ブログトップ

ニュースの現場で考えること

東京・音羽の事件で思うこと

東京・文京区の音羽で起きた幼女殺人事件で、「中づり広告に謝罪告知 幼女殺害記事、文春と遺族が和解」というニュースが流れた。(以下はgooの朝日新聞。後略)

東京都文京区で99年、幼女(当時2)が母親の知人の女に殺害された事件で、幼女の母親が雑誌「週刊文春」の記事で名誉を傷つけられたとして、出版元の文芸春秋に損害賠償と謝罪広告の掲載を求めた訴訟の和解が東京地裁(大門匡裁判長)で成立した。文春が和解金を支払うほか、遺族の手記と謝罪の意を表した「検証記事」を21日発売の同誌4月28日号に掲載する。また、謝罪する旨の告知文を電車の中づり広告にも掲載する異例の和解内容だ。

この事件には、個人的に格別の思いがある。事件のあったころ、私は東京勤務で、事件が起きた「音羽」に住んでいた(住所は大塚)。現場となった護国寺境内は、歩いて1、2分。幼稚園の近辺は、まだ小さかった私の子供たちにとっても、格好の遊び場でほとんど毎日のように足を運んでいた。警察官も自宅に聞き込みに来たし、自宅裏側の護国寺の土手を捜索にも来た。そして私自身は、界隈を歩くたび、何人もの記者に「ご近所の方ですか?」「事件をどう思われますか?」と質問を浴びせられる状態だった。

そのとき、ある週刊誌の若い記者に思わず、「説教」してしまった記憶がある。「この、お受験殺人をどう思いますか」と聞くので、「どうして原因が受験だと分かるの?容疑者が逮捕された直後なのに、そんなところまで本当に調べが進んでいるの? そもそも誰がお受験が原因だと言ったの?」。。。そんな感じだったと思う。その記者は、実のところ、お受験が動機だという根拠は何も持ち合わせていなかったし、私がしつこく逆質問した範囲では、すでに多くのメディアがそう報道しているから、といった回答しか持ち合わせていなかった。

当時、いったい、誰が「お受験が動機」と言い出したのか?





私は警視庁を取材したわけでもないし、詳細は分からない。ただ、どこかが報じた「お受験殺人」という事柄が、メディアの間で、確たる根拠もないままグルグルと回り、それが、あのときの音羽界隈に充満していたことは間違いない。私に質問してきた何人もの記者は、私から「お受験の実態」を聞きたがっていたし(もちろん私はたまたまそこに住んでいた転勤族に過ぎない)、事件当事者が住んでいたマンションにも私の友人がいたこともあって、何とか、「お受験殺人」を正当付ける言葉を取ろうと躍起になっていたと思う。

たまたま、見かけた「あれはあれで良いのかな」 さんのブログに「奈良女児殺人事件から犯罪被害者の報道を考える」というエントリがあった。まさに、そうなんだよ、と思う。(以下引用。一部略)

 報道関係者は,まだ懲りてないの?
 確かに,日本では憲法21条の表現の自由の前提として,報道の自由も憲法上保証されています(博多駅事件)しかし,一方で,報道者には特権が与えられているわけでもないことは最高裁も明言しています(石井記者事件)。
 そもそも,報道の自由が認められるのは,表現の自由に基づくものですが,表現の自由は,国家に対して何を言ってもよい,という対国家に関するものです。また,逆に国家に対して情報を提供してほしいという知る権利を満たすためにも報道は重要になります。さらに,近年では,国家権力に近い権力を持つ私人(大企業や議員など)が現れたことから,彼らに対しても,一定の自由権を有する,というものになります。つまり,報道の自由は強大な権力に対して向けられるものであり,その内容も国民の世論を形成するような公益性の高いものになるべきなのです。

