりにすると、どうしても、そう思えてくる。以前のように、「安全」や「定時」のために、人を十分に配置していた(当時は当時でそれなりの物言いはあっただろうが)時代は、もうどこかに行ってしまったのだ。利用する側も「たった数分遅れたとしても、それが何なんだ?」という、“のりしろ”みたいなものを失っているのだと思う。


(追記:4月26日午前1時)

福知山線の事故は、亡くなられた方が50人を超す惨事になってしまいました。本当に何と言っていいのか分からない、悲しい出来事です。亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。
Commented by リム at 2005-04-25 17:58 x
思っていたことをまとめて言ってくれたような気がしました。
自分のblogにて引用・TBさせていただきました。
ありがとうございました。
Commented by Nagarazoku at 2005-04-25 18:00 x
規制緩和、民営化、経営のスリム化といった様々な要因が積み重なってきているのだと思います。昨年末、郵パックの配達の遅延率は20%にも達していたと言います。いつの時代も問題は現場から起きます。現場のニンゲンは心を痛め、そしてその被害を被るのが国民だと思うとつらい思いがします。

「のりしろ」とおっしゃっていましたが、正にそれだと思います。

今回のような知らせを耳にする度に、日本と言う大きな船の舳先が、ここ20年の間に私たちが信じているものとは違う方向に向いたのだなと思い知らされます。
Commented by ナムさん at 2005-04-25 19:04 x
最近人為的事故が重なっているような気がしてましたが、まさにそれを表した文章のように思えたので引用、TBさせてもらいました。

こういうのを見ていると何がこういう雰囲気を作ってしまったのか、大きな興味を感じます。そしてこの後どうなって行くのかも・・・。
Commented by milica at 2005-04-25 19:48 x
>福知山線の事故は、原因が解明されていないし、軽々しいことは言えない。

と言いつつ、

>ただ、全国を覆うかのような「ミスの連鎖」を目の当たりにすると、どうしても、そう思えてくる。

と、今回の事故も「ミス」が原因であると決め付けるような書き方は如何なものか。
Commented by やれやれ at 2005-04-25 21:38 x
milicaさんが言うように、置き石の可能性もあるらしい。
ここのblog主は北海道新聞とはいえ新聞記者なんだから
もう少し考えてものを書いたらいかがか。
新聞記者というだけで、ネットではネガティブな印象なんだから。
Commented by とおりがかりさん at 2005-04-25 22:04 x
細かいようですが、
タクシーの件については、規制緩和がもたらす弊害とはいえないのではないでしょうか?
自由競争によって、新規参入が簡単にできるようになると、
はじめは売上を上げるために車の数を増やすことは誰でも考えることです。
でも、その後、需要に比べて多すぎる車は淘汰されるのは当たり前のことでは?

最低賃金分すら稼ぐことができないのは、
そのタクシーのサービスが他と差別かできていないことと、
(タクシーの運転手個人のみのせいではありません)
供給>需要 の状態がもたらすごく自然のことなのではないでしょうか?
そうやって需要と供給がバランス取れていくのが経済だと思いますが。

それと、
利益増大を目指した極度の経費削減と一緒にするのはどうかと。
Commented by とおりがかりさん at 2005-04-25 22:04 x
すみません、続きです。

また、
今回の列車事故の件ですが、
ちょうどタイムリーに、日経ビジネスで『ソフトが危ない、品質崩壊』という
特集があり、その中で
JR東海のATC(自動列車制御装置)のバグについて言及されていました。
製品に組み込まれるソフトのバグが原因となって現在の製品の不良や事故が起きる
可能性が高い、というものです。
技術革新にソフトプログラマーの質と量が足りない、のが原因とか。

まだ原因が特定されていないのですが、そんなことを想像してしまいました。
Commented by とおりがかりさん at 2005-04-25 22:06 x
何はともあれ、
なくなった方のご冥福と、怪我された方の一日も早い回復をお祈りします。
Commented by miyakoda at 2005-04-25 23:36 x
実は、同じことを考えております。mixiというところに昼ごろ書きましたが、ウラもとれない話なので、調査能力のある方に調べていただきたい。以下転載。
------------------
★尼崎でJR大事故
ざっと見た感じ、人為的な事故のように見えたのですが、どうなのでしょう。勤務10カ月、23歳の若い運転手が直前の駅で停車位置をすぎてしまい、こんどはスピードの出しすぎでカーブを一気に高速運転し運転ミス。マンションに激突、という流れではないかと。

