「ほっ」と。キャンペーン

ブログトップ

ニュースの現場で考えること

そんなわけで7月から札幌へ

月日が過ぎるのは本当に早い。このブログを最後に書いたのは、厳冬の2月だった。いまはもう、6月も末である。ブログの更新を4カ月も放置している間に、季節は春を飛び越し、首相まで交代してしまった。やれやれ。

この間、本業は結構忙しく、それに加えて「記者会見・記者室の完全開放を求める会」(会見開放の会)の世話人になって奔走したり、道警元総務部長氏との裁判準備に追われたり、それなりにあたふたと動き回っていたのである。とりわけ「会見開放の会」の関連では、実に多くの方々に協力いただき、とりあえず、目に見える形での動きに着手することはできた。

そんなこんなで、7月1日からは本社(札幌)編集局の運動部へ異動することになった。仕事は今と同じデスク職だが、扱うニュースは、国際ニュースからスポーツニュースへ大きく変わる。連日連夜の送別会では、友人たちから「お前みたいな運動音痴が運動部とはな(笑)」と、からかわれてばかりだ。運動音痴は今更言われなくても分かっているが、ま、自分が競技者になるわけではないし、それに、人生、何とかやっていれば、いつも何とかなるものだ。

というわけで、今宵、こんな時間になっても荷造りに追われている。札幌に転勤して落ち着いたら、このブログはこまめに更新しようと思う。ではまた、みなさん、今度は札幌から。
Commented by 市村隆行 at 2010-06-30 21:04 x
iwakamiyasumiさんのインタビューを拝見しました。
内部で記者クラブの開放活動をしている方がいることをはじめて知りました。マスコミに失望していましたが救われる思いです。
応援します。活動(記者クラブの開放と新聞記事)がんばってください。
Commented by てつや at 2010-07-02 02:30 x
岩上さんのインタビューを私も拝見しました。正直言って、私は普通の社会人として、誰しも岩上さんみたいにはなれないよ、と思いますし、高田さんの「絶望だぁ」とおっしゃられているほうが、ものすごくリアルに伝わりました(勿論、高田さんも十分規格外なのですが)。
なぜなら、日本の社会のどの分野にしても、同じような腐敗とか、マヌケなこととか、意味不明なことが、まかり通っているからです。末端にいる、現場を知っている人たちは何でも知っていると思います。
やっぱり突き詰めると、山本七平の『空気の研究』とかそういうことになっていくんだと思います。そうなるとどうしようもない。アホたれのほうが強いんですから。蓋を開けてみれば、じじいに逆らえないとか、女性問題握られてて逆らえないとかそんなもんなんだろうし。しょうもないもんがたくさんあるだろうし。
でもやれることはやっぱやらなくちゃなぁ、と思いました。色々考えてしまって、「絶望だなぁ」と思いますけど。実際、そうですけど。
駄文、失礼しました。
Commented by auster7 at 2010-07-06 11:29
高木さんのこのブログ、いつも楽しみに待ってます。
> このブログはこまめに更新しようと思う。
ほんとですね?
裁判、お仕事、ブログ、応援してます。(^^)/
Commented by 天正人誤 at 2010-07-07 14:03 x
 ”阿修羅”の掲示板で高木さんの今回の
顛末を知りました。

すみません。

ブログをお気に入りに保存、情報を共有し
高木様を応援します。

絶対に負けないでください。

今回の顛末を口コミ、メルマガ、ブログなど
あらゆる手段で公開していきます。

高木さんを応援しよう!
頑張れ高木さん!

Commented by masayuki_100 at 2010-07-08 05:27
励まし、ありがとうございます。。。高田より。
Commented by Piichan at 2010-07-18 15:48 x
スポーツへ異動されるとのことですが、いま話題の大相撲野球賭博問題について期待しています。
by masayuki_100 | 2010-06-28 02:59 | 東京にて 2009 | Comments(6)