ところが,現実にはどうでしょうか。最近の報道で,国家権力や大企業,議員がビックリして襟を正すようは報道は少ないです(企業の不祥事報道はちょこちょこでていますが,あまり突っ込んだものは少ないですね。)。むしろ,弱いものに対してこれでもか,と言わんばかりの報道が目に付きます。犯罪被害者は弱いものの究極ですが,「犯罪被害者は社会に報告する義務がある」と言わんばかりに報道陣は集中します。さらに,このような弱者からコメントが取れたことを「スクープ」と豪語する報道社もありますが,スクープとは,前述のとおり,本来的には国家や大企業などからの極秘事項や問題事項などをすっぱ抜くことを言うべきなのです。個人の私生活や犯罪被害者の心境をすっぱ抜いたところで,世論が形成されるものでもありません。


報道キャスターの長野智子さんさんが、岩波書店の「ジャーナリストの条件」の第1冊に『視聴率と「伝えたいニュース』という一文を寄せ、過激さを売り物にすればするほど視聴率が上がって行く実態を記している。「伝えたいニュース」と「読まれる・見られるニュース」のギャップは、それこそ永遠の課題かもしれないが、「読まれること」に重点を置けば、当たり前の話だが、ニュースは単に、過激さばかりを追いかけることになる。その一例が、まさに音羽や奈良の事件報道に見られるのであって、もう本当に何とかしなければと思う。
Commented by ととと(*^.^*) at 2005-04-22 22:32 x
私はこの事件について書かれた本を読みました.受験について,加害者は何も語っていなかったようです.
誰かがテキトーに言った『お受験』のひとことが,憶測や誇張を生んで,それがメディアの中でころころ転がりながら,大きくなっていったというような気がします.
これは,いわゆる奥様達の井戸端会議のパターンに似てます.言いだしっぺの誰かさんは,自分が発端の話とは知らずに,ぐるりと回ってきた話を聞いて『ほら,やっぱりね』って思うのとおんなじですね.

>過激さを売り物にすればするほど視聴率が上がって行く実態を記している
↑これって,私たちニュースの受け手のことを責めてます?
とりあえず私個人は,こういう事件を売りにしている雑誌は買いません.今できるのは,この程度です.(-_-;)

この事件ではないけど,最近読んだ本でエントリーを書きました.TBさせていただきます.
Commented by JCJ機関紙部員g at 2005-04-22 23:03 x
 音羽の「お受験」(?)殺人については、当時毎日新聞労組とジャーナリズムを語る会が開いたシンポジウムで話を聞いたことがあります。ただ、シンポジウムのテーマは、インターネットとジャーナリズムに関することだったと思いました。(部屋が散らかっていて、当時もらった毎日労組機関紙を探せない…)
 たしか『ザ・ワイド』のリポーターの杉本純子さんがパネリストで、彼女の話はこうでした。「近所の○○屋のおじさんが話好きな人で、その人が『ああ、あそこの家はお兄ちゃんがお受験に受かったけど、□□さんのうちは落ちたから、それで仲が悪くなったんだよ』と、取材記者に喋ったのが、取材陣に広まった。自分はちょっと疑問「お受験」云々は報じなかった。逮捕された主婦は、捜査で動機がお受験であることを否定した。警察発表も、動機が「お受験」だというのは否定している」
 おおね、こういう趣旨の話でした。話好きのおじさんは、聞きにいった記者誰にでも自分の憶測を喋ったということのようです。
 以上、セルフコンファーム(なんて言葉はあるかなあ)していませんが、当時聞いた話です。
 
Commented by J考現学 at 2005-04-23 00:26 x
音羽の事件が「お受験殺人」になった経緯については、読売新聞記者の井上安正「検証!事件報道」(宝島社新書)で検証しています。本棚にあると思っていたら見あたらないので、残念ながら内容をお伝えできません。とりあえず、ご参考まで。
Commented by raika030301 at 2005-04-24 03:00 x
masayukiさん、はじめまして