背景にあるのは、長い不景気の中での年齢構成のひずみ、じゃないかなー。長期にわたり新規採用を控えてきたので、ノウハウの伝授や先輩/後輩の継承が切れてしまう、という仮説。

だとすると、もっともっと、ライフラインや公共サービスの中で、ここが日本とは信じられないような事件が続くはず。うん、たしかにそういう例、多いような気がするのですが。気のせい、か?

http://akiller.cocolog-nifty.com/blog_of_akiller/2005/04/nikkei_net__08f5.html

Commented by ko-ji_n at 2005-04-25 23:39 x
 置石であれ「ミス」であれ、何らかの原因で事故が起きた訳なので、事故原因の究明と対策の検討が必要だという点では高田さんのスタンスは正しいと思います。

 事故を“個人の資質やミス”に押し付け、システムの問題点を放置してきたことこそが問題です。今回の事故も、運転士がスピードを出しすぎたことが原因の一つのようですが、その背景や取り巻く環境について検討することが必要です。往々にして犯人さがしに終始して、物を言えば唇寒しで曖昧にして「人を憎んで罪を憎まず」になってしまうことが多すぎると思います。

 が、その答えが、“のりしろ”というのはちょっと?です。

 今回の福知山線については、自動停止装置が旧式だったことや、97年のJR東西線の開通で東海道本線との接続があり遅延が波及し焦りに繋がり易い、なども考えられます。

 亡くなった方、怪我をされた方にお見舞いを申し上げるとともに、冷静な調査・検討と対策が取られることを切に期待します。
Commented by masayuki_100 at 2005-04-26 01:22
「とおりがかりさん」さん、コメントをありがとうございました。

>タクシーの件については、規制緩和がもたらす弊害とはいえないのではないでしょうか?

タクシーやトラックは似ていると思うのですが、自由化で増車して、、、は経済行為としては当然でしょう。ただ、その過程で関係法令に反する行為が相当数増えているのではないかと。タクシー運転手はアルバイト禁止ですが、実際はそれが行われていることは常識と言われているようですし、トラックの場合も自由化で保有台数の上限が5台まで下がった結果、安全管理者も事実上置いていないとか、社会保険にも未加入とか。結局、そういう激烈な競争の中で「安全」はますます軽視されているのではないか、と感じているのですが。
Commented by masayuki_100 at 2005-04-26 01:30
miyakodaさん、教えてもらったブログを拝見してきました。

>長期にわたり新規採用を控えてきたので、ノウハウの伝授や先輩/後輩の継承が切れてしまう、という仮説。

例えば、私の知るJR関係者も、よくそのことを口にしています。世代間でうまく技術伝承が出来ていない、と。JALも報告の際に、確か、そういった部分に触れていたように思います。
Commented by masayuki_100 at 2005-04-26 01:33
ko-ji_nさん、いつもありがとうございます。

>が、その答えが、“のりしろ”というのはちょっと?です。

のりしろ、は非常に抽象的な言い方で分かりにくいですが、例えば、車のハンドルの「遊び」みたいなものではないか、と。それが人間社会から(とくに働く現場で)失われていくと、それが遠因となって、こうした不幸なことを招きよせてしまうような気がしています。
Commented by delta at 2005-04-26 17:59 x
http://eda.s68.xrea.com/archives/000365.php
blog「鳥新聞」より、記事”脱線事故と反日”

JRの対応に対する記者の怒号や叫び声が、まるで
反日に燃える中国人民の「謝罪しろ」という声に聞こえ、
まるで反日暴力中国人も、反中スプレー日本人も、報道陣も、記者も、
ただ、ムカついているだけだと気づく。

それは、「被害者の助けになりましょう」という意識の発露ではなく、
他人事だと思う意識が根底にあるからではないかと、指摘し、
反日(反中)感情は、日中関係に対して他人事であることの表明で、
報道陣も、記者も、今後
”ムカついて怒鳴っているような他人事的態度でいるかぎりは”
日本の安全や将来に対して、前向きな結果をもたらすことはないと示唆する。

ふさわしい謝罪態度を要求したり
運転手の氏名などの公表に血道をあげることが、
報道の本領ではないはずだ。
そんなものは、仕事にとって些末なものにすぎない。
Commented by delta at 2005-04-26 17:59 x
記事”脱線事故と反日”は、暗に こう指摘する。

責任を追及するとは、
”二度と同じような事故・事件や紛争を起こさないために”
(人事・管理・安全)システムの全貌を明らかにし、
”同じような事故・事件や紛争の発生防止に一役買うために”
なにが問題であったのかを検証する作業を意味する。

新聞は、主に上記ふたつの作業のいきさつを、
広く読者に知ってもらい、ときに読者の意をも得て、
せめて暮らしのはしばしで、有益な話の種にでもしてもらうことを願う。
(国民的議論とは、こういうことではないだろうか)
Commented by あざらしサラダ at 2005-04-26 22:03 x
高田さん、はじめまして。

高田さんと全く同じ、なんともいえない嫌な感じがしています。
まだ上手く根拠を示せないのですが、事故=余裕=コスト=定時制=スピード=効率化=リストラ=評価主義=虚偽報告・・・・・
これらのキーワードがどこかでつながるような。
自分のブログでも同じような記事を書きたかったのですが、多分まだ高田さん以上の文章は書けないと思いますので、コメントさせていただきました。
Commented by kochikika at 2005-04-26 23:51 x
反日の件以来ですが、規制の件で意見が同じですので、再びお邪魔しました。規制緩和はわかりやすくゼニになる(ように見える)のがいろんな弊害をもたらしてるように思います。逆に安全のようなゼニになりにくい世界にもわかりやすくゼニになるような環境づくりが必要かと思います。
Commented by koh-sen at 2005-04-27 01:10
高田さん、こんばんは。

要は、便利さを追求することをやめ、ちょっと不便さを甘受する。
そんな社会になって欲しいんでしょうね。
Commented by masayuki_100 at 2005-04-27 10:34
あざらしサラダさん、こんにちは。コメントをありがとうございます。私もピシッと言えなくてもどかしいのですが、社会全般を支える人々が一種の極限状況に置かれているのではないかと思います。リストラの一方で、派遣社員などが増え、ひたすら人件費削減が図られる。「経営」の視点では正しいのでしょうが、何と言えばいいのでしょう、その車で言えばサスペンションみたいなもの、それがどんどん硬直しているのでは、と。そして、リストラされずに「正規雇用者」として残った人も、極限まで追われる、みたいな。。。不正確な部分を含んだ話ですが、ある鉄道会社では1分遅れると始末書、それが数枚たまると乗務停止・再教育だそうです。常務停止期間中は乗務手当がないので、給与にモロ響いてくる。。そういう状況がいろんな企業の中に埋め込まれてしまったのだと思います。
Commented by masayuki_100 at 2005-04-27 10:39
kochikika さん、こんにちは。コメントをありがとうございました。

>安全のようなゼニになりにくい世界にもわかりやすくゼニになるような環境づくりが必要かと思います。

そうなると色んな部分で問題は解決するのかもしれません。。。例えば、ある鉄道会社は「安全にはこれだけ投資しました」と可能な限りディスクロして(今もIRではやっているでしょうが)、それを利用者にもっと知らせて、利用者も安全投資の比率によって鉄道会社を使い分ける、、、みたいな。。。すごくデフォルメすれば、そんなイメージはありますね。
Commented by masayuki_100 at 2005-04-27 10:44
koh-sen、コメントをありがとうございました。