この文京区の事件は、被害者のお父さんが私の友人だったため、
特別の思いをもっています
今回の文春の謝罪広告については、とても納得できるものではなく
自分のブログの中でも自分の考えをと思いを述べさせて頂いており、
masayukiさんの記事にもTBさせて頂きました

自分の記事の中では一方的に『送り手側』を責めたてるようなことばかり
書いておりますが、その『送り手側』masayukiさんが「もう本当に何とか
しなければ」と思っていらっしゃる、との記事を読み、少しホッとしました

『送り手』の中で、決して少なくない方たちがmasayukiさんのような思いを
抱いていらっしゃると思います(そうであってほしいです)
その方々に、もうそろそろ本気で何らかの行動をぜひ起こしてください!と
お願いしたい気持ちでいっぱいです
Commented by masayuki_100 at 2005-04-24 12:58
ととと(*^.^*) さん、お久しぶりです。コメントをありがとうございました。

>>過激さを売り物にすればするほど視聴率が上がって行く実態を記している
>↑これって,私たちニュースの受け手のことを責めてます?

そうではなくて、長野さんは、テレビ局はそういう「分単位の視聴率」に番組作りが左右されている、これではイカンのよ、、、と言ったことを述べています。視聴者を真っ先に責めているわけではありません(と思います)
Commented by masayuki_100 at 2005-04-24 13:00
JCJ機関紙部員gさん、J考現学さん、ありがとうございます。あの事件はあんなに近い場所で起きただけに、そして、(世間相場からすれば大したことはないでしょうが)私自身が津波のような取材の中で、その対象者となったことから、特別な思いがあります。。。いずれの本も探して読んでみます。
Commented by masayuki_100 at 2005-04-24 13:06
raika030301さん、コメントを読ませていただきました。

当時私は、豊山高校のすぐ脇に住んでいました。地下鉄の出入り口では、行方不明の段階でたくさんのチラシが配られていたのを鮮明に覚えています。幼稚園の「周囲」どころか、幼稚園の中が会場だったある合唱団にも子供が通っており、事件の理不尽さばかりでなく、それに伴って生じる種々の出来事(津波のような取材も含む)をそれこそ皮膚で感じたものです。

不幸な事件はあってはなりません。しかし、その後の報道は「意思」によって制御できるはずだし、そうすべきであろうと。もっと言えば、同じ事件報道にしても、被害者やその関係者に集中的に取材攻勢をかけるより、ほかに取材すべきことがあるはずだと思っています。
Commented by おかにゃん at 2005-04-24 18:58 x
こんばんは。
さて,私のブログをご覧いただきましてありがとうございました。引用までしていただいてお恥ずかしい限りです。
私も偉そうなことを書きながら,一方で過激なのぞき見的報道を好んでいるタイプでした。今回の件は,実は自分自身に対する戒めにもなったかな,と思っております。
今後も,「素敵な報道」がされますよう,ますますのご活躍をお祈りいたします。
また,私のブログにも遊びに来てください。
Commented by hasway at 2005-04-25 00:53
高田さん、こんばんは。
TBありがとうございました。TB返しさせていただきます。

マスコミって一体何なのでしょうね。
数をえるために、面白おかしく記事をかいて、誰かの人生を台無しにして、間違ったとわかっても大抵は曖昧にして終わりって・・・
Commented by 匿名 at 2014-10-01 12:25 x
子供を負け組にしたくないと考え、子供を産まない
という選択をしたのが ちょうど この事件があった頃です
私は20代後半でした。
「お受験」は確かに直接の理由ではないかもしれないけれど、
「お受験」がなければ もしかしたら、このような残酷な事件は
起こらなかったかもしれない、と マスコミでなくても思いますが・。

直接の原因ではなかった「受験の合否」ですが、
[キッカケ〕には なったのではないかと・。
加害者の母親を、追いつめた背景を想像すると、
殺された女の子の母親に 同情する気持ちは 私はありません。

by masayuki_100 | 2005-04-22 03:58 | ■事件報道のあり方全般 | Comments(10)