>便利さを追求することをやめ、ちょっと不便さを甘受する。
そんな社会になって欲しいんでしょうね。

もう少し、「のりしろ」があってもいいのではないか、と。「不便」というほどのもではなく。

知人に聞いた話では、(私は大阪は良く知らないので何とも言えませんが)近鉄電車はいつも2分くらい遅れる、でも、ラッシュ時のホームでもちゃんと客を待っててくれる、、、んですって? 知人の個人的体験の範疇にとどまる話かもしれません。でもそれが事実かどうかは別にして、また安全上の正否・適否は別にして、そういう、一種の「余裕」みたいなものが今の社会ではどんどん失われている・・・と思います。
Commented by nekotekikaku at 2005-04-27 11:24
TBありがとうございました。
その昔ビジネスの損得よりも善悪を考えよ、と言った佐賀の経営者がいました。皆がそう言えるようになるためにはどうしたら良いのでしょう。
Commented by marcms at 2005-04-27 16:12 x
いつもお世話になります。
関係ないけどオレ釧路生まれなんですよね。なんか考えさせられるなあ。
Commented by marcms at 2005-04-27 16:49 x
本題です。
オレは国鉄→JRへの転換をリアルで体験していましたが、
その時あちこちのテレビやメディア等で
このようなことを言っていましたね確かに。
多分、今出てらっしゃるのと同じような評論家の方々が
言っていたんだと思いますけど、「JRになると何が変わるか」ということで、
検札が増えるだろう、運賃が変わるだろう、などという軽い問題とともに、
合理化で人が減り安全対策が疎かになるだろう、という重要な点も
指摘していました。
その時政府関係者?とか国鉄関係者の方々が、
そんなことはない、ちゃんと安全対策は万全にやるのだ!と
力説しておられたのが印象に残っています。

日本という国は実は思いのほか貧乏なんじゃないか、と最近思います。
Commented by とおりがかりさん at 2005-04-27 21:32 x
結局企業がコストカットして『安全』を二の次に考えてしまうのは、
企業が利益を求めるため、というよりも、
お客様が安全よりも安さを求めるものだ、という考えがあるからではないでしょうか。
企業がのりしろを持ってとか、企業が、って言う前に、
私たち消費者が、安さよりも安全をとる、という姿勢を貫くことが重要なのではないかと思います。

安全対策のできていない電車は乗らないで、
他の路線を使うか、車か、バスか、タクシーか、はたまた歩くか。
そういう判断のできる消費者にならねばと思います。
(そういう会社に安全に関する情報提供を求めることも必要かと。
それで企業の姿勢を判断することもできますが)

少し気になったので、一言デス。
Commented by KM at 2005-04-27 22:28 x
とおりすがりさんへ。
>そういう判断のできる消費者にならねばと思います。
その前に、不況である今、値段の面がクリアできないことが多いのです。
たとえば、田舎の場合、タクシーを使えば片道3000円かかるところでも電車ですと片道400円以内で帰れます。

そして、いま、バブルではありません。
ですので、毎日タクシーに乗って大丈夫な給料はもらえていません。
しかも、フリーターが急激に増え、417万人になっています。
http://www2.ttcn.ne.jp/~honkawa/3450.html
「税金も天引きされず交通費込みの費用がとっぱらいで振り込まれる」な人たちが急増しているのです。
Commented by 無用の用 at 2005-04-28 01:20 x
一見、役に立たないものでも、それなりの存在価値や理由があったりする。
締めるところは締めるが、遊びも必要なんだと思う。
なんか、社会全体が神経症になったような感じかなぁ…。
Commented by 47th at 2005-04-28 03:15 x
コメントをいただき、ありがとうございました。
自分でエントリーを書いてから、また、いろいろと考えるところもあります。
事故の原因というと、自然科学的な因果関係で話がとまってしまいがちですが、社会科学的にも客観的なデータや理論をベースに要因を分析する作業をしていかないと本質的な解決にならない気がします。
Commented by とおりがかりさん at 2005-05-08 00:50 x
無用の用さん、レスありがとうございます。
私が言いたいのは、こういうときにその企業だけを悪者にしても、
その企業で働く人と、私たちと違うものがあるのだろうかってことです。
もし自分がそういう状況だったら、と思って、自戒するだけの知恵を持ちたいということです。
少なくとも自分の働く会社では、そういうことにならないように自分ががんばるっていう気持ちを持つこともとても重要だと思います。
by masayuki_100 | 2005-04-25 13:55 | |--世の中全般 | Comments(